プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
グランドマジェスティーからセローへ
そしてクロスカブJA45に乗り換えて自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2017.12.06    カテゴリ:  セローのこと 

   【浅はかメンテその後】ド素人のオイル漏れ対策-試走してみた-


あんなもんで無理やろ!っと、お思いのあなた
~おっしゃる通りだと思います~







前回の記事の通り

シールテープでその場しのぎ対策を施してから、早や半月が過ぎ

仕事帰りにバイク置き場に立ち寄り、オイル漏れが無いかどうか

気にするのも三日坊主・・・




とは言え、一度は試走しておかないとねー




一時はヤル気マンマンだったクランクケースカバー交換

マンマンではなくなったみたいです(笑)






外気温も暖かくなると言う本日のお昼過ぎ、今更ながら試走に出掛けてきました

道中もし漏れたら、道端で純正ボルトに差し替えてみようと工具持参で・・・
171203test





神様・仏様ギボ愛子様~・・・漏れませんように~!












まずはトリップメーターを誤ってリセットしてしまったので

ガソリンを補充に
171203test
たったの1L強でしたが、最後にいつ入れたかも記憶になかったので。

タンクの錆びを防ぐため、なるべく満タンにして帰るようにしているためでしょう。



スタンドまで数キロ走行、例のクルクルパーボルトを恐々とチラ見

今のところ、オイルをブチまけていないようです!








気温も暖かくなった貴重な休日、主要道はなかなかの混雑ぶりです

渋滞を避け、走りやすい田舎道を何も無かったかのように
171203test











かれこれ1時間半ほど試走してから道端でチェック!
171203test





いつものようにエレメントカバー周囲を素手でなぞる

ヤケド寸前、エレメントカバーって思いっ切り熱いのネン!



普段からこんなに熱かったのだろうかと、余計な心配を・・・








さてさて、あのボンクラのボルトは?
171203test
(自分のせいなのに・・・)






オイル漏れは無さそうですが、気持ちにじみ出ているようにも見える・・・

だましだましに乗れそうですが、時間の問題かもしれません



試走はココで終了、さっさと帰路へ







この日の試走はおよそ2時間、走行距離はおよそ50~60キロ

帰宅後再チェック!
171203test





漏れてませんが、スッキリした気分にはなれませんネ!



純正ボルトに取り替えてみようかとも思いましたが

寝てる子を起こすのもな~、エレメントカバーも熱いし。








その後、純正ボルトをしげしげと眺めてみた

約7.5mm径のケース穴に、ボルト径7mmで先端のみM6の特殊なボルト


私のセローの場合、油路と雌ネジ部分が交差しているので

どなたかのブログで拝見しましたが、締め込んで7mm径の部分でシーリングされていそうな感じ

現在の代用M6ボルトでは油路がシーリングされず、径の合わないOリングではシールできないはず

常にうっすら油汚れしていたのも、そのためだったようです。







次回は、思い切って純正ボルトに付け替えて

締まりそうなら再度試走してみます。(締まりそうな気がしませんが・・・)



それでは、何でもない試走映像でもご覧ください


【浅はかメンテその後】ド素人のオイル漏れ対策-試走してみた-

その場しのぎのシールテープを施工して早や半月
とっくの昔にオイル漏れ部分の純正ボルトを入手
今更ながら試走に出掛けてきました
結果はいかに・・・















♪Music
"Heartland"
by Silent Partner
YouTube Audio Library



対策の映像はこちら

【ド素人メンテ】愛車セローの雌ネジなめなめ事件-対策その①-
https://youtu.be/XIo436pzsnk




これまでの動画はこちら
Youtube



先日、別件でホムセンへ立ち寄った際

コレを見つけてしまいました
171203test
超強力接着剤 J-Bウエルド オートウェルド

実用硬化6時間・完全硬化24時間以上
耐熱・摂氏300度まで
研磨・ドリル・ネジ切り可
最大引張応力・約300kgf/cm2










それではと、コレも
171203test
M6用溝付きフランジナット

ついでに工具入れ用蝶ネジ









そうなんです、没に近い保留案であったはずの手法

これは浅はかなド素人考えでは無くて、採用施工例がありました。


純正ボルトを加工して既存下穴ごと接着固定しスタッドボルト化する荒業です!


なんと言っても、クランクケースカバーを外すことなく作業ができる

かつ、交換したばっかりのオイルも温存・・・



おそらく10年近く開封されたことが無いであろうクランクケースカバー

ガスケットが固着してなど、どんどん深みに入り込みそうで・・・







そうそう、純正ボルトの頭をカットするのでコレも
171203test
金鋸の刃のみ、地道に切るつもり









あっ、アレも
171203test
オイルストーン、盛り上がった接着剤を砥いで面合わせをする(らしい・・・)








こんないらないモンも
171203test
ミニスツール1000円弱、地べたに座り込んでの作業が腰にくるので・・・

妻から:「同じようなイスは、2つあるのに・・・」と言われて、ハッとする

ちまちま買いっぱなしでした!









妻の運転手で台所用品とトイレットペーパーを買いにいっただけなのに

なんやかんやと無駄にならないことを祈る!

クランクケースカバーは1万円程度で交換できるのに・・・






これが最後のアガキ、スタッドボルト化計画を成功しないと

また勉強代が高く付きそう・・・









最後に

今年もボチボチ老けてまいりました

スタッドボルト化計画、冬休みの宿題です!



それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog