プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2009.09.27    カテゴリ:  ツーリング 

   ●09.09.05 林道サンギリ線?小橡の集落?ニホンオオカミ像●

■県道228号線に続いて行ってきました。

広域基幹林道 サンギリ線

追記:090928動画を追加しました。

林道サンギリ線の裏名所にて
090905_2

林道サンギリ線は
国道425号線と国道169号線をショートカットする山岳舗装林道です。

next
前半は、坂本ダムの上を渡った起点からサンギリトンネルまで
★090905 林道サンギリ線 上りの動画


090905 林道サンギリ線 上り

後半は、サンギリトンネルから上北山村河合の裏名所まで
★090905 林道サンギリ線 ダウンヒルの動画


090905 林道サンギリ線 ダウンヒル

これまでの動画はこちら

坂本ダムを渡ったところ
※別窓でご覧ください。
090905_2

ダム工事で亡くなった方々の慰霊碑がありました。 合掌
090905_2

ここを行きます。
090905_2

※林道サンギリ線の起点にある”注意書き”
090905_2

落石は当然ありますが、全線舗装路で路面が良いので普通車での通行も問題ありません。
これからの秋以降、落葉も重なってくるのでしょう。

サンギリトンネルの南側までやってきました。
090905_2

ここから分岐する「橡谷西ノ谷林道」は途中から通行止めとのことでした。
090905_2

当然ながら、照明などありません。
090905_2

※トンネルの反対側
陽が当たらない方向なのでコケが目立っています。
090905_2

●トンネルを抜けた正面は、吉野の山々が見えてなかなかの絶景です。
090905_2

※絶景を別窓でご覧ください。
090905_2

上北山村河合方面へ向かう下りからも、視界が開けてなかなか良かったです。

下ったところに、これがあります。
放置された「熊○交通バス」のあるところです。
090905_2
バスの中は、何か入っていたら眠れないかもしれないので覗けませんでした。

覗いた人はいますか?


■小橡の集落内をちょっと散策

小処温泉へ向かう途中
左へ行くと、大台ケ原へ抜けられるようです。
090905_2

「小処温泉」まで来ましたが、まだまだ暑いので入りません。
090905_2

大台ヶ原登山道の入口にあります。
090905_2
シニアのご夫婦が多く見えられていました。

「瀧川寺」
ここは十数年前にあるきっかけで、境内を訪問したことがあります。
090905_2
以前もこのように庭園の手入れが行き届いていたように記憶します。

※里山のお寺も別窓でご覧ください。
090905_2


「北山宮」
白く見えるのは、石材が白華しているのでしょうか?
090905_2

詳しくは、こちら。

090905_2
その他、下記を参照ください。
奈良県吉野郡上北山村 公式HP


■帰り道、ニホンオオカミ像の雄姿を見てきました。

★090905 奈良県道16号吉野東吉野線?ニホンオオカミの雄姿を求めて?の動画


090905 奈良県道16号吉野東吉野線?ニホンオオカミの雄姿を求めて?

奈良県道16号吉野東吉野線の東吉野村鷲家口にて
090905_2

「日本で最後のニホンオオカミが見つかったところ」
090905_2

※普通の犬くらいのサイズです。
090905_2


090905_2
※案内板ヨリ
ニホンオオカミは、明治の初めまで、本州・四国などにかなりの数が生息していたようですが、その後急減し、明治38年(1905年)東吉野村で捕らえられた若雄のニホンオオカミが日本で最後の捕獲の記録となりました。
 当時ここ鷲家口の宿屋芳月楼で地元の猟師から、英国より派遣された東亜動物学探検隊員米人マルコム・アンダーソンに8円50銭で買いとられ、大英博物館の標本となっています。
 この標本には、採集地ニホン・ホンド・ワシカグチと記録され、動物学上の貴重な資料となっています。
かつて台高の山野を咆哮したニホンオオカミの雄姿を、奈良教育大学教授 久保田忠和氏の手により、等身大のブロンズ像として再現しました。
 緑と水のふるさと・東吉野村の自然愛護をねがうシンボルとしていきたいものです。
昭和62年(1987年) 東吉野村


「天皇陛下行幸跡の碑」
天皇陛下もいらっしゃったようです。
090905_2

※最後までご覧いただき、ありがとうございました。
さて次は、寒くなる前に和歌山の海沿いでも見に行こうと思います。
ではまた。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog