プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
グランドマジェスティーからセローへ
そしてクロスカブJA45に乗り換えて自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2017.11.11    カテゴリ:  セローのこと 

   【ド素人メンテ】人生初のオイル交換②、リベンジ大成功! が、しかし・・・


やったー 大成功!!
~達成感に浸ったのも束の間の事~







人生初のオイル交換第2弾、リベンジ編!


作業をナメていたド素人、再び天国から地獄へ落ちるお話











既にお気付きのセロー乗りの方も多いのではと思い

早速、地獄へ落ちたお話から・・・









-------------------------------------------------------
■主文

被告人をクランクケースカバー交換の刑に処する。

・・・・・
-------------------------------------------------------










例に漏れず(漏れてるけど)、やってしまいました

そうクランクケースカバーの改良前セローの弱点、お察しの通りのエレメントカバーの雌ネジなめ
boroken
このボルトのスキマからオイルが・・・





予習はドレンボルトの事のみ、事後調べでこの弱点を知った次第・・・






多くの改良前セロー乗りの方が経験されているようで

改良済みのクランクケースカバーへ交換されている

一部の方は執行を猶予する方法を試行されているようですが・・・







簡単に済む方法は無いかな~と思案していますが

それは、また・・・













まずはひととき、天国にのぼった(ような)記録から




日曜大工セットでドレンボルトなめなめ事件から数日が経ち

これらが先に届きました
boroken










ナットツイスターソケットの到着待ちですが

待ちきれず、メガネレンチのみでリベンジ











「エイ!」1発目の入力であっけなく緩んだ・・・
boroken
メガネレンチ様様です。











無残かな、純正ボルト
boroken
帽子のツバのようにフランジが広い












マグネット付きワイヤーロックドレンボルトとワッシャー装着!
boroken
フランジの無いボルトでいいのでしょうか?







察するに、なめ易い純正のドレンボルトを採用しているのは

指定のトルクを越えて締めてしまった場合

エンジン本体の雌ネジをナメてしまわないようにとのことなのでしょうか・・・









弱点を知らないまま、この後の作業

予習に無かった事が連発します。

それは後半で!





それでは、ド素人が天国から地獄へ落ちる様子を映像でもご覧ください


【ド素人メンテ】人生初のオイル交換②、リベンジ大成功!が、しかし・・・

オイル交換チャレンジ第2弾、ナメて失敗に終わったリベンジ編
メガネレンチだけであっさり解決、しばし達成感に浸る!
が、しかし・・・
再び、絵に描いたように地雷を踏んでしまいました(大泣;
















♪Music
"Funeral March" (Remembering Jason Curley)
Frederick Chopin / additional music by Ehron VonAllen
https://soundcloud.com/ehronvonallen






これまでの動画はこちら
Youtube



予習通り、オイル注入口を先に緩めておく
boroken
オイルを抜いた後、これが緩まなかったら大変とのことなので。












あっさり緩んだドレンボルト

オイルが抜ける瞬間が達成感のピークでした・・・
boroken
新品オイルと比べ、素人目でも粘度を失っているのが分かりました












出番の無くなったナットツイスターソケット
boroken
使ってみたかった気もします、ネタにもなったし・・・













ここまで、何の疑問も無くご機嫌作業!








オイルを抜いている間、例のエレメントカバーをご開帳

3本あるボルトの内、

あの最下部のボルトだけ途中で手で回せなくなったのを記憶しています。






その後、予習で見た絵ヅラには無かったことばかり
boroken


今となってはアレですが、改良済みクランクケースカバーで予習していました

①ドバッとオイルがこぼれるはずがチョロチョロだけ

②3本共ボルトの長さが違う

③最下部ボルトの穴にも小さいパッキンがある(準備したのは1つだけ)











これには超ビックリ
boroken
虫かご?・・・、折目の無いフィルターなど見たこと無い

この時点でこれが一番気になった

水洗いでもしたかのようにキレイな表面、フィルターの折目が溶けたのかと思った










最下部のボルト用パッキンのみ残してその他を交換

手持ちの万能グリスをパッキンに薄く塗って、エレメントカバーを取り付けました。

予習通りに・・・









ボルトをクルクル廻してしまいましたが、少しだけ締まるところで止めました。
boroken
力の入れ具合も予習通りだったと思ったが・・・



この時点でも、まだ事の重大さには気付いていません!











あのクルクルボルトを少し気にしながらオイル投入
boroken
レベルゲージを見ながら少しずつ継ぎ足して、注入口を緩めた。












エンジン始動でドレンボルトからのオイル漏れが無いことを確認

最後にあのクルクルパーのボルトを見ると・・・
boroken
あらら~












この件、ご存じの方も多いでしょうが

もし、改良済みクランクケースカバーかどうかご存じ無い方がおられたら

最下部にも小さなOリングがあれば、慎重に!

(詳細は経験者の皆さんがブログで公開されています)










実は、あのクルクルパーのボルトからは少しだけオイルが垂れた跡が常にありましたが、

ショップにおまかせしていたので、気にせず拭いていました。

ギリギリのところで止まっていたのかも知れません。





事後調べで知った弱点、

近々にでも、クランクケースカバー交換をチャレンジするつもりですが

ちょっとだけその場しのぎの方法で止血(油)してみます。



しかし、オイル交換歴たったの1回なのに、少々ハードルが高い!

ですが、クラッチとかも一度見てみたいので。







ぶっ壊したら、またココに書きますね。














初めてオイル交換して、即抜く・・・1㍉も走ってないのに(笑)
boroken

遊んでる場合じゃなかったです・・・











さて、手っ取り早くて簡単なその場しのぎから試しましょうか・・・



クランクケースカバー等の注文はそれからやね!

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog