プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2015.01.25    カテゴリ:  寺社・仏閣・史跡 

   【林道散策】正暦寺への道+名称不明林道~日本清酒発祥之地へ~150121


道すがら立ち寄った、紅葉でも知られる正暦寺
~お寺へのメイン道路から先の林道が目的で参上~








ブラり立ち寄ったのは、山の辺の道コースにもある正暦寺(しょうりゃくじ)

事後調べですが、紅葉の名所であり日本清酒発祥之地でもある。

150121bodaisen
お酒はたしなむ程度、始めて見る銘柄ばかり










お寺へ向かうメイン道路(菩提山道)は境内前で車両通行禁止
150121bodaisen
多くの駐車場が用意されていましたが、すぐ近くに駐輪場があります









今回の目的はお寺の先の林道を走ることだったので

Googleマップで位置確認したのみでした
150121bodaisen
果たしてどんな林道なんでしょう








せっかくなので少しお参りを
150121bodaisen
無料・有料不明でしたがここに駐車しましたが

紅葉の時期以外は無料でした(事後調べ)








正暦寺の歴史
150121bodaisen
ここも南都焼き討ちの被害を受けたよう





詳しくはこちらで

菩提山真言宗 大本山 正暦寺








奈良にはお釈迦さまが修行された五大山の聖地に見立て

鹿野園(ろくやおん)、誓多林(せたりん)、大慈山(だいじせん)、忍辱山(にんにくせん)

そして菩提山(ぼだいせん)と名付けられた地名がある





すべて私の徘徊地域、ありがたいもんです。




それでは今回2本立て、中途半端な訪問映像ですがご覧ください


【錦の里】正暦寺への道~日本清酒発祥之地へ~150121

道すがら立ち寄った、紅葉でも知られる正暦寺(しょうりゃくじ)
下調べ無く訪問するも、なんと本堂を見逃す失態・・・
またの機会に再訪します。
@奈良市菩提山町(ぼだいせんちょう)









♪Music
"Two Four Seven" (ft. Loveshadow, ElRon XChile)
by texasradiofish
http://ccmixter.org/people/texasradiofish

"Sleep Well, My Dear" (Instrumental Version)
by Josh Woodward
http://joshwoodward.com/song/SleepWellMyDear







さらにもう1本


Narrow Mountain Road~正暦寺から伸びる名称不明林道~150121

正暦寺へのメイン道路から先の林道
光の届く明るい林道をサクッと駆け抜けます
勝手に命名、(仮称)菩提仙林道
@奈良市菩提山町







♪Music
"gimme all your lovin2"
(ZZ TOP sparky's eliminator edit)
by sparky DEEP SOUND DESIGN
https://soundcloud.com/jeffroz/gimme-all-your-lovin-zz-top





これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV



日本清酒発祥之地を謳う石碑
150121bodaisen


Netの情報ですが、日本には清酒発祥の地は2ヶ所存在します。

結論付ける記事は見当たりませんでしたが、

古文書に登場する時期からすれば、ここ奈良・正暦寺がそうなのではと思います








目立つ道案内に誘われて向かったのは福寿院客殿
150121bodaisen
これまた事後調べ、見事な借景庭園が見られるとのこと




万葉集:柿本人麻呂の詠

「あきやまの もみちをしけみ まとひぬる いもをみとめむ やまりしらずも」


(解説:妻の死を告げられ、妻というよりは恋人を想い詠んだ歌)

秋の山の黄葉が茂っているために、道に迷い帰れないでいる妻

そのいとしい妻を探し求めたいのだが、わたしにはその山道がわからないのだ









本堂だと勘違いして、案内通りに向かいました
150121bodaisen
Googleマップの位置表示でもココだったので・・・









龍華寿院と示される建物へ
150121bodaisen
入り口にはセンサーチャイムがあるので、2度ほど鳴らし、しばし待ちましたが

誰も来られないので中へ入ると「只今、祈祷中」との立て札

訪問は控えました








檜皮葺の立派な建物でした
150121bodaisen








なんだか物足りない気もしましたが、目的は先の林道だったので・・・

良く考えると本堂へのお参りを失念(案内も無かったような気が・・・)

これまた事後調べ、Googleマップで分かりました。









また秋口にでも再訪しましょう
150121bodaisen






しっとり濡れた時期も良さげな古刹でした。


それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
おと松さん、こんばんは。
ご覧いただいてありがとうございます。

奈良交通のバスツアー、パンフで拝見したことがあります。
円照寺は正暦寺の近くにありましたね。
入り口から車両通行禁止なんで訪問は控えていました。

おっしゃるとおり、鉢伏峠への道から正暦寺へのハイキングコースがあるのを
去年見ましたが、ロープが張られていたのでやめました。
なかなか初心者の域を超えられないので、キビシイところは止めておきます(笑)



> もうひとつは 正暦寺のてまえ1キロくらいでしょうか

5,6年前のどなたかのレポをNetで見ましたが
現在でも走れるかどうか・・・
近いうちに見に行ってきます。キビシく無ければ良いのですが・・・

いろいろとお教えいただいてありがとうございました。
おかげで訪問先がまた増えました。
それでは、また見てやってください。




はじめまして。ときどき拝見させていただいております、2月18日に奈良交通のバスツアー
にて 正暦寺 精進料理、となりの円照寺(非公開)の見学に参加したところなので お便り
いたします。
まず進入禁止の菩提仙川の左の道は 鉢伏峠にでます 一部、沢登りのような道でした。もちろん徒歩での通行です。でもトラ上級者なら笑いながらいけるかも、
もうひとつは 正暦寺のてまえ1キロくらいでしょうか 菩提仙川を右にわたり北椿尾へ向かう登り道があります めげずに細道を進むと未舗装になり松永弾上のゆかりの椿尾城跡(たぶん)があり さらにめげずにすすむと突然 五カ谷インターのさらにさらに上に到着したことがあります、県道187のなれのはてかな 186へは未確認です。
この林道かなりの達成感があったことをおぼえています、
このときについでに円照寺さんの参道(ダート)を走ったことで少し勉強させてもらいこのバスツアー参加でした、(このお寺すごいです)
 
当方TL125です、それではまた、。
まんとさん、こんばんは。

近場にはまだまだ走ったことの無い道があります。
今回もその一つ、たまたまあったお寺です。

私もお付き合いでしか飲まないので・・・
買って帰っても料理酒になるでしょう。

残念ながらキレイな舗装路、きれい過ぎてもったいないくらいでした。

お寺まで家内と大昔に車で行ったことがあるようでしたが
全く記憶にありません。
ここへ車で行くのはビクビクものですが、若い頃は行ったようです。
それでは。
bajaさん、こんばんは。
お返事遅くなりました。

日本酒のことはよく知りませんし、
奈良に住んでて見た事も無い銘柄ばかりでした。

こんな近場で紅葉の名所があったとは、灯台下暗し。
しかしピーク時はあの道はどんなことになるのか?
やっぱりバイクで行きたいところです。
それでは。
こんばんは~
山奥にひっそりたたずんでいるお寺が清酒発祥の地ですか。

お酒は一杯飲んだらすぐ寝てしまうので全く詳しくないのですが、
そういう所に行ったら1本買って帰ってしまいそうです(笑)

林道探索の目的がなければ立ち寄りそうにもならない感じですが、
清酒発祥の云われや、客殿から望む絶景の紅葉など穴場なお寺ですね。
その先の林道がダートなら、なおうれしいんでしょうね~^^)/
まいどです。

灘ってよく聞きますが、こちらが発祥の地なんですね。

山道の落葉樹が気になって、正暦寺の画像で検索したら、打って変わって素晴らしい紅葉スポットでビックリでした。

シーズン中は混みそうですね。







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog