プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2010.12.25    カテゴリ:  ツーリング 

   【京都・山岳霊峰への道】鷲峯山金胎寺の参道101208

冬枯れの参道散策

林道2号鷲峰山線の茶畑から、霊峰・鷲峯山(じゅうぶさん)の山頂付近にある金胎寺(こんたいじ)へと向かいました。

相いも変わらず落ち葉のカーペットの上を走ります。

所在地:京都府相楽郡和束町大字原山小字鷲峰山


昨年は林道1号から向かいましたが、山門まではたどり着けませんでした。
(神聖な参道をバイクで突っ込んで、途中退散してしまってバチ当りでした。)
kontaiji

北山上鷲峰山金胎寺は1300年前に創建された古刹で、

役小角(えんのおづぬ)によって開かれたと伝わるが詳細は不明で、伝承の域を出ないようです。

大和の大峯山に対して北大峯とされた山岳信仰の霊地で、境内には修行のための行場巡りがあり、

かつて最澄や空海らが修行をしたといわれる古い修験道の霊峰です。



冬枯れの山門もなかなかのものでした。
kontaiji

それでは参道散策の映像と共にご覧ください。



★走行動画&参道散策の映像です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


【京都・山岳霊峰の道】鷲峰山金胎寺への参道101208








これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



登り易いはずの参道ですらこの急坂なので、登山道はもっときついのでは?
kontaiji

落葉も進んでおり、淋しげな印象です。
kontaiji

標高はおよそ680m、体もすっかり冷えきってしまいました。

ようやく登りが無くなったところに案内板があります。
kontaiji

「下乗(げじょう )」の石碑は、ここからは神聖な領域なので乗り物を降りる場所。

ここまでならバイクで来れたかも知れませんが、

参道入り口に車止めのポールが立っていたのでやはりダメでしょう。

kontaiji

残念ながら、この日の社務所は不在だったので、

永仁6年(1298年)建立の多宝塔やメインの行場巡りは遠慮しました。
kontaiji
また積み残しです。


ちなみに今年の5月、男性がこの行者道の崖から滑落した死亡事故もあったようです。

ソロで行かれる方は、やはり社務所に居られる時をおススメします。



山門の扉には見事な彫物がありました。
kontaiji
(見事とは言え、岸和田のだんじりの彫物にはかないませんが・・・)

冬枯れの山門も良いが、寒さにやられてしまいました。
kontaiji


以下、参考までに

古地図でみる鷲峯山金胎寺

(リンク切れとなりました:11/02/09)
北山上鷲峯山金胎寺HP


最後に、スケッチは出来ないのでソフトでお遊びです。
kontaiji

山門までの軽い修行でした。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
お礼が遅くなってすいません。
拍手・コメントありがとうございました。
こんなところばかり好んで行ってしまいます。
関西、特に紀伊半島は奥が深いのです。

またみてやってください。
それでは。
T2さん、こんばんは。
お返事遅くなってすいませんでした。
当初は限定解除から大型免許にステップアップするつもりでしたが、
飽き性なのかすっかり興味がなくなりました。
最近はUターンできる所ならどこでも突っ込む気でいます。
来年もタイヤに酷い道を走りますよ。
それでは。

間違いなく、高野聖、あじゃりの修行の場です・・・笑
スクーターでは・・・
やはり、オフロードバイクをお勧めします。

でも、結構、行けるものですね・・・汗






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog