プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2014.07.08    カテゴリ:  寺社・仏閣・史跡 

   【斑鳩の小道】法隆寺脇道ダートを往く~もはや未舗装なら何でも~140702

遠足や修学旅行先でおなじみの奈良・法隆寺
~斑鳩の里にもやさしいフラットダートがありました~







"いかるが" と言えば・・・

大阪南部、泉州出身の皆さんは"いかるが牛乳" を思い出しませんか?

瓶だったかテトラだったか、給食で出たかと記憶します。

アレ、知らない? ハイそれは世代差です)



全く疑わずに奈良の牛乳だと思い込んでいた頃がありました。





暇つぶしにググッてみた

創業者の姓が""(いかるが)だった(小鳥の名前らしい)

なんと大正時代、あの某タウン付近に牧場があったとは・・・



140702ikaruga









余談はさておき、

法隆寺の昔の風景写真を拝見すると、現在の斑鳩の里は住宅が多く建ち並んで

その風景は大きく変わっているようです。




現住から、そう遠くないにもかかわらず

小学生の時に遠足・修学旅行で拝観したので行くことが無い。家内も同じく・・・





法隆寺・南大門にて
140702ikaruga
大きく翼を広げたかの如く、軒先が反り立っております








門内から望む、松並木の参道ストレート
140702ikaruga
小学生の頃に歩いたのかも知れません








今回は寄り道ついで、お寺の北へ抜ける脇道

二上山・葛城山を背景にする五重塔の夕景撮影のポイントを見ておこう!
140702ikaruga


オイオイ、夢殿・・・金堂は?









こんなルートで
140702ikaruga






それでは、古刹へのアプローチと脇道から里への風景を映像でもご覧ください


【斑鳩の小道】法隆寺脇道ダートを往く~もはや未舗装なら何でも~140702


遠足、修学旅行の訪問先でおなじみの奈良・法隆寺
観光コースを離れ脇道から裏通りに出ると斑鳩の里の本来の姿
その脇道ダートを実走し、夕景撮影ポイントへ。
@奈良県生駒郡斑鳩町
Buddhist Monuments in the Horyu-ji Area











※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=403e37bb00779eb6195262ee6cefd0f3





♪Music
Piano Diary
written by "クー助"
http://dova-s.jp/bgm/play1219.html

It's a Beautiful World
written by "Syun Nakano"
http://dova-s.jp/bgm/play1778.html

TVdrama_image4
written by "UG"
http://dova-s.jp/bgm/play455.html





これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




それではまとめ易く順を追って



時刻は午前7時半を過ぎた頃だったか、いつも混んでるイメージの国道25号線から向かう



逆に参道ストレートはガラ空き・・・良かった!
140702ikaruga
南大門前の広場へ乗り付けるのも早朝しか出来ないでしょう

(観光客のいない早朝だから出来たこと、日中はご自重ください)







とにかくお見事!
140702ikaruga








石畳をたどれば中門、左に五重塔,右の大松の背後に金堂
140702ikaruga
今回はパスですよ


右下、「松の馬場」と呼ばれる松並木の参道

拝観の折にはこの並木道を歩きましょう。








手を抜いて、西院伽藍をズームアップするのみ
140702ikaruga
何と申しましょうか、遠近法のバランスも最高の傑作










さて、そろそろ本領発揮?

法隆寺の築地塀(ついじべい)を西に沿って
140702ikaruga


法隆寺の西側に位置する西里、この地区に法隆寺の大工集団が暮らしたと言う。

あの昭和の大修理で有名な棟梁もここで生まれ育ったと聞く









やがて西大門へと辿り着く

せっかく立ち寄ったのでちょとだけ・・・
140702ikaruga









五重塔は上層部から相輪と呼ばれる飾りを見ることが出来た

天平文化の傑作です
140702ikaruga


ちなみに、聖徳太子が創建した法隆寺は一度焼失しているので

現在の法隆寺は聖徳太子が目にしたものとは違うのです。











さ~て、ここに来てようやく本題

脇道ダートを歩くような速度で・・・
140702ikaruga








なんやかんやと普通のダート、ココもオフ車じゃなくてもOK?
140702ikaruga

おそらく町道なんでしょうか?

法隆寺築地塀のメンテと、周辺からの延焼防止の役割もあるのではないかと思います






距離はほんのわずか、すぐに行き止まりの広場(転回帯?)に出ます。

進む方向は「車両の通行は遠慮せよ!」との表示があります

農家の方の軽トラがあると通行出来ませんので車での通行はやめましょう!





バイクなら良いかと・・・
140702ikaruga
電柱も小屋も無い水田が広がる農地、なんだか懐かしい










ソロリソロリと進み最終目的地に到着

五重塔方面の夕景撮影ポイントである天満池
140702ikaruga
石仏さまが目印です









天満池は西暦1100年頃に築造された平安時代後期のため池
140702ikaruga
今やキッチリと整備されておりますが・・・




夕景撮影ポイントなのに朝やってくるマヌケっぷり

さてちゃんと見えるでしょうか?











なんか・・・遠いね。
140702ikaruga
しかし電柱と電線が・・・後方の二上山も霞んで・・・








精一杯ズームアップして余計なものをカットして
140702ikaruga
夕日が沈むのは山の向こう、夕方なら余計なものが消されるのかも知れません。









メインのダートより、その他もろもろの画像ばかりであしからず!

夕日の撮影に再訪するかどうかはやや微妙ですが

懐中電灯でもないと、あたりは真っ暗になることでしょう。













最後に、天満池の傍にある斑鳩神社

天満池の名の由来はこのお宮さんにあったようです。
140702ikaruga







この後もう一つのメイン、生駒・平群方面へ向かいますが

またそのうちに





それでは、また



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
bajaさん、こんばんは。

> まいどです。
>
> 三角形のやつ、ストロー使わず飲んだりしてましたよ。

そう、昔、三角形のテトラ型の牛乳やコーヒー牛乳、あったでしょ。
さすがに地域がちがうのでいかるが牛乳は無かったでしょうね。





>
> ガランとした伽藍がお見事。
>
> 早朝の空気感ってエエですね。
> 子供が小さい頃、車中泊で古都めぐりしたのを思い出しました。

おやおやそうですか。
あちこち連れて行って上げていたんですね。
しょっちゅう来ることは無いですが、たまに行くと新鮮で良い所ですね。
奈良に住んでほぼ25年、最近になって寺廻りしております。
それでは。
まんとさん、こんばんは。
ここも寄り道ですが、相変わらず普通に走らないでしょ(笑)


> こんばんは~
> いかるが牛乳ありましたね~
> 瓶のイメージです。あれ大阪だったのですか~

いかるが牛乳、知ってる世代で良かった!



>
> 国宝シリーズですね。
> 法隆寺の脇道のダートまで見つけてしまうなんて、
> nmtr220さんの後にはペンペン草も・・・
> 撮影ポイントは電柱が惜しい。そして遠い(笑)
> 奈良で五重塔といえば興福寺が一番有名なのでしょうかね~

遠いところはなかなか行けないので
行くところ無くなったら田んぼのあぜ道でも突っ走るかも(笑)
法隆寺は金堂と夢殿でしょうかね。
五重塔は興福寺が近づいて真下からも見えるので立派ですね。

撮影ポイント、写す技術も道具もないのでたぶん行かないでしょう(?)
それでは。

まいどです。

三角形のやつ、ストロー使わず飲んだりしてましたよ。

ガランとした伽藍がお見事。

早朝の空気感ってエエですね。
子供が小さい頃、車中泊で古都めぐりしたのを思い出しました。


こんばんは~
いかるが牛乳ありましたね~
瓶のイメージです。あれ大阪だったのですか~

国宝シリーズですね。
法隆寺の脇道のダートまで見つけてしまうなんて、
nmtr220さんの後にはペンペン草も・・・
撮影ポイントは電柱が惜しい。そして遠い(笑)
奈良で五重塔といえば興福寺が一番有名なのでしょうかね~







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog