プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2013.02.17    カテゴリ:  風景・風情 

   【名瀑訪問】龍王の滝 130126


京都・南部の名瀑を訪問
人里離れた静かな山中で轟音を響かせます




万灯呂山ネタ、まだまだ引っ張ります・・・





とその前に、再び小ネタ(?)をひとつ




先日、ウトウトし始めた午後の業務中・・・


♪ブルブルッ、ブルブルッ、 携帯のバイブで目覚める・・・


奥さまのメール:「全滅や!」 お怒りの絵文字が並ぶ

(また誰かお亡くなりかと思いきや、そうではない)


(大きく省略)


複数の合否通知:「・・・、不合格となりましたので通知します。」

文字通り全滅、予想通りの結果である!



わたくし:「しゃーないやん! そら、勉強せーへんかったら受からんワノ~!」


幸い、年末のすべり止めは受かっていたので

「行くとこあってよかったやん!」ホンマやで・・・



そう、あれはバレンタインデーの日、不本意ながら不合格祝いとなりました。



(多くを語らず)


今の就職難の時代を憂いながら

我が家のお受験は、全者全行程終了致しました!







さて、やっと本題

万灯呂山周回林道に入ってすぐのところ、名瀑があるので見に行ってきました


龍王の滝への案内
130126ryuuou
ここを滝まで50m下る(ハァハァする程でもありません)



祈雨と言えば龍神さま、日照り続きの時は雨乞いの神事が行われていたそうです
130126ryuuou



それでは、ハァハァのない轟音と名瀑を映像でもご覧ください


【祈雨と轟音の直瀑】龍王の滝130126

井手町多賀の観光農園:山城多賀フルーツラインの先
人里離れた奥深い静かな山中で、水の音が満ちている場所があります
落差約13メートルの直瀑は、轟音を響かせていました
@京都府綴喜郡井手町多賀








※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=afe5f98c20cf687d62bdccb6e2b8f136



♪Music
"Little symphony" , "Orchestral Section"
by Karstenholymoly
http://ccmixter.org/people/Karstenholymoly
"ccMixter2012-13"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




整備された階段を下ると、徐々に滝の水音はボリュームを上げてゆきます


直接正面から見るには、岩場を降りて対岸へ渡る必要があります
130126ryuuou
大したことはない岩場です



130126ryuuou



落差約13メートルの直瀑
130126ryuuou



三方崖に囲まれて滝の音が反響します
130126ryuuou





訪れる人もそう多くはないと思われる、京都・南部の名瀑でした
130126ryuuou



それでは、また


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
SevenFiftyさん、こんばんは。

> わたしもエンジンかけっ放しだと思いました。
> ヘルメット被ったままなんでしょうか。
ヘルメットは撮影のためですが、かけっ放しはすぐ戻るつもりでして・・・

足の具合が良くなかったですね。
でも、ここは大したことはありませんでした。
ハァハァもありません。
夏場の水浴びに良さそうなところでした。
それでは。
のりまきさん、こんばんは。

そちらとは違い、親譲りで出来が悪いんです。
3,4年後のリクルートシーズンはどうなっているのか・・・
長男は、イイ職が見つから無かったら院に進むそうですが、
今の時代、院生はかえって出遅れ組になるようです。

滝口で修行でもしましょうか(笑)
それでは。
こんばんは。
SevenFiftyです。

わたしもエンジンかけっ放しだと思いました。
ヘルメット被ったままなんでしょうか。

これはわたしは絶対に行けません。
足が悪いので階段とか急坂の上り下りは転ぶ危険があるんです。
実際に転んでしこたま痛い目に遭っているので行きたくとも安全を考えると近づけないです。
お受験は親も気になりますね。我が家は僕ら夫婦もそうだったので子供達もみんな中学受験組でした。小学校の時は、塾の送り迎えなど費用も時間も費やしましたが、それ以降は本人たちが勝手に志望校を決めて大学や院などに進学して行き、結果報告を受けるだけで楽をしました。中学受験の一喜一憂を思い出します。今思えば、楽しい思い出です。
滝の音は山の音でもありますね。音に惹かれて、見に行っちゃいます。たいてい、どうってことないのですが、祠があったりしていいとこだなあとホッとします。
まんとさん、こんばんは。
やや業務多忙で同じとこばかりの話題ですいません。

> 私もエンジンかけっぱなし?と思いましたよ~
再始動の不安から、ほったらかし癖がついてしまってます。
いけませんね。

> あのカエルはドス黒くて妙にリアルですねー。
鋳物ですねー。プロの技でしょう。
職人さんの腕の見せ所だったのでしょうかね。
それでは。
こんにちは~
私もエンジンかけっぱなし?と思いましたよ~
対岸に渡ると綺麗に見れるんですねー。
私は階段をおりたところで???となってました。
あのカエルはドス黒くて妙にリアルですねー。
bajaさん、こんばんは。

そちらの名瀑の数々に比べたらちょっとショボイでしょう?
夏場ならヒンヤリして良いんでしょうね。

> ほんで、「え~、エンジン掛けたまま」って思わず呟いてしまいましたよ。
変な癖です。ついついそのまま場を離れます。
そのうちに盗まれたり・・・
それでは。
こんばんはです。

いや~大好物です。
行場のような、滝ロケが面白いですね。
しかも、けっこうな階段で。。。

ほんで、「え~、エンジン掛けたまま」って思わず呟いてしまいましたよ。











トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog