プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2009.09.21    カテゴリ:  ツーリング 

   ●09.09.05 奈良県道228号 東川河合線●

■奈良県吉野郡上北山村の隠れた秘境を目指して

これまで、国道169号線から池原ダムまでは何度も訪れましたが、
その周辺では様々な経緯を持つ道路が存在します。
タイムリーな話題ではありますが、ダム建設による光と影がうかがい知れます。

今回は、その一つ「奈良県道228号 東川河合線」で東の川を目指しました。

★まずは、動画を3本に分けてお送りします。
090905 奈良県道228号 東川河合線 Vol.1「荒らされた廃校 東の川小学校跡」
(池原ダム?東の川小学校跡)


090905 奈良県道228号 東川河合線 Vol.1「荒らされた廃校 東の川小学校跡」

これまでの動画もご覧ください。
090905 奈良県道228号 東川河合線 Vol.2「役目を終えた 東の川簡易郵便局跡」
(東の川小学校跡?出口橋)


090905 奈良県道228号 東川河合線 Vol.2「役目を終えた 東の川簡易郵便局跡」



090905 奈良県道228号 東川河合線 Vol.3「薬師堂を目指したが... 土石流跡で断念」
(出口橋?土石流跡まで)


090905 奈良県道228号 東川河合線 Vol.3「薬師堂を目指したが... 土石流跡で断念」

これまでの動画もご覧ください。

------------------------------------------------------------------
※いつもの池原ダムのサイン前にて
090905

しばらく酷道425号線を走行し、途中にあるお地蔵さんへご挨拶。
090905

国道425号道路橋「備後橋(びんごばし)までやってきました。
090905

右に逸れる林道も興味深い
090905

こんなことになったら大変ですよ。
090905

酷道425号線は相変わらず、大小さまざまな落石や落枝が絶えません。

ようやく、坂本ダムまでやってきました。
090905
帰りには、ここから「林道サンギリ線」を走ってみる予定です。

坂本ダムを過ぎてしばらくで、「出合橋」に到着です。
090905

※橋上からの絶景
090905

この橋を渡り終えた分岐のところ。
道案内など、もうどうでも良くなった標識のところから県道228号線です。
090905

最初に現れるのは宮ノ平の吊橋です。
090905

よく見ると、赤サビだらけの骨組でワイヤーもところどころ切れています。
090905

怖くて渡れません。
(行きは軽四が駐車していたので、帰りに寄りました。)
090905


足元に注意したノロノロ運転すること4、5分で第一目標に到着。
荒らされた廃校 東の川小学校跡です。
(残念なことに、心無い人達によって荒らされています。)
090905

校庭の中は最近の土砂崩れの跡なのか、ぬかるんでフワフワしています。
090905
階段を見上げると恐怖が倍増し、内部視察はやめました。
(次回チャレンジします。)

校庭脇の石碑「望郷立志誓之碑」
(坂本ダム建設によって、地区132戸が沈んだと記してあります。)
090905

周囲の桜の木は健在で、春には生徒の居なくなった校庭で今なお咲いているのでしょう。
090905


さて、先へ進みましょう。

東の川小学校跡を出発してすぐのところに宮ノ平の集落(跡)に到着しました。
090905

ご存知の方も多いでしょうが、ここには長年オフラインの簡易郵便局がありました。
東の川簡易郵便局です。
090905

残念ながら、平成17年4月をもって廃局となっており、現在はその建物のみが残されています。
090905

集落の奥には数軒の建物が健在ですが、全く人の気配はありません。
090905

中にはしっかりとしたRC造の建物もあります。
「出宮生産森林組合設立準備事務所」とのサインがあったので、
ググッてみましたが情報は見つかりませんでした。
090905

水没後に移転してきた集落の終焉と関係しているのではと想像します。
090905

集落からのビューも見事です。
090905

小さな祠があります。
この横には何やら階段が続いていましたが次回へおいて置きます。
090905

県道はこの廃屋の先へと続きます。
090905

さあ、次へ進みましょう。

アララ谷の小さな橋
090905


アララ谷の小さな橋を過ぎてすぐのところで、急に路面に変化が、
090905

なんと丸太敷きです。
よく見るとH型鋼の梁で支持していたので、安心して通過しました。
090905

さらに進むと何やら乗り物がありました。
090905

林業に携わる方々のトロッコです。
真新しい設備で現役稼動していると思います。
090905

住人は居なくなりましたが、山の手入れは今なお行われているのでしょう。
お疲れ様です。
090905


しばらく同じようなクネクネ道を進むと急に視界が広がってきます。
090905

「出口橋」までやってきました。
090905

駐車スペースとおぼしき空地があり、野営キャンプなどに良いのでは。
090905


どんどん進みます。

出口橋を過ぎると若干路面も良くなったのか、この道にもかなり慣れてきました。

またまた吊橋がありました。
090905

今度は頑丈そうなので渡ってみましょう。
090905

恥ずかしながら、中央付近まで渡りましたが、揺れが激しくあわてて引き返しました。
090905

※これまた橋上からの絶景
090905


※ここまで、宮ノ平の吊橋で見かけた無人の軽四のみで、車も人も誰一人として遭遇していません。終盤になって対向車への注意意識が全くなくなりました。

そんなときに限って突然対向車が現れました。(動画Vol.3をご覧ください)
対向車への注意意識がなくなるような所を好んで走っていますが、今回は超ビックリでした。
実はこれまで、教習所も含めて転倒経験が一度もありませんが、今回は危なかった。
(誤解があるとあれなので、決して運転技術が優れているのではなく、ダラダラノロノロ運転ばかりのためです。信号待ちではよくオットットしています。)

やがてこんなところにやってきました。
090905

090905

治山工事による砂防ダムは完全に無くなったままで、復旧工事する気配がありません。
090905

※しばらく呆然とあたりを見回していると、奥の道路から1台のワゴン車がやってきて、
同乗者の誘導で、車底をガリガリこすりながらここを越えてきました。
この若者2人連れ勇者に様子を聞いたところ、
「バイクなら問題なく行けますよ」と促されました。
「そう、ありがとう。気を付けて」と見送って、結局断念しました。
090905

★こんな現況でした。
090905



最終目的の薬師堂へは次回にリベンジします。
まあ、初めてのコースはこんなもんでしょう。必ずまた来ます。

この奈良県道228号 東川河合線は、全般に一応舗装されてますが、割とたくさん落石・落木・陥没・流水があり、降雨の後ましてや雨天時の走行は絶対に危険です。また、自動車では離合可能な場所が極端に少なかったように思いますが、交通量はほとんどないので対向車と遭遇したときは相当運が悪かったと思うしかないでしょう。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog