プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2014.10.04    カテゴリ:  未舗装路・林道 

   【遠征ツー】おにゅう峠~再び完走ならず~140930


峠越え完走をめざし、満を持して参上!
~無念の路面崩落でまたもや完走ならず~






念願のおにゅう峠初訪問からかれこれ2年経過

公私ともトラブルの無い時期を見計らい、有給を無理やりもぎ取っての平日参戦

家内の表向きこころよい了解のもと・・・




天気予報の上下気温差10℃以上の難を承知の上、福井県小浜市界隈を徘徊するための山越えに

林道 小入谷線⇒おにゅう峠⇒林道 上根来線をナビにセット・・・

したかったが、安もんナビには道が無かった(笑)







あわよくば雲海が見られるかと・・・
140930onyuu
見頃には半月ほど早すぎました








既にご承知の方も多いでしょうが、滋賀県側「林道 小入谷線」は全線舗装化完了済
140930onyuu
残念ながらと言ってはいけないでしょうが、峠まではオンロード車でも快適・ラ~クラク






まだ一部ダートだった頃のレポはこちら

【未舗装林道03】おにゅう峠~もうひとつの鯖街道~120606








何の労も無く、おにゅう峠到着
140930onyuu
足元を見ると、舗装は滋賀県側のみ








到着時点での峠は霧の中、何故だかワクワクすらしてきた
140930onyuu










私と同じく、峠越えを予定されるライダーの皆さんの為

先に結果からお知らせします

福井県側「林道 上根来線」であらたな路面崩落で通行不能でした
140930onyuu








本来ならショックで戦意喪失、帰路につくやも知れないような事態ですが

グッドタイミングのありがたい情報を得たので

心身共、それほどのダメージはありませんでした!





それでは、路面崩落までの走行映像でもご覧ください


【遠征ツー】おにゅう峠~再び完走ならず~140930

「林道 小入谷線」~「林道 上根来線」、2年ぶりに参上!
かつての厳しいダートも滋賀県側は既に完全舗装化
今回は頑張って福井県側への完走を目指すも・・・

長々とほぼノーカットでお送りします。
@滋賀県高島市朽木⇒福井県小浜市














※ワッチミー!TVはこちら
軽~く容量オーバーでUP無し






♪Music
"Why Did I Fall For You" (ft. The Easton Ellises)
"Let It Go" (ft. The Easton Ellises)
"Drink a Little More" (ft. Thespinwires,Sackjo22)
"We Will Return" (ft. Jeris (VJ_Memes),Sackjo22,Haskel)
"Just Beginning" (ft. Snowflake)

by copperhead
http://ccmixter.org/people/copperhead
"ccMixter2014"



♪Music
"呼応"
written by スタジオ山奥/藍舟
http://studioyamaoku.info
"DOVA-SYNDROME"
http://dova-s.jp/






まだダートが残る2年前の映像も良かったらご覧ください

【未舗装林道03】おにゅう峠~もうひとつの鯖街道~120606










これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV



毎度〃の下道走行、北上には京都市内の混雑を避けなければと

熟睡できず、まだ真っ暗な早朝5時過ぎの出発


メッシュジャケットにインナーを付け、Tシャツ二枚重ね程度で・・・

徐々に気温の上がる朝はいいが、これが後々大きな誤算となるのです。




京都八坂神社前をスルッと駆け抜け、国道367号線を北上

寒さに耐えきれず、京都大原のコンビニでお決まりの一服タイム

かっ飛ばしてここまで1時間経過の午前6時半でした。







元気を取り戻し、ここから一気に滋賀県道783号線で小入谷への分岐まで
140930onyuu
そこそこ暖かくなってきた







小入谷の集落を見ておなじみの起点標識
140930onyuu
通り抜け不可の案内があるが、事前情報ではバイクなら通過できそうな感じだった








周囲の写真を撮ったり、またもやもよおしてきた処理などしていると

カワサキのライムグリーンでバッチリ決めたオフ車が下ってきた。



私よりもっと早起きのライダーさん

ここで事前に通行不能の情報をいただきました!


何も知らずに引き返すことに比べれば心身、とくに心へのダメージが全然違います

大変ありがたい情報でした。




しばらく雑談にお付き合いしていただきましたが

なんとこのライダーさん、いつも林道訪問の参考にさせていただいている方でした。


私のこともご存じのようでして、朝から良いことがあって

喜んで崩落現場に向かえました!








さて、峠へ向かう滋賀県側は既に完全舗装され快適舗装林道となっています

難なく登って行くと、この日は雲海が発生していない撮影ポイント
140930onyuu







これもラピュタの道?
140930onyuu






もう少し登ったところ
140930onyuu










ちっちゃな落石はあるものの、余裕で到着!
140930onyuu
定番ですが撮っておかずにはいられないショット








福井県側にふと目をやれば、芸術的なガードレールオブジェ
140930onyuu
これからの過酷さを意味する(私レベルにとって・・・)







さあ、これからは未知の世界、逝ける所まで・・・と出発

ダートと舗装路を繰り返す下り、いつも以上の安全速度で参ります





霧が晴れれば日本海まで見通せるような景色もあり、福井県側もなかなかです



徐々にそんな余裕もなくなり、無駄に付けたスロットルアシストが邪魔な感じを受け

途中の写真も撮ることもなくトコトコ下り



見たかった上根来の集落の直前(?)でジ・エンド

辿り着けなかった!


140930onyuu
わずかに残る縁石上を歩くのがやっとのこと

「押し歩きで通過できませんか?」なんて聞いた自分が恥ずかしい・・・










ポカ~ンと頭が真っ白になったセローくん
140930onyuu
崩落現場を物欲しげにうろうろする主人を待っている!







主人はと言えば、崩落個所ギリギリに停めたユンボを見て

大丈夫なのかと無駄に心配しているありさま
140930onyuu






今回は、事前に伺っていたのが幸いし、来た道を引き返して

引き続き小浜方面へ向かうことができました。






140930onyuu

まだまだ引退できんな、こりゃ!









現場には工事期間を示す標識など何もありませんでしたが

年内の完走は難しいのではと思います。



それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まんとさん、こんばんは。

今年5月頃には完走出来ていたようですが
やはりまだ無理でしたね。

小浜までは結局大回り
おかげで疲れのピークが早まりましたけど・・・

世間の方はやはり夜のうちに来られて
日の出を待つそうですが、遠いので。

たぶん今年の北上はこれで終わりです。
それでは。

bajaさん、こんばんは。

先客さんはあの矢ノ川峠を旧道まで完走された方でした。
声とお姿がようやく一致した次第です。

本当に知らずにあの場面だったらガックリしたことでしょう。

もう半月、1ヶ月あとだったら
雲海も見れたでしょうが、その頃はすっかり冷え込んでることでしょう。
北へ向かうのはキビシいです。
それでは。

こんばんは~
おにゅう峠は全然開通する気配がありませんね。
崩落現場にショベルが置いてあるので一応道を
補修する気あるのかなとも思いますけど。
そして、重機はnmtr220さんがセローでたどり着いた反対側にありましたね。
逆からもそこまでは来れるんだ。
バイクが1台通れる分だけでも補強してほしい~

ラピュタの道もどき?はいい感じの画像ですね。
すごく行ってみたくなりました(笑)
まいどです。

この天空ルートはいいですね~雲海に浮かべば最高だったはず。
先客ライダーさんもベストショットを狙っていたのかな。

前に見せてもらってから、もう2年になるんですね。

ほんと、たった数十メートルのことで通り抜けられないもどかしさ、ときたら。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog