プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2016.11.05    カテゴリ:  街道紀行 

   【街道紀行】旧大和街道 その①~伊賀國-山城國境~161030


三重県の歴史街道をぶらりバイク徘徊
~元禄の世の國境争い、その決着の場所でした~





旧大和街道を山城国(京都府)から伊賀国(三重県)へ

その玄関口・島ヶ原の宿場町から「和銅の道」沿いにある史跡を訪ねます。





ルートミスの後、スタート地点まで復帰してから



その①

國境を示す「二本杭」「藤堂藩の関所跡」
161030one








今回のコースはこちら

161030one
道を間違えて突っ込んでいった道、現在では荒れていますがこちらの方が新道とのこと。









山城国(京都府)から東に向けて進むと、まもなく「二本杭」と呼ばれる道標がある
161030one








由来はこちらで
161030one







道を間違えた「新道」にあった道標
161030one
元々この「二本杭」にあったものが移設されたのだとか








道標をわざわざ二本、それも隣り合わせで建てることに疑問を感じますね

ググリますと理由がわかりました!




元禄の時代、柳生藩(山城国)と藤堂藩(伊賀国)の国境(領土)争いがあり

幕府の裁定の結果、この場所に両藩の道標を二本建てた。



面子を保つためだったのでしょうね!







それでは静かな田舎道をブラリ流す映像でもご覧ください


【街道紀行】旧大和街道 その①~伊賀國-山城國境~161030

旧大和街道を山城国(京都府)から伊賀国(三重県)へ
2ヶ月ぶりのプチ徘徊・本編

その①
國境を示す「二本杭」と「藤堂藩の関所跡」を訪ねます。
所在地:(旧)三重県阿山郡 島ヶ原村山菅
@京都府相楽郡南山城村北大河原広手⇒三重県伊賀市島ヶ原














♪Music
"遠くへ行きたい"
by ダ・カーポ(1985)




これまでの動画はこちら
Youtube



さて伊賀側をしばらく走り、わずかに幅員がひろがる三叉路付近


関所跡があります
161030one







詳細はこちらで
161030one
記録の石碑はあるものの、関所の痕跡はありません








161030one

かつては大和地方の諸大名が参勤交代に利用した道

今や小規模集落の生活道路としてその役目を変えていました。










さて案内に従い

次は行者堂へ向かいます・・・

161030one





次回へと続く





それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog