プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.11.21    カテゴリ:  寺社・仏閣・史跡 

   【古刹訪問】春木の西福寺~紀州街道 岸和田の菩提寺~121103

かつて参勤交代に利用された大阪と和歌山を結ぶ紀州街道に沿う
~寺門前参道の見事な松が参拝者を迎えます~




11/03のおはなし (バイクネタではないですが・・・)


所用のため実家へ向かった際、岸和田 春木の西福寺に立ち寄りました。
121103saifukuji



代々檀家であったそうですが、それを知ったのは最近のこと。

(ご先祖さんも呆れ顔)



寺門前参道の見事な枝ぶりの松は風情があります
121103saifukuji
時代劇風の参道です



この紀州街道

記憶では、風情のある古い家屋が建ち並んでいたはずだと思うのだが・・・今や

それよりも道の狭さが際立ちます。

車での離合は、一方が止まらないと難しい幅員は昔のまま。

(狭い道好きのわたくしですが、車では御免です)




室町以前に創建されたと云う阿弥陀仏を本尊とする浄土宗の本山寺、だそう。
121103saifukuji
(昔は若かった)我が愛妻にお願いするも、バックショットのみのお許し・・・



わたくし:「うちは、浄土宗やったんか~」、とつぶやく

愛妻:「・・・、アフォちゃう~」




こんな話題ですので映像は旧作となりますが、良かったらご覧ください


njさんの楽曲をバックに2本ほど


【街道紀行】旧和歌山街道~珍布峠~110330

国分け伝説の里・義経と静御膳の面影偲ぶ伝説の地へ
そんな峠道を等速でお送りします。
@三重県松阪市飯高町宮前⇒同、赤桶





※楽曲の使用承諾を得ていますが、何故か広告が現れます(-゛-メ)


♪Music
"しわくちゃの手"
"ら、さくら(2011)"
Written & Performed by nj (エヌジェイ)
"nj's site kiss & hug"
http://nj-pop.jp/

♪ ASOBEAT
http://www.yonao.com/asobeat/





Green forest road~高良城林道~青山高原下り110629

完全舗装の高良城(こうろぎ)林道の下り、距離≒10㎞・標高差≒500m
@青山高原・笠取山→三重県伊賀市上阿波マデ





♪Music
"100年の恋がさめるころ"
"ハッピィケンキュウジョ"
Written & Performed by nj (エヌジェイ)
"nj's site kiss & hug"
http://nj-pop.jp/




これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




寺務所の横にある水平に伸びるアカマツも有名だとか
121103saifukuji



こちらは納骨堂 
121103saifukuji
トグロを巻いた迫力のある龍の天井画が描かれています


興味ある方はこちらを

岸和田のむかし話

西福寺の鎌上人(春木)




こちらが本堂です
121103saifukuji
立派なご本尊、阿弥陀如来座像が安置されています



境内には誰もいません。初老に片足突っ込んだ夫婦のみ・・・

最近の子供達は今やここが遊び場では無くなったのだろうか・・・

もう帰ります。



年寄くさい話題でした・・・

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まんとさん、こんにちは。

実はろくな用事じゃなかったんですがねー。
付き合いの良い家内が来てくれただけのこと。

> そして立派なお寺の檀家さんなんですねー。
別段今は長い戒名に魅力は感じてませんが、先はどうか・・・

> 私も昨年親を亡くしてから町内のお寺さんに親しくしていただいてますが、地元なのでご近所の檀家さんどうしの付き合いが嫌で檀家になるのはやめています。
人のお世話は難しいもので、お寺の世話人はだいたい仏壇屋さんや石材屋さんが多いとか。
年寄くさいが年寄なのでもういいでしょうかね。
それでは。

こんばんは~
めずらしく、ご家族登場してますね~(^^)/

そして立派なお寺の檀家さんなんですねー。
このようなお寺で人の気配がないのは少しさびしいですが、今の子供たちは家でゲームでもしているのでしょう。(充電ができるコンセントがあれば、集まるかも)(笑)


私も昨年親を亡くしてから町内のお寺さんに親しくしていただいてますが、地元なのでご近所の檀家さんどうしの付き合いが嫌で檀家になるのはやめています。

ごきげんさん、こんばんは。

いろいろよくご存じですねー。
知らないことだらけで、地元で恥をかいています。
この辺ことの世話好きの方々はもう逝かれて身内で聞く人もいなくなったので
調べに行った次第で・・・

こんなお寺に永代供養してもらうには相当お金を納めないとだめらしいですね。
親父の代からはおろそかになっていたようです。

幸い、私は地元を離れているので助かっています。

> お寺との付き合いは大変ですね。
たぶんお付き合いは私の代で終わるかもしれません。
ご先祖さんに怒られるでしょうね。
それでは。
こんばんは。

お寺はいわゆる檀家料が安いところがいいですね。
代がつづいてくると、
知らない人?(一応ご先祖さま)の百何十回忌とかでてきて、
お経をあげてもらうほか、(会食をしない場合)お膳料もいりますし・・・

朱印集めをしていたおり、
浄土宗のお寺にお邪魔したのですが、
それが、
法然上人800年遠忌を控えた時期で、
寺務所に「各檀家より金3万円」集めよ!
との本山(知恩院からの)指令書?が貼ってありました。

だいたい50年おきに遠忌があるので、
車やバイクの車検同様、それを見越してお金は除けておかないと、
お寺との付き合いは大変ですね。
だんじりくんさん、こんばんは。
> 春木にこんな立派なお寺があったのですね~
> 知りませんでした。(笑)
古いお寺はたくさんありますし、ここは見逃しやすいところにあるんですよね。
この日も行き過ぎでUターンでした。

> よくこの道は通るんですがね~
車で乗り付けましたが、ここは狭いですねー。
それでは。
こんにちは。
春木にこんな立派なお寺があったのですね~
知りませんでした。(笑)
よくこの道は通るんですがね~
周囲に住宅が立ち並んでしまうと、見えませんもんね~
一度、地元再発見の旅もやらないとダメですね~
bajaさん、こんばんは。

> 里帰りされたんですか~奈良からだと、そう遠くはないのかな。
空いてたら高速で1時間ほどなのに、盆正月だけ・・・

> 子供の頃は、こういった広い所で遊びましたよね。
小学生は皆休みなのにどこで遊ぶんでしょうかねー。

いつかは紀州街道を通しで走り抜けたいと思っています。
それでは。
SevenFiftyさん、こんばんは。

> アーケードがある商店街が見たかったです。
肝心の祭りには相当前から帰ってないんですよね。
見ても面白くないんです。参加しないと・・・

> 何せ街派ライダーですからね。
えっ、そうでした?違うでしょ(笑)
それでは。

のりまきさん、こんばんは。
> このお寺の過去帳に、ご先祖様の流れが載っていますね。
おっしゃる通りで、目的は過去帳を見ていただくための訪問でした。

古くからの土地は、いろいろあるみたいですねー。
自分の意思とは反して・・・
それでは。
こんばんは。
里帰りされたんですか~奈良からだと、そう遠くはないのかな。

岸和田のむかし話で、広い境内と地域の為の由緒あるお寺さんだったようですね。
子供の頃は、こういった広い所で遊びましたよね。


こんばんは。
SevenFiftyです。

>所用のため実家へ向かった際、岸和田 春木の西福寺に立ち寄りました
岸和田ですか!
アーケードがある商店街が見たかったです。
何せ街派ライダーですからね。
このお寺の過去帳に、ご先祖様の流れが載っていますね。
我が家は、3男の父が北関東から大阪に出てきているので、お寺さんとの付き合いは父の戒名からです。お墓の墓誌にも両親の名しか刻まれておらずこれからです。
長く続く父親側の本家が近所だったら、菩提寺の過去帳を調べてルーツを辿るんだけどな。いいなあ、岸和田は古くから歴史のある土地なので、もし我が家だったら歴史好きの血が騒ぎます。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog