プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.07.01    カテゴリ:  風景・風情 

   【木津川ブラ散歩】上狛の高麗寺跡と木津川の沈下橋120623

国道163号線に並行する木津川沿いをブラ散歩
~木津川の沈下橋を2本、気が済むまで往復してみた~




某ライダーさん方の記事を参考に、怖いもの見たさで木津川の沈下橋へ

写真を拝見していると思わず、むぎゅ~~~~~~~としてしまいそうな・・・(カラテカ矢部さんのように)


そう、最も気を付けないといけないことは

ズルッ  ・・・

ポテチン ・・・

ドッボ~ん・・・





それでは、今回もついでの史跡訪問とのコラボで綴ります



まずは途中に寄り道した上狛の高麗寺跡(こまでら)から
120623kizu



ココは国道163号線から田園地帯に少し入ったところ
120623kizu



田んぼのど真ん中にポツーンと。 ケヤキの巨木が目印です。
120623kizu
@京都府木津川市山城町上狛高麗寺森ノ前




史跡訪問もササッと終え、1本目の沈下橋へ

まずは潜没橋(せんぼつきょう)

120623kizu



気が済むまで往復3セット、いい加減に打ち切って

120623kizu





続いて恋路橋(こいじばし)

120623kizu
こちらは縁石なしのカマボコ路面です



何やらロマンチックな名称ですが、後ほど・・・

120623kizu



いずれも地元住民の方々の生活道路

優先順位をわきまえて静かに訪問したいところです。




川面が近い沈下橋、走行映像でもご覧ください


【木津川ブラ散歩】上狛の高麗寺跡と木津川の沈下橋120623

国道163号線に並行する木津川沿いをブラ散歩
~木津川の沈下橋を2本、気が済むまで往復してみた~
@京都府木津川市山城町上狛&京都府相楽郡笠置町+南山城村






※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=bbb26a984d96ad601e940a5fbadd77ee


♪Music♪
"Sing Mama Sing" (Summer Sol Mix) (ft. snowflake)
by duckett
http://ccmixter.org/people/duckett
"ccMixter2012"

"Give `Em Love"
by Loveshadow
http://ccmixter.org/people/Loveshadow
"ccMixter2011"

"Gonna Love You More"
by Ivan Chew
http://ccmixter.org/people/ramblinglibrarian
"ccMixter2012"

"Ceremonial Meeting on the Highway"
(ft. ElRon XChile, Innabar, Tigabeatz, Javolenus)
by texasradiofish
http://ccmixter.org/people/texasradiofish
"ccMixter2012"



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




先ず立ち寄った、上狛(かみこま)の高麗寺跡(こまでら)は

この近くを通過するのみで、今回はじめて訪問しました。
120623kizu


高麗寺跡の歌碑 
「旅人よ 思いいたせよ古えの 道を開きし 高麗の脚あと」
 
120623kizu
1972年3月吉日 高麗住僧???

こういう史跡に置くことが出来た経緯は? 疑問ですが・・・


歌碑の背後はかつて金堂が建っていたらしい



現在は既に発掘調査も終えて埋め戻され、かつての痕跡は塔心礎であった礎石を残すのみです
120623kizu



7世紀の初め、高句麗からの渡来人による創建であろうとのこと
120623kizu
(南山城村の高麗寺とは違います)



それではメインの沈下橋へ (チンカ橋・・・またもや入力ミスを誘う)

1本目の潜没橋(せんぼつきょう)
120623kizu
京都府相楽郡笠置町有市と飛鳥路を結ぶ



飛鳥路(あすかじ)とは、なんとも趣のある地名なこと

笠置町にある静かな集落ですが、自然歩道を通っての散策のようなのでまたの機会に。
120623kizu



木津川は前日までの雨で増水。一時は水没していたでしょうか、路面に泥が残っています。

増水で川面が近くなって、逆に恐怖感はありませんでした。
120623kizu
メイルマンさんもちょこっと慎重です



さすがに知られた所、この日はチャリダーさんとライダーさんが通過されていました



季節がら、アジサイが満開できれいです
120623kizu




2本目の恋路橋(こいじばし)
120623kizu
京都府相楽郡南山城村北大河原と南大河原を結ぶ

何か、物語のありそうな名称です



事後調べですが、

このロマンチックな名称は、国道の対岸にある恋志谷神社(こいしやじんじゃ)に関係するそうで

恋愛成就・子授け・安産の神さまだそう。

この恋路橋を歩いて渡ってお参りすると願いごとが叶うらしいですよ。


・・・歩いて渡って・・・? バイクじゃ駄目なのか~
120623kizu



恋志谷神社(こいしやじんじゃ)
120623kizu
@京都府相楽郡南山城村南大河原

詳しくはこちらで
恋志谷神社~恋路橋


時は鎌倉末期。幕府と対立し笠置山に難を逃れるために身をよせていた後醍醐天皇。

後醍醐天皇を慕うある高位の女官が天皇の身を案じ遠く伊勢から療養の身にもかかわらず駆けつけてきました。

が、時すでに遅し・・・。天皇は追手から逃れるために、笠置山を発った後。女官はとうとう自害してしまいます。

そして、「天皇のことを案じ、恋い焦がれ、病に苦しむような辛いことは自分一人で十分。

人々の守り神になりたい」と遺言されたということです。

これを哀れんだ人々が祠を建て祀ったのが「恋志谷神社」のはじまりだと言い伝えられています。

最後まで「天皇が恋しい、恋しい」と言い続けていたところから、

いつしか親しみを込めて「恋志谷さん」と呼ばれるようになりました。

「恋志谷さん」へ通じる恋路橋を歩いて渡ってお参りすると、願いごとがよく叶うとか。

(南山城村HPより転載)


沈下橋訪問ついでに、彼女・彼氏とアベックで・・・もとい、カップルで参拝してはどうでしょう

「カップル」よりも「アベック」と書く方がシックリ来るので、今後はこっちで



ま~、孫を抱く同年代がそろそろ出はじめるお年頃、一人でウロウロ参拝に行かなくて良かった!

危うく、色ぼけジジイになるところでした(汗;



南大河原の集落を通過して、南大河原大橋にて
120623kizu


これは発電施設かな? 
120623kizu




ラストはこの雨続き、冷えた体を温めるカメさん一家をほのぼの眺め
120623kizu

縁起物で予定終了です

それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
SevenFiftyさん、こんばんは。

> ちゃんとスロープがあるので軽トラまで走るんですね。
> 軽トラひぇ~怖い、地元の方は慣れているのかなぁ。
外灯は無いので、夜はもっと怖いでしょうねー。
夜か、面白そうな・・・

> これはやっぱ四国の四万十川の沈下橋ツーリングですね。
四国かー、25年前に行ったきりです。
泊りができる余裕がでるか、失業でもしたら行きたいです。(笑;
それでは。
おはようございます。
SevenFiftyです。

沈下橋は増水で水没手前ですね。
渡れてラッキーじゃないですか。
ちゃんとスロープがあるので軽トラまで走るんですね。
軽トラひぇ~怖い、地元の方は慣れているのかなぁ。

nmtr220さんは沈下橋が余程気に入ったのでしょうか。
これはやっぱ四国の四万十川の沈下橋ツーリングですね。
のりまきさん、こんばんは。

怖いもの見たさ、四国四万十川とまではいきませんが、
近場ですので経験がてらです。

> 最後亀は千年の縁起物で締めるとこはさすがです。
毎度年寄くさくてすいません。
ここに触れてくれるのは同世代の方だけのようです。
ちなみに、万年の縁起物でした。
それでは。

あ~こんなに近く川が流れる橋は、怖くて渡れないかも?ほんと、ふらふら、おっとっと、ドボーンですよね。
最後亀は千年の縁起物で締めるとこはさすがです。
まんとさん、こんにちは。
お返事遅くなりました。

> あの辺り、童仙房とか、ところどころ異国の雰囲気のあるところがあったりしますよねー。
人や車が少ないのでブラッと出掛けるには丁度いいところです。
自宅から30~40分程度ですし・・・

> 沈下橋、満喫されてましたねー(笑)
いいところを紹介してくれました。
しっかり走り過ぎてましたけど・・・
これで水がきれいなら言うこと無しですが、上流にも生活圏がありますので仕方ないでしょうね。
それでは。

  • Re: たしかにドッボ~んが怖い
  •  nmtr220 
  • 2012.07.03 14:09  
  •  [ 編集 ]
ごきげんさん、こんにちは。
お返事遅くなりました。

> 欄干がないのでバッチリ写りますものね。
> (動画にもあったように割りと)車が通るので、
周辺住民の方々の生活道路のようなんで、ソロでの遠景はむずかしいですね。
誰かに撮ってもらわないと・・・

> バイク王を呼ぶ前に押さえておきたい絵ではあるんですが・・・
とうとうそうすることにされたんですね。
まあ同じようなツーリングは車でもできますし、
たまにレンタルでドデカイのや高級バイクなんかに乗れますしね。

私は自家用を狭小路仕様に乗り換えたく(パジェロミニなど、軽の四駆)
家内に相談するも、「ちっちゃいのイヤ」と・・・

それでは。
こんばんは~

あの辺り、童仙房とか、ところどころ異国の雰囲気のあるところがあったりしますよねー。高麗寺跡もその先駆けとなっていたのでしょうかねー?

沈下橋、満喫されてましたねー(笑)
台風の影響でしょうか木津川すごく濁って増水してますねー。
この状況の方が恐怖感ありますよー。
バイクで渡りたいとは思わないのですが、
(ズルッ、ポテチン、ドッボ~んが怖い)
バイクを置いて撮りたい場所です、
欄干がないのでバッチリ写りますものね。

ただ、
(動画にもあったように割りと)車が通るので、
ゆっくり撮影しておられない?
遠方からバイクを撮りたいのですが、
離れている間に車がきて「邪魔じゃこら!」って怒られそうですし。

バイク王を呼ぶ前に押さえておきたい絵ではあるんですが・・・







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog