プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2013.04.14    カテゴリ:  未舗装路・林道 

   Revenge the "YANOKO"~市道矢ノ川線を逝く~130410

リベンジ・ザ・ヤノコ
~昨年の無念を晴らすための再訪、機は再び熟した!?~




矢ノ川峠にある石碑から
130410yanoko



 冬の日の
  ぬくもり
     やさし
     茶屋のあと
稲田のぶへ 眠る




130410yanoko




オフロードを愛する二輪・四輪乗りが挑む矢ノ川峠



昨年3月、記念すべき未舗装路走行開始の1本目にご指名

満を持してチャレンジするも無念の途中リタイヤ



今回は昨年の教訓を生かし、体力温存のため

寄り道ナシの直行便やのこに参上しました。
130410yanoko





昨年見た風景に、当時ほど不安は感じなくなった
130410yanoko
ほぼ岩盤の上を走る路面は、スピードを出さない限り転倒の可能性も少ない





やっと到着した峠の広場、ようやく目にすることができました。
130410yanoko

この日、眼下に広がる熊野灘の風景は黄砂で霞んでいました





国道42号線と市道矢ノ川線分岐から矢ノ川峠まで、全長約9㎞の道のり

全線ノーカットでの撮影を予定するも痛恨の撮影ミス

垂れ枝にやられて途中停止してしまった。あ~残念!



もう一度来い!と受け止めます



それでは、痛恨の撮影ミスですが映像でもご覧ください


Revenge the "YANOKO"~市道矢ノ川線を逝く~130410

オフロードを愛する二輪・四輪乗りが挑む矢ノ川峠(やのこ峠と読む)
1年ぶりのリベンジは、峠まで到達するも痛恨の撮影ミスで到着シーン無し

上りは「矢ノ川隧道」を過ぎたところまで、下りをその隧道まで
34分もの長い映像ですが、極力ノーカットでお送りします。
04/10時点での映像ですが、訪問時の参考にしていただければ幸いです。
@三重県尾鷲市








※今回、ワッチミー!TVは容量超えでアップロード不可でした



♪Music
"MELVIN INTERLUDE"
by MELVIN CLARK
http://bocrewofficialwebsite.bandcamp.com

♪BGM
"あの日の空"
by SAM
http://sam-free.com/



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV







お決まりの規制表示ですが、おじゃま致します
130410yanoko


「あえて排除はしないが、トラブル等は一切責任をもちません」

マジックで後書きされた文字もうっすら残っていました

了解です!!





道のりはやはり険しい
130410yanoko




壊れた砂防ダムの所も昨年のまま
130410yanoko




矢の川峠開削記念碑も健在
130410yanoko
昭和15年に開通




岩盤むき出しの素掘りトンネルも「すばらしい!」
130410yanoko
上りの順番はZ方向に並べています




ラストは矢ノ川隧道
130410yanoko
文字のバランスも当時ならでは




トンネルを抜けると、そこには超ビックリ
130410yanoko
徒歩で峠を目指すハイカーさんが居ました




枝道への分岐案内
130410yanoko
急に新しく見えるが、それだけ人気のコースなんでしょう




写真上が林道八十谷線で三木里方面、下が峠方面
130410yanoko
ご親切にも通行不能の追記がある




ハイカーさんが手を加えてくれたのか、石の縁石
130410yanoko
下は、某所の先達の方の映像にもあった、謎の林道

体力が残っていたら視察に向かいたかったが、次回の宿題に残しておこう





ようやく、とうちゃこ~!
130410yanoko




峠の石碑と、今では読み取れない石膏かセメント板の案内版
130410yanoko




熊野灘を見下ろします
130410yanoko




絶景かな!!
130410yanoko



130410yanoko






ラストはこちら
130410yanoko
この地から遠く彼方の富士山撮影に成功されたらしい





この日は平日にもかかわらず5人の来訪者を見かけました。

映像にあった2人の男性ハイカーさんのほか

実食中にランクルに乗ってやってきてすぐ引き返した方


残る2名が女性だった。

撮影ミスの場面でしたが、とろとろ上る軽トラを追い越したのだが

ちらっと女性二人組だったので気になって立ち止まり挨拶がてら表情を見た


軽トラで上ることすら無茶のように思うが、

峠で声をかけると高峰山にハイキングに向かうとのことで安心した。

遅れて到着の男性ハイカーさんも心配されていたので、思い過ごしだったと伝えると

安心されたようでした。


あと、地元在住の男性ハイカーさんに強く勧めていただいた熊野古道センター

次回の宿題とさせていただきました。

(矢ノ川峠に関係する展示があれば立ち寄ったのですが・・・)



次回の訪問は、いくつかある枝道を探索に来たいですが、

峠を越えた旧道コースは相当険しいようですので私の射程範囲外でしょう。





それでは、また



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
のりまきさん、こんばんは。

走りやすいフラットばかりですが、ぼちぼちですがやりたいことも見えてきました。
そもそもセローに乗り換えたのは道を選ばず走るためでした。
薄く広く経験しようと思っています。

> 軽トラとは言え四輪で行くなんて、すごい勇気だな。
バイクでは狭い道でもへっちゃらですが、
車では逆に混んでいても広い方へ・・・車の運転もおっくうになりました。

こんな過去の生活がうっすら感じられる古道・旧道はいいもんですよ。
役に立たないような豆知識も得られます。(笑;
それでは。
オフ車に乗り換えて、こんな道でも行けるようになったのか~と、感心しながら見ました。この道に突っ込む気にもなりません。
軽トラとは言え四輪で行くなんて、すごい勇気だな。
楽しませてもらいました。
まんとさん、こんばんは。

しつこいですが、また行ってきました。
> というか、特に苦もなくスイスイ到達していたようにも見えましたが。
速度は自転車並み、こんなにゆっくり走っていたら
世間のオフ乗りさんには面白みに欠けますね。

> 私もいつか行きたい、そのときは参考にさせてもらいます。
> 鍋焼きうどん持参で。(笑)
20代の若者でもないのに貧乏臭くて申し訳ないです。(泣;

私もしつこく全線撮影と枝道探索にまた行きます。
それでは。
こんばんは〜
去年のリベンジ果たしましたねー。
おめでとうございますぅー。
今までの一年間の苦闘が実りましたね。
というか、特に苦もなくスイスイ到達していたようにも見えましたが。

私もいつか行きたい、そのときは参考にさせてもらいます。
鍋焼きうどん持参で。(笑)
SevenFiftyさん、こんばんは。

> 道路は荒れていますね。
> ガードレールも無いし落ちたらアウトです。
> でも面白そうと思っちゃいます。
> イーハトーブでこんな道走りたかったですよ。
> 素掘りのトンネルも行きたい。

ロードタイヤですし、スピードを出せないので逆に安全なのかもしれませんよ。
1時間くらいで来れたらしょっちゅう行きたいところですが
3時間半ほどかかってしまうのが悔しい・・・

> それにしても人がいるのには驚きました、歩きなんですね。
登山のコースだったとは、ハイカーさんに聞くまで知りませんでした。

軽トラの女性2人連れにはビビらせてもらいました。
あちらも変なおっさんライダーに超警戒して、荷台の荷物をせっせと座席に移していましたが・・・

> 結構足腰が筋肉痛になりそうだ。
正直言って、もうこんなことが出来るほどタフじゃありません!
次の日は廃人みたいになってました。(笑
それでは。
bajaさん、こんばんは。

> たくさんの方が訪れていて賑やかだったんですね。
> あらためて動画見せてもらいましたが、やっぱり道よーないの~笑~
そちらは何度も行かれたんでしょうねー。
やっぱり普通の道じゃないですよね。ピストンですし・・・
しかし、へたにぬかるんだり穴ぼこ空いた道より走りやすいかも知れません。

> 私も峠へ立った時は、バスの行き交う賑やかだった頃の峠や茶屋のモノクロ写真が重なって、満足感が倍増しました。
>
> いや~ええトコですね。
熊野古道センターに昔の写真があったら立ち寄るつもりでしたが
地元ハイカーさんに聞くと、今は無いそうなのでパスしました。

この後、R311に向かいました。九鬼漁港がなんだか良かったです。
それでは。

こんばんは。
SevenFiftyです。

道路は荒れていますね。
ガードレールも無いし落ちたらアウトです。
でも面白そうと思っちゃいます。
イーハトーブでこんな道走りたかったですよ。
素掘りのトンネルも行きたい。
それにしても人がいるのには驚きました、歩きなんですね。

結構足腰が筋肉痛になりそうだ。
nmtr220さんはどうでしたか。
まいどです。

たくさんの方が訪れていて賑やかだったんですね。
あらためて動画見せてもらいましたが、やっぱり道よーないの~笑~

私も峠へ立った時は、バスの行き交う賑やかだった頃の峠や茶屋のモノクロ写真が重なって、満足感が倍増しました。

いや~ええトコですね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog