プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2014.07.16    カテゴリ:  街道紀行 

   【街道紀行】十三街道~長屋王墓と吉備内親王墓~140702



小出しネタばかりでお恥ずかしいことですが、よろしくお付き合いのほどを!




さて、

奈良・平群町のHPにはハイキングコースとしてのモデルコースが掲載されています。

◆北部コース「千光寺・役行者と修験の道」

◆中部コース「十三街道と業平ロマンの道」

◆南部コース「霊峰信貴山と戦国の夢街道」


平群観光マップ







今回は中部コース「十三街道と業平ロマンの道」をセローで辿ります。

ルートはハイキングコースと車道に分かれていますが

ハイキングコースには階段があるので、当然車道です。







今回はそのプロローグ

奈良時代、悲劇の左大臣「長屋王」とその正妃「吉備内親王」の陵墓を訪問します。

140702tomb
スマホGPSでの軌跡ですが、かなり迷って徘徊した痕跡が・・・








また余談ですが・・・

「長屋王」と言えば、その邸宅跡で発掘された木簡のことは有名ですね。

25-6年前の話なので若手は知らないかな?

私も歴史的に重要な発見だったことだけで、その内容までは良く知りません。






ちなみに、「長屋王」≠「長屋の大家さん」ですのでお間違いなく!



アレッ?私だけ・・・

やはり「ながやおう」ではなく、正式な「ながやのおおきみ」と読む方が良いのでは?

140702tomb








奈良時代、朝廷の最高職に就きながら、皇位継承にからむ謀反の疑いで

夫妻と四人の皇子が自殺に追い込まれた「長屋王の変」



今では生駒・平群町の住宅地の片隅でご夫婦並んで静かに葬られています。

140702tomb








それでは、陵墓へのアプローチとその様子を映像でもご覧ください


【街道紀行】十三街道~長屋王墓と吉備内親王墓~140702

平群町にあるハイキングコースのひとつ
中部コース「十三街道と業平ロマンの道」をセローで巡るプロローグ
奈良時代、悲劇の左大臣「長屋王」と
その正妃「吉備内親王」の陵墓を訪問します
@奈良県生駒郡平群町











※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=737ab7b1c16dd8eda95148b3c6c2c6cd






♪Music
"Painting in the sky by numbers"
(ft. Doxent, Dave Merrick & Martijn de Boer)
by robwalkerpoet
http://ccmixter.org/people/robwalkerpoet
"ccMixter2014"






これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




余談ですが・・・

R25竜田大橋東詰にある道標がシブかった!
140702tomb
ゴツーイ感じ・・・







王墓は国道を折れてすぐ
140702tomb
昔は同じような所で住んでました!








まずは長屋王墓
140702tomb




140702tomb
綺麗に手入れされています。さすが!








ここにはお手洗いのある休憩所がありました。
140702tomb
どっかのおばちゃんがココで朝から弁当食べてるので・・・トイレに行きにくかった
(おばちゃんと言いましても、おそらく私より若いでしょうがね)









続いて長屋王墓の隣、約150mのところにある吉備内親王墓
140702tomb
吉備内親王(きびないしんのう)は長屋王の正妃







ご夫婦並んで葬られているのは聖武天皇の指示によるものでしょう
140702tomb








「長屋王御陵公園」説明看板より
140702tomb

長屋王は、奈良時代初期の皇親政治家で、
神亀元年(724)に最高職の左大臣に就任し、
聖武天皇を盛り立てて政治を行なっている。
長屋王は、壬申の乱で活躍した高市(たけち)皇子の長子で、
夫人の吉備内親王とともに天武天皇の皇孫である。
神亀6年(729)2月10日、皇位継承にからみ、謀反の疑いで館を囲まれ、
夫妻と四人の皇子が自殺に追い込まれる。
そして、8月に天平に改元、
藤原不比等の娘、光明子が皇后(従来は皇族のみ)に立てられる。
『続日本記』には夫妻が生駒山に葬られたとあるが、
近世資料に平群梨本の二つの塚が夫妻の墓との伝承がみえ、
明治末期頃に宮内庁より現在のように整備されている。
長屋王墓が直径約15m、吉備内親王墓が直径約20mの円墳状をしている。











最後に、「長屋王御陵公園」前の道路に埋め込まれたレリーフ
140702tomb
これはホラ貝ですね



平群町さんも粋なことを為さる・・・





それでは、また



※最後までお付き合いありがとうございます



↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まんとさん、こんばんは。

> こんにちは~
> 今回はお墓まいりですね。
> 長屋王、名前は聞いたことあるけど・・・?
> ちょっと調べたら、善人か悪人かは解りませんが、
> 悲劇の主人公で自殺に追いやった藤原氏たちもその後
> 次々に病死してそののろいだと言われてたとか・・・
> この時代の歴史=皇族の歴史で遷都を繰り返していた時代で
> その都度いろいろなドラマがあるのでしょうね~



ご先祖さんの墓参りはほったらかしで、行ってまいりました!
古墳の中に全く入れないのはちょっと残念です。

昔も今も、権力持ったら色々ありますよね。
管理職になったらほどほどにしてください。

しかし、ご近所にお住まいの皆さんは毎日どんな感じで見ているんでしょうね。
不動産価値が上がるのだったらいいですけど・・・
それでは。

こんにちは~
今回はお墓まいりですね。
長屋王、名前は聞いたことあるけど・・・?
ちょっと調べたら、善人か悪人かは解りませんが、
悲劇の主人公で自殺に追いやった藤原氏たちもその後
次々に病死してそののろいだと言われてたとか・・・
この時代の歴史=皇族の歴史で遷都を繰り返していた時代で
その都度いろいろなドラマがあるのでしょうね~






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog