プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.10.20    カテゴリ:  Narrow Road 

   Narrow Mountain Road~滋賀県道522号線と岩谷山仙禅寺~120825

陶芸の街・信楽の山中に鎮座する秘仏への道
~この険道は抜け道でも近道でも何でもありません~




「まだ続けるんかいな~」と、あきれ顔が目に浮かぶような秋も深まった今日この頃

またまた古ネタ小ネタですが、よろしくお付き合いの程をm(_ _)m




山城国、あの鷲峰山金胎寺の別院として、信楽の山中に鎮座する古刹

岩谷山 仙禅寺(いわやさん せんぜんじ)参拝に向かいました。

120825r522iwaya
ハァハァゼーゼーすることも無く・・・




「木がくれて 茶摘みもきくや ほととぎす」 (木隠れて茶摘みも聞くやほととぎす)
120825r522iwaya
元禄七年(1694年) 松尾芭蕉 51歳の吟

「今ごろは、茶畑の茶ノ木に見え隠れしながら、茶摘女たちもホトトギスの声を聞いているのであろうか」

即興で吟じたものではなく、心の中に思い描いた一句とのこと




出発は滋賀県甲賀市信楽町畑
120825r522iwaya
ここから滋賀県道522号田代上朝宮線の狭小険道区間を抜けて行きます。



こんなルートで・・・
120825r522iwaya




それではお寺周辺の様子を走行映像と共にご覧ください


Narrow Mountain Road~滋賀県道522号線と岩谷山仙禅寺~120825

陶芸の街・信楽の山中に鎮座する秘仏への道
異常気象時通行規制される、狭小険道区間を抜けて向かいます
@滋賀県甲賀市信楽町畑⇒同 上朝宮







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=0896b5d09beb8f3d207b6e50b5534642




♪Great Music♪
"This Is Everything"
"The Gloaming"
on the album titled "The Wake"

written, performed and produced by Josh Woodward
http://www.joshwoodward.com/



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




異常気象時の通行制限、基準の表記が無いのは現場・現況合せか?
120825r522iwaya



この頃は見慣れた小ぶりの茶畑のある風景を抜ける、谷筋に入って行くと

岩谷山 仙禅寺、通称:岩谷観音があります
120825r522iwaya
辺りは高木に囲まれて陽の光が届かないのか、薄暗いところです



さすがは茶所、発祥の地を詠う石碑
120825r522iwaya
芭蕉の句碑はこの隣にあります



山の斜面にへばりつくように建てられた、懸崖造りと呼ばれる本堂
120825r522iwaya
養老7年(奈良時代)に創建

卍のあるケラバ垂木の奥に磨崖仏があったそうですが、暗くて良く見えなかった。



ご本尊の十一面観音立像は左奥に安置されていますが
120825r522iwaya
秘仏とされているため、拝むことはできませんでした

右奥の岩盤は蜘蛛の巣がいっぱいで遠慮しました。




詳細はこの案内板で
120825r522iwaya



お近くにお越しの際は是非。



つたない古ネタレポでした

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まんとさん、こんばんは。

帰り道に走った道、肝心の磨崖仏は良く見えなかった。
懸巌造りの本堂は地元の宮大工さん作のような感じでした。

> 路面も砂が浮いてる微妙な道、
> むしろダートだったらみんなこぞって走りに行くんでしょうね~
わざわざこんな狭い道を走らなくても広い道があるんですがね。
狭い方が好きなので仕方ありませんね。
それでは。
bajaさん、こんばんは。

同じ道を帰らずあちこち寄り道まわり道でした。
この道はお茶栽培の農家の方専用みたいな道で、
広い迂回路はあるんです。

> バイクを降りる時、足がひかかるのは私も同じです。
ママチャリのように乗り降りできたら楽なんですねどね。
足つきが良いと言われるセローでこのありさま。
常に安定感がありません。
それでは。
これはまた、聞いた事のないお寺登場ですねー。
そしてお寺っぽくない建物で特徴的です。

路面も砂が浮いてる微妙な道、
むしろダートだったらみんなこぞって走りに行くんでしょうね~
こんにちはです。

地元の方の生活道といった感じでしょうか。
このような文化財を実目し色々知るのは楽しいですね。

バイクを降りる時、足がひかかるのは私も同じです。
SevenFiftyさん、こんばんは。

> 道が狭くなってから良い感じです。
単なる帰路の道程レポでしたが、小さくて暗い感じのお寺でした。

> 紅葉ツーリングなんてするのでしょうか。
今日ちょっと近場徘徊しましたが、紅葉にはまだ早く、日中は汗だくになりました。
朝晩は寒いのに・・・
それでは。
おはようございます。
SevenFiftyです。

道が狭くなってから良い感じです。
対向車の心配はあるけど、このくらいの道ならイーハトーブでも良さそうです。

10月も後半、紅葉も見ごろになってきますね。
紅葉ツーリングなんてするのでしょうか。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog