プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2010.10.03    カテゴリ:  ツーリング 

   鈴鹿スカイライン100929(規制情報訂正110123)

鈴鹿スカイライン100929

※規制情報の訂正
平成23年11月1日(火)15時より通行止めを解除とのことです。(H23.10/30情報更新)
三重県側の通行止め解除予定は平成24年春の予定とのことです。訂正してお詫びいたします。(H22.12/15情報更新)
詳しくはこちら

国道477号線(鈴鹿スカイライン)は、
平成20年9月2日~3日の豪雨災害によって通行止めとなっていましたが、
滋賀県側は、平成22年7月16日より三重との県境にある「武平トンネル」まで通行できるようになりました。
suzuka

災害復旧の現況を、頼まれもしないのに勝手に調査してきました。
suzuka
久しぶりにシューマイを見た気がします。

それでは
走行&調査映像と共にご覧ください。



★走行&調査映像です
(再生がスムーズな方でご覧ください)

鈴鹿スカイライン100929~災害復旧工事勝手に現況調査編~







これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome

三重県側ノーカット映像は近日UP予定です。
UPしました。(ノロノロ運転なのでちょっと長尺です)





滋賀県甲賀市土山町大河原、電光さんのあるところからスタート
suzuka

スタートして間もなく新しいダムがありました。
野洲川ダム
suzuka

1951年に完成した灌漑用のダムですが、今年の3月に改修工事が竣工した。
suzuka

側に祠がありましたが、何も表示もなく慰霊碑かどうか分かりませんでした。
suzuka   suzuka

しばらく展望のないワインディングの後、鈴鹿山脈の山々が望めます。
下りでの展望
suzuka

こんな高低差の九十九折れ
suzuka
このあたりはドリフト天国なのか、タイヤ痕で道路が汚れています。

スタート地点から約11.5km、標高差≒450m登ったところ
suzuka

滋賀県側「武平トンネル」入口で通行止めです。
suzuka


★そんなことより、すごい先客です。
suzuka
メチャクチャかっちょいい!!

間近で初めて見た、スーパーセブン ウエストフィールド
(クラシックカーに属するスポーツカーとのこと)
suzuka

トンネルの奥から現況調査を終えたオーナーさんがやって来ました。
非常に気さくな方で、写真撮影とブログへの掲載を快く承諾してくれました。

正直これまで、このジャンルのオーナーは私のような貧乏人とは無縁の方々と決めつけていました。
しかしこのオーナーさんは私のイメージとは全く違い、がんばって欲しいものを手に入れたと見受けられました。

いろいろお話してくれましたが、
失礼ながら貧乏人の質問の定番「いくらぐらいするのですか?」、と聞く
→私のGマジェが10~15台買えるかな
私には夢のまた夢、その前に車庫がない。
suzuka
同じ目的で来たとは言え、
ピッカピカのウエストフィールドとGマジェのツーショットがちょっとつらい。

気を取り直して調査を再開します。

また悪い癖が出て、歩くのが面倒なのでバリケードのスキマから
間違って進入してしまいました。
トンネルを出るとそこはもう三重県でした。
suzuka

三重県側の入口
suzuka

suzuka

掘削残土の山
suzuka

トンネルから下ること2?300mのトラロープでエンド。
suzuka

この崩落現場で復旧作業中でした。
suzuka


復旧には平成23年3月末、冬季閉鎖明けまでかかる予定とのこと。
下りの展望は三重県側では遠くに四日市市街を望むことができます。


完全復旧を心待ちにする「鈴スカ」初心者の報告でした。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

次回は、東海道五十三次「関宿」をレポートします。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog