プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2010.12.29    カテゴリ:  ツーリング 

   十津川物語~受け継がれる菱十紋~


NHK「新日本紀行」ビデオ第20巻

「十津川物語~奈良・北海道~」(昭和48年12月放送)を久しぶりに見ました。


山深い十津川の今も変わらぬ風景の映像と悲しい過去の出来事を知り

ここに一部をご紹介します。



物語の舞台は奈良県十津川村と北海道新十津川町。
totsukawa_story


「新日本紀行」は遠い昔タイムリーに見た記憶があり

何と言っても、森本毅郎さんの若かりしことの語りと冨田勲のテーマ音楽が郷愁と情緒を誘う番組です。

totsukawa_story
(キャプチャー画像を掲載させていただきました)

totsukawa_story



「とんと十津川御赦免どころ、年貢いらずのつくりどり」

明治の地租改正以前までの約1200年の間、十津川は税を全く免除された村でした。

南北朝以来明治に至るまで、十津川郷士で知られる勤皇の村。

勤皇派としての加軍と戦功によって朝廷から租税を免除されたといわれています。


そもそも山深い十津川郷では、水田が少なく年貢としての「米」を取り立てることも出来なかったよう。
totsukawa_story


そんな十津川村は、歴史の色濃い村でもあるのです。
totsukawa_story



明治22年(1889年)8月のこと。

奈良県吉野郡十津川は激しい集中豪雨に襲われました。

この地にあった集落は、豪雨により大崩壊をもたらし死者168人に上り、

生活の場所を失った生存者を含む600戸2489人は、新天地と求めて北海道へ移住することになりました。

そこが北海道の新十津川町。

totsukawa_story



番組ではこの「村と町」を訪ね、地域の風景と生活を描き、時を越えた「ふるさと」十津川の記憶を重ね合わせ、

その両地区の生活と交流の一端を描いています。
totsukawa_story



十津川村でのおまけ映像がありましたのでご覧ください。



★十二滝と七色高架橋の映像です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


十津川村の十二滝と七色高架橋 100911
~十津川や耕す人の山刀~







これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome

今年訪問した十津川村「果無集落」の記事はこちら
【天空の郷・癒しの風景】果無集落と林道果無線100911

動画はこちら



入地した北海道の原野での過酷な開拓生活の体験者は既にお亡くなりになり、

放送当時で2世、3世となっていました。

totsukawa_story

しかし、純粋な勤皇派である十津川郷士としての精神は受け継がれ

北海道新十津川町の町章は奈良県十津川村と同じものを採用しています。
totsukawa_story


十津川村旗・新十津川町章の「菱十紋」です。
totsukawa_story



歴史を知ってあらためて見る「菱十紋」のデザインを見て、カッコイイと思いませんか?

今年は有名所の果無集落のみでしたが、来年は十津川の集落内を散策しに行こうと思います。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

レポートもラストスパートです。現在鋭意作成中!

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
masaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
映像では紹介されませんでしたので谷瀬の吊橋では無いと思います。
ひょっとして当時は名所では無かったのかも知れませんね。

来年もお互い楽しいバイクライフを送りましょう。
それでは、良いお年を。
谷瀬の吊橋でしょうか?。

今年渡りましたが、この画像の状態であればとても渡ることはできませんです。

現在の状態でもかなりビビリましたので(^ ^;)ゞ 。

いつも素敵な動画を楽しみにしております。

来年もまた素敵な動画を見ることを楽しみにしております!。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog