プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2014.07.12    カテゴリ:  舗装林道 

   【本編】林道荷阪線~渓谷の道を往く~140615

その歴史はまだ天武天皇が大海人皇子だった時代
~榛原の山中、その道は全く予想外の生活道路でした~







今回はちょっと古ネタ

既にレポした 【林道未舗装区間】林道荷坂線~ハイライト~140615

この本編、ちょっと簡単レポとなっております!








林道荷坂線のエンドにて
140615jinshin









向かうは「榛原平成こどもの森公園」方面
140615jinshin


この高星と呼ぶ地名が最新の地図には表示されません

宇陀市の住居表示は、ここ7,8年の間に2度変更となっているようで

そのためか、高星の地名が見当たりません。(旧奈良県宇陀郡榛原町高星)








榛原平成こどもの森公園を過ぎれば本線です
140615jinshin

この公園、何か見覚えがあると思い、後日、家内に聞くと

十数年前に息子達を連れて遊びに来たことがあった。

車も人もじゃじゃ混みだったと記憶します。



しかし、今回は朝の6時過ぎ、間違ってもそんなことは無い!・・・はず








分岐にある道標には渓谷の道とある・・・やや大きく出たね!
140615jinshin
この分岐辺りが高星と呼ばれる集落



歴史にちょっとだけ興味が湧いてきたのはごく最近の事

誤記があるかもしれませんが




西暦672年の内乱、壬申の乱において大海人皇子(のちの天武天皇)が勝利する

最高の手柄を立てた武家の頭領がここ高屋(現在の高星)で暮らしたと言う。





それでは、二つの集落を抜ける山深い道を映像でもご覧ください


【一部未舗装林道】林道荷阪線~渓谷の道を往く~140615


『日本書紀』にも登場する武家の棟梁が暮らしたとされる集落を通過し
室生古道へと繋がるほぼ9割舗装の林道をひた走る
その歴史は西暦672年の内乱、壬申の乱にさかのぼる
@奈良県宇陀市榛原檜牧(高星)⇒奈良県宇陀市榛原荷阪











※ワッチミー!TVはこちら
容量、軽くオーバーのためUPナシ





♪Music
"Fav Foto"
(ft. Snowflake, Robert Siekawitch)
by copperhead
http://ccmixter.org/people/copperhead

"Keep On Fighting"
(ft. John Louis Kluck)
by Zep Hurme
http://ccmixter.org/people/zep_hurme

"Gargantua"
(ft. My Free Mickey, Martijn de Boer)
by Admiral Bob
http://ccmixter.org/people/admiralbob77

"Sweet Home -rock instrumental-"
by Ivan Chew
http://ccmixter.org/people/ramblinglibrarian

"You left nothing behind"
(ft. Weesp & CDK)
by Scomber
http://ccmixter.org/people/scomber

"ccMixter2014"





これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




そんな歴史深い集落を一瞬のうちに通り過ぎてしまった
140615jinshin








山深い林道にしては落ち葉、陥没など少なく走りやすい
140615jinshin








明らかに人の生活の痕跡を感じると、榛原荷阪の集落に差し掛かった
140615jinshin
どうりで道がきれいなはず、この一本道は予想外の生活道路でした





集落を抜けると極端に道が荒れてきます





ちょっとした空地に道標があった
140615jinshin







竜鎮渓谷へ向かう道
140615jinshin

セローで行ってみたい衝動はすぐに打ち消された!

なぜなら、隣接の高台は集落の墓地なので・・・










増々路面は荒れ
140615jinshin




やがて、先行レポのダートへと変わる

距離:約4.5km、走行時間:約25分

ラストのわずかなダート、明らかに意図的に残されたと思われます

一本道の生活道路、材木などの盗難対策なのでしょう









壬申の乱における高星に関する記述は

原初漢字・古代史研究家の大川誠一さんのブログで非常に分かり易く解説されています。

http://himiko-rekishi.cocolog-suruga.com/blog/

興味ある方はご一読ください







高星で暮らしたと言う武家の頭領は

大伴朴本連大国(おおとものえのもとのむらじおおくに)というお方

天武天皇が行った要職に皇族をつける皇親政治に参加せず

高星で庶民として過ごした理由が良く分かりました







それでは、また。


???













これではちょっとレポが薄すぎますか~



・・・



・・・



・・・






しゃーないな~

ここに来て、とっておきのネタを出してしまいましょう!
(あくまで個人的な)







~年1回あるか無いかのグルメねた~






我が愛妻が若い頃から通ったと言う  (ピチピチだった頃、と書いたらあかんのか?)

何度か夫婦で行って、めずらしく「旨い!」と意見が一致するお店をご紹介します








cafe&お食事 こっとん さん
140615jinshin
平屋建ての長屋を改造したようなお店なので初めての方は見逃してしまいそう








手こねハンバーグ定食がメチャンコ旨い!
140615jinshin
注文するのは夫婦共こればっかりです






フワフワのハンバーグ、箸でつまむのもやさし~く








愛妻曰く:「フワフワや~ん・・・どうやって作るんやろ~?」

(毎回同じ事、よー言うワ・・・出来たためしナシ!)再編集必須






店内にはいろんな団扇が飾られています。

その一角に岸和田祭りのコーナーがあります。

懐かしさもあって尋ねてみると、団扇収集がご趣味とのこと。




平日はタクシーの運転手さんなどが多く、ハンバークが売り切れることも多いらしい

(運転手さんに、「おいしいお店に連れてって!」と言っても案内してもらえないかも?)


お近くにお越しの際は一度お試しあれ

ごっつ、ウマイで~











それで・・・



あの~



実は・・・









ア~レ~! 食べる前に撮るのを忘れてました!
140615jinshin

不慣れなもんで・・・




完食するほどの旨さと申しましょうか?



場所はこちら
奈良県奈良市高畑町

駐車場は前面道路の反対側にあります








それでは、これにて、また



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まんとさん、おはようございます。


> こんばんは~
> これだけの山深いところにまで集落があって生活はたいへんなんだろうなあと感じさせますね。
> 最後のダート部分よりもその前の草だらけの舗装路のほうが危険な雰囲気です。
> 意図的に残されたダート、ゲートで塞がれて関係者以外立ち入り禁止でないだけマシですね。



千数百年も前の集落なんて、現在は影も形もありませんが
屈強な武士が居た地域なんでしょう。

今後普通に朝ツーするならこの道ではなく
仏隆寺前の林道からの方が見晴らしも良いらしいので
こちらから室生寺方面へ向われた方が気持ちいいでしょう。



>
> グルメネタは、室生かと思いきや、奈良のど真ん中、滅多にないnmtr220さんの食レポ、さぞかし美味なんでしょう。「手ごねハンパーグ」要チェッーーク^^)/


グルメねた・・・もう無いですよ(笑)
地元では有名なお店らしいです。

店内で写真撮るのって、ちょっと恥ずかしいですね。
今時はツイッターの「勝手に投稿」でいろいろ問題がありますし。


しかし、アルゼンチンに勝たせてあげたかった!
それでは。


こんばんは~
これだけの山深いところにまで集落があって生活はたいへんなんだろうなあと感じさせますね。
最後のダート部分よりもその前の草だらけの舗装路のほうが危険な雰囲気です。
意図的に残されたダート、ゲートで塞がれて関係者以外立ち入り禁止でないだけマシですね。

グルメネタは、室生かと思いきや、奈良のど真ん中、滅多にないnmtr220さんの食レポ、さぞかし美味なんでしょう。「手ごねハンパーグ」要チェッーーク^^)/






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog