プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.06.23    カテゴリ:  酷道・険道 

   【街道紀行&酷道再訪】鞍馬街道と国道477号線百井峠越え120606

日が沈むと魑魅魍魎が現れると言う京都・鞍馬から百井別れへ
~あの百井峠は何も無いところです~




関西屈指の酷道と言えば、ご存じ百井別れから向かう国道477号線百井峠越え
120606momoi


百井別れ・・・なんだか悲しい由来のありそうな名称ですが、定かではありません

今回で2度目の訪問ですが、ただただ「対向車が来ませんように!」と祈るのみ




ココに至る前には、幼少の牛若丸(義経)が修行したとされる鞍馬の地がある
120606momoi
鞍馬寺 @京都市左京区鞍馬本町

当然メジャーな観光地なので、早朝か深夜(これは無いか)でないとなかなかこんな写真は難しい



神経をピリピリさせてようやくたどり着く百井峠
120606momoi

たぶんココかな~?と何の標識も無いところで、始めてだと確証が持てません。

通り過ぎてしまうほど何もないところ。

上りのピークなので通り過ぎた後で気付いてしまうかも知れません。



もうかれこれ4年ぶり、前回来たときは誰かが張り紙で表示してくれていた
120606momoi
まだまだヤル気マンマンのビクスク乗りでした



周辺をウロウロしていると、ありました!

これは登山者用の標識でしょうね
120606momoi



それでは、また走行映像と共にご覧ください


【街道紀行&酷道再訪】鞍馬街道~国道477号線百井峠越え120606

牛若丸が修行したとされる鞍馬の地
日が沈むと魑魅魍魎が現れると言う鞍馬街道を抜け
百井別れから百井峠を走り抜けます。
@京都市左京区鞍馬本町




 

※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=0a61a4f3222098283587cc0071f0266e


♪Music♪
"Touch" (ft. Jacinda Espinosa)
by Benjamin Orth
http://ccmixter.org/people/Benjamin_Orth
"ccMixter2010"

"Ich Bin Unsichtbar (I am invisible)" (ft. Javolenus)
by Wired Ant
http://ccmixter.org/people/Wired_Ant
"ccMixter2012"

"When I walk with you" (ft. ZoeBee (Ann Bailey))
by Benjamin Orth
http://ccmixter.org/people/Benjamin_Orth
"ccMixter2010"



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




それでは、順を追って・・・

出発は午前5時半を過ぎたところ、6月ともなれば外は既に明るい
120606momoi
安っす~い小さなマンションでの暖気は禁物、広い通りでしばし待ちます。FIはえ~の~!



早朝の京都市内、八坂神社に平安神宮、京都御所に下鴨神社には目もくれずひたすら北上

やがて鞍馬街道(京都府道38号線)に入り、ここ叡山電鉄鞍馬線の高架下で記念写真など
120606momoi

単線の高架はシンプルです
120606momoi



貴船神社に向かう貴船口の分岐をあっさり通過し、街道らしい鞍馬の里の門前町を抜けると


あの牛若丸と天狗伝説で有名な鞍馬寺の門前です
120606momoi
時刻は午前7時20分を過ぎたところ、観光客など要る由も無い



幼少の牛若丸(義経)がここに預けられて修行をした場所として知られ、あの天狗伝説が残る

ここ鞍馬山で牛若丸は15才の頃、一族の仇である平家を滅ぼし、源氏の世に返そうと願い、

昼は学問を、夜は武芸に励んでいるところ、

山の天狗がその志を憐れんで自ら兵法を授けて腕を磨かせ、その将来の守護を誓ったとされる伝説。



サクッと写真だけ撮って、鞍馬温泉も覗かずに進みます。




光りを遮る高い杉林の中をスルリと通過して、本日のメインへ。

ここがあの百井別れ
120606momoi

ここでも来るな来るなと申しておる!
120606momoi
この鋭角分岐、車で一発転回にチャレンジした勇者もおられるのではないでしょうか?


バイクならオチャノコさいさい、パックンチョ!(某所の方のパクリ。使い方が間違ってる)



名物の激坂狭小コンクリガタガタ(補修されていたが)をサラッとやり過ごして


百井峠に到着
120606momoi
ご覧の通り、な~んも無い!


しかしよ~く見ると、切られた木の根元に何やら祀られています
120606momoi


鞍馬の山は、暗くなると恐ろしい魑魅魍魎が現れるところ

勇気ある方は深夜のチャレンジを!
(いやいやダメですよ)



峠での恒例、木の幹にマーキング(要するに小用ですはな~)を済ませ先に進みます。



ここから先にも少々キビシイところもありますが、

あの激坂狭小コンクリガタガタからすれば大したことはない


大原百井町の小さな集落の先、前ヶ畑峠のおにぎりさん
120606momoi


そのまま道なりに進み、R367に突き当たって予定終了です。


今回の収穫? 通りに背を向ける照れ屋さんの標識だけだった
120606momoi



さ~て、ご覧の皆さんは行ってみたいと思いましたか?

逆効果を心配するレポでした。



古ネタ小ネタ、まだ続けます。

それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
エクシさん、こんにちは。こちらにもコメントどうもです。

なるほど「○×分れ」は形からの名称のようですね。なんか悲しい物語でもあるのかと思いましたが。

> 酷道477でもここらは最凶かと思います。俺は数年前、残雪残る3月に滋賀方面から突撃しましたねえ
拝見した記憶があります。
危険の残る周山街道あたりを走ってられたんじゃなかったですか?
若手は無茶するな~、と羨ましく見ていました。

しょっちゅう行くような所では無いですが、雪の降る前の秋口の方が行った気がするように思いますね。
それでは。
お~必殺百井分かれですね。余談ですけど広島には○×分れという交差点が多いですよ。
酷道477でもここらは最凶かと思います。俺は数年前、残雪残る3月に滋賀方面から突撃しましたねえ・・・。百井峠の狭隘激坂のガタガタコンクリとか酷かったのを覚えてます。あそこ凍結しててもおかしくないのに、よく行ったな~と今更ながら思います(爆)
お疲れ様でした~!
  • Re: 477号線にピンときました!
  •  nmtr220 
  • 2012.06.27 20:59  
  •  [ 編集 ]
ごきげんさん、こんばんは。
しばらくぶりですが、元気でしたか?

> 途中の「鈴鹿スカイライン」が、先日の台風4号か翌日の雨?で
> 落石があって通行止めとなってしまいました。
これは最新情報ですねー。どうもです。
またなんですね。これからが良い季節なのに・・・
またちょくちょく管理者の情報を探ります。

> 京都の477線は鞍馬や貴船のあたりなのか~、
> 季節的には秋がよさそうでうが、その時期は観光客もおおそうなので、
自然の景色を堪能するには秋もいいし、冬もいいでしょうねー。積雪・凍結が無ければ・・・

また鈴スカ行きたいですね。
それでは。
国道477号線は四日市起点の国道で、
一度は全区間を走破をしてみたいと思って、
梅雨があけたらと思っていたところ、
途中の「鈴鹿スカイライン」が、先日の台風4号か翌日の雨?で
落石があって通行止めとなってしまいました。

京都の477線は鞍馬や貴船のあたりなのか~、
季節的には秋がよさそうでうが、その時期は観光客もおおそうなので、
朝早く出かけるのがよさそうですね。

それまでに鈴鹿スカイラインが再開するのかわかりませんケド・・・




SevenFiftyさん、おはよう。

> ちょっぴり鉄オタが入っているので・・・
そちらは鉄道関係は情緒があるじゃないですかー。こちらはただ撮っただけ。
毎日の電車通勤に飽き飽きしているんで・・・

> それにしても早朝ツーリングなんですね。
> わたしは最近サボリ気味ですね、ちょっと気分を変えて行きたいです。
なにをおっしゃる、暗いうちから出動しているじゃないですか。
私も今度は夜逃げのように夜明け前出発にチャレンジしましょう。
お昼前帰宅ぐらいでないと暑さでアウトです。

> この後どこか林道に挑戦したのでしょうか。
この後に先にレポした「おにゅう峠」に行ったんです。
レポが前後してややこしいですね。
走行情報は少しでも新鮮なうちにと思い・・・
それでは。
こんばんは。
SevenFiftyです。

ちょっぴり鉄オタが入っているので叡山電鉄鞍馬線の電車が通過するところで写真を撮りたいです。
それにしても早朝ツーリングなんですね。
わたしは最近サボリ気味ですね、ちょっと気分を変えて行きたいです。
荒れた舗装道路はフラットダートよりたちが悪いです。
しかしガンバリますね。
この後どこか林道に挑戦したのでしょうか。
のりまきさん、こんばんは。

> 「行ってみたいと思いました」
毎度年甲斐も無いレポで申し訳ないのに、ありがとうございます。
少数派でしょうが・・・

大原百井町の小さな集落も何か味があって良い感じでした。
秋口なんかも良いかも知れませんね。
それでは、お気を付けて。
へたけさん、こんばんは。
へたけさんは大概の道は制覇しているようですね。

> もう既に行かれてるかもしれませんが、百井峠から西に行くと花背峠と言う峠があったように思います。
いえいえ花背峠はまだなんです。
ツーマプにダートの旧道がありますね。
百井峠へ抜けるのに百井別れから行かないとコワいので、どうしても花背峠方面には行け無かったんです。

> その花背峠の旧道がダートで、入口の目印がバス停の「旧道分かれ」だったような記憶が(^-^;
次回、鞍馬街道を北上するときは当然、ここを目指します。
それからおにゅう峠から福井に向けて・・・(大丈夫かな~)
それでは。
「行ってみたいと思いました」
畿内一ハードだと思って、百井別れは何度も通りましたが、百井峠は避けてきました。このムービーを見ると、今の僕なら怖楽しく通れそうです。いつか琵琶湖に出る時チャレンジしてみよう。
百聞は一見にしかず、おおきにです。
こんにちは~

以前走ったのですが、本当に酷道で突然集落が現れたり(^-^;

もう既に行かれてるかもしれませんが、百井峠から西に行くと花背峠と言う峠があったように思います。
その花背峠の旧道がダートで、入口の目印がバス停の「旧道分かれ」だったような記憶が(^-^;

bajaさん、こんにちは。
お返事遅くなりました。

> あれっ~ハザードランプが点くんですね~純正仕様なのかな。
当たり前だと思ってましたが、付いてない車種もあるんですね。
ちょくちょく付けっ放しで走っておりまする。

> マーキングじゃなくて「百井峠 by 気楽にバイクライフ」千社札でも貼ってくださいね(笑。
これは面白いかも。落書きはいけませんので、「・・・参上!」とか。

おそらくまだの方でも、誰一人見に行きたいと思わないでしょうねー。
私はそれでも向かう変わりもんでしょうか?
それでは。
こんにちは、まいどです。
あれっ~ハザードランプが点くんですね~純正仕様なのかな。

この百井峠は気付かずに素通りしてしまいますよ。
マーキングじゃなくて「百井峠 by 気楽にバイクライフ」千社札でも貼ってくださいね(笑。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog