プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.09.08    カテゴリ:  寺社・仏閣・史跡 

   【重文訪問】太神山不動寺プチハイク~Visit the Important Cultural Asset~120825

太神山(たなかみやま)の山頂にある天台宗・不動寺
~やや厳しい参道を登った先には見事な舞台造りの本堂がありました~




前回の林道走行の続き・・・




滋賀県大津市、東海自然歩道でもある湖南アルプスのハイキングコース

太神山林道の終点には太神山不動寺(たいじんさんふどうじ)の参道があります。



某サイトによれば、境内までバイクで乗り入れ出来そうなことを・・・
120825fudouji
「自動二輪」とハッキリ書かれてはどうしようもない。

さては、バイクで乗り入れて、さぞやご迷惑をお掛けした輩がおったか




ここはひと歩き、プチハイクと行きましょう!
(そのために毎回トレッキングシューズを履いているのだ



参道の手前にある休憩所にバイクを置いて、いざ。
120825fudouji
セロー殿なら楽々なのにね~



な~んや、600mやて・・・しれとるがな!? (ホンマかいな)
120825fudouji
雨が降ったらどんなことになるのだろう?



引き返す機会を逃し、ようやくたどり着いた境内
120825fudouji
見事な枝ぶり、これは桜の木か。




境内を奥へ奥へと進み、急な階段をフラフラになって登ると

思わず「オー!」と、うならせる本堂の土台の木組みが見えてきます
120825fudouji

普段歩き慣れていないので、やや後悔しながら登って来ましたが

来た甲斐がありました。



それでは参道から境内の様子を映像でもご覧ください


【重文訪問】太神山不動寺プチハイク~Visit the Important Cultural Asset~120825

太神山(たなかみやま)の山頂にある天台宗・不動寺
山頂の巨岩に張り付くように建つ本堂(重要文化財)は、檜皮葺の見事な舞台造りでした。
創建:平安時代前期
@滋賀県大津市田上森町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=5e8e23253a546dd5921f08572941a522


♪BGM
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




登りの終盤は激坂、セロー殿で乗り付けていたら確実にバチが当たったことでしょう
120825fudouji




登りの途中、ポンプUPされた湧水が振舞われています
120825fudouji



山登りで良く見かける先輩方、あの山この山へと登っておられるが

同年代になって同じように出来るかどうか、不安なところです。





やがてかろうじて やっと着いた! 
120825fudouji
安心したのも束の間の事、この先まだまだ・・・




ここで本堂の案内があります。詳細はお読みください
120825fudouji
愛煙家としては、「もやすまい、みんなが来る山歩く山」こちらの方が目に付きます




境内奥の広場。ここで護摩供が行われるのでしょうか
120825fudouji




激しく燃える炎を背後にした不動明王
120825fudouji
わたくしのあれやこれやの煩悩も焼き尽くしてくださいまし~っと



全く人の気配が無いのは、マジの通行止めだったのかも知れません。

ここからまたしても急な階段、心細さMAXで登ります






さすが本堂、重文指定されるのも当然のこと
120825fudouji



木組みもしっかり拝見
120825fudouji



本堂の中は真っ暗。ややビクビクして参拝
120825fudouji



白い歯がニヤケ顔に見える像・・・即本堂を出ます
120825fudouji
(また怒られるか)




本堂からさらに階段を登ったところが太神山の山頂付近

大きな岩のゲートをくぐってラスト
120825fudouji



日本古来の伝統である山や磐座(いわくら)をご神体とする自然信仰は、ここ太神山の山頂付近にある巨岩も同じく。

平安時代前期、円珍(えんちん)と言う名僧が寺を建立したのが始まりらしく

なんと、この名僧:円珍、あの弘法大師空海の姪にあたる母を持つお方とのこと。





本来メインコースは別のルートで、泣き不動・迎え不動などを見て本堂に向かうのがよろしいようです。

参道の勾配は、特にオフ乗りさんには面白い登りだったことでしょうが

参拝者にとっては迷惑なこと、通行禁止は致し方ないでしょう。




120825fudouji


山頂の巨岩上にそびえる重要文化財の本堂、舞台造りの木組みはお見事でした。

それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
bajaさん、こんばんは。
もうそろそろ涼しくなる頃、行動開始といったところでしょうか?

> いや~ここは凄いパワースポットでしたね。
真っ暗な本堂で写真を撮ったら仏像がニヤケ顔、鳥肌物です。

> 気楽にダートライフ...も絶好調で。
あまり無理しすぎると引退の時期が早まりそうです。(笑)
それでは。
こんばんは、お久しぶりです。
スッキリしない天候が続きますが、お元気...そうで。

いや~ここは凄いパワースポットでしたね。
気楽にダートライフ...も絶好調で。
SevenFiftyさん、こんばんは。

> 重文訪問は十分しんどそう。
こりゃまたウマイ!

> おっさんの一人あえぎ声の動画を、自宅でシャツとパンツ姿のおっさんが見るなんて痛すぎますからね。
ご無礼を致しました。
今にこういうネタも欲しくなるようにしてさしあげましょう。
それでは。
まんとさん、こんばんは。

長距離は走る元気がないので近場をうろついております。

> こちらも、かなりしんどそうなので、
> 動画で行った気分になっときます。(笑)
そうでしょうね。
近々にまた行きたいかと言われると、?です。

毎度毎度の徘徊ネタでした。
それでは。
こんばんは。
SevenFiftyです。

重文訪問は十分しんどそう。
今回の動画は全編BGMがあって良かったかもです。
本当は息もハァハァゼィゼィなんでしょうね。

おっさんの一人あえぎ声の動画を、自宅でシャツとパンツ姿のおっさんが見るなんて痛すぎますからね。
こんばんは~
いや~なんで二輪車進入禁止なのかと思いきや、超急坂なんですねー。
上に着いたら、さらに今度はちゃんとした階段があって、
心が折れそうになりますねー(笑)
それでも、見ごたえのある本堂と、岩くぐりがあって
そこまで上がっていったかいがあるというもんです。

こちらも、かなりしんどそうなので、
動画で行った気分になっときます。(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog