プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.06.20    カテゴリ:  酷道・険道 

   【険道再訪】小南峠隧道~奈良県道48号洞川下市線~120517

久々のコメ投げ隧道、もう2年もご無沙汰でした
~あの素掘りのトンネルは今も健在です~




連日の古ネタ小ネタのショートレポですが、良かったら見てやってください。

R309を抜ければ、小南峠はセットで走っておかないともったいない。
(毎度、映像UPのタイミングに合せて小分けです)



「山は楽しい」 ホンマやね~!
120517komenage
どなたが付けたのか、隧道西北側入り口近くにありました


本当はココを走りたかったんですが、全滅!!!
120517komenage


もうこれで4回目の訪問。初めて来たときの恐怖感はもうとっくに無くなりました。
120517komenage



こんなところにビクスクに乗って来ていたとは・・・

●100508 ヒーリングロード満喫ツーリング●



ココですね




それでは、峠前後の上り下りのダイジェスト映像でもご覧ください


【険道再訪】小南峠隧道~奈良県道48号洞川下市線~120517

コメ投げ隧道、もう2年もご無沙汰でした
~あの素掘りのトンネルは今も健在です~
@洞川村⇒黒滝村へ





※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=0cac36b57c4ee472d6a566c771ec0787
(UP時、審査・公開待ちでしたが、今はどうでしょう?)


♪Music♪
"Thing For It self" (ft. Pitx)
"Soul wants to Grow" (ft. snowflake)
by unreal_dm
http://ccmixter.org/people/unreal_dm
"ccMixter2011-2012"



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




洞川村からの進入路にはおなじみ、来るな来るなと言うちょります
120517komenage


狭小クネクネをやり過ごせば隧道先生の東南側に到着
120517komenage


おなじみの小南峠は黒滝村と洞川村をつなぐ峠で、標高1060mに位置する険道区間

小南峠隧道は岩盤をくり貫いたなかなか見事な素掘りのトンネルです。
120517komenage
なんか見えても忘れてください(怖;


隧道先生 西北側のお姿
120517komenage


黒滝村への下りの途中、立ち止まらずにはいられない目を引くお社がある
120517komenage


金熊さんでラストです(バイク乗ったままパチリでピンボケ)
120517komenage



◆案内板抜粋◆
・・・・・
当時大峯山に詣でた行者さんの忠告に従うことになった川戸の人々が
河分の水源地(聖地)を選んで火伏せの神さんとして
ここに招請したという大明神さんだそうで
その霊験あらたかなことは、ここ百年の経過を見ればわかるとおり
大難を小難ですごすことが出来た。
・・・・・
川戸という地名が示すように
小南峠を降りて来た旅人たちは、ここにあっただろう橋を渡る(川渡:かわど)ことによって
新たな気分を載し俗界に戻る覚悟を祈ったのだろう。
・・・・・
(川戸垣内主)


台風も通り過ぎ、次のヤツが来るまでにちょっと走しっときたかったんですが

山の方はドンヨリ・・・止めときました。



もう少し、古ネタ小ネタ続けます。

それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
のりまきさん、こちらも見ていただいてありがとうございます。

のりまきさんの思い出の地でしたかー。
予定なしの走行、それはそれは心細かったでしょう。
私も国道赤線は広いものと決めつけて、知らずに走ったのがR425尾鷲方面でしたね。
家に帰れないかもしれない気がして寿命が縮まりました。

洞川は慣れてくると他とはちょっと空気が違いませんか?
行者さんなんか見かけたもんなら「あ~、ありがたい!」
また行きたいところですね。
それでは。
小々次郎さん、こちらこそ初めまして。
いつもご覧いただいているとのこと、嬉しいことです。

私のとっかかりは、車では絶対に来ることが無い所を探して訪問することでした。
車で行けるところはいつかバイクを降りた時にいつでも行けるので・・・
マニアっぽいですが、決してそればかりではありませんので。。。

どちらにお住まいなのか、ここは対向車が来たら還ってラッキーな道ですので
心配なく走れるんですよ。いかがですか?

それでは、また見てやってください。
免許取ってVTR250を買い、1ヶ月ほど近所で練習した後、最初のツーリングがここでした。
国道で洞川に訪問し、地図見るとr48があるじゃない。国道の同じ道を帰るものアレなのでGOしたら・・・、ギアを入れて停めるということも知らず、バイクが動くから下りられない。
小南峠を過ぎたとこでガードレールのない絶景ポイントがあるでしょ。あそこが一番怖かったです。
黒滝村側が寂しすぎて、かなり下ってから心細くなって引き返しました。初訪問で2回も小南素掘りトンネルを通過しました。
今なら落ち着いて走れるのに・・・思い出の地です。
はじめまして いつもは楽しく拝見しております

元々トンネルは苦手なんですが このトンネルはすごいですね
ぼくには、絶対無理です このおかげでうっかり入り込まないですみます
ありがとうがざいました でも前後の道は走ってみたい様な
エクシさん、こんにちは。

エクシさんも行かれてたんですかー、それはそれは。
モリモリなんとかにも立ち寄ったんでしょうね。

肝試しの夜間、または雪の積もる冬場は根性と捨て身でないと難しいですね(汗;
いつもいい天気の日中の姿しか知りませんが・・・
それでは。
どうもです~!
小南峠の素掘りトンネルは強烈ですよね。俺も割と最近行ってきた場所ですが、天川側はまだしも、黒滝側の道の悪さには辟易としました(笑)あれ、こんなに酷かったっけ、この道?!みたいな。
素掘りトンネルを含むこの区間を夜に走ってみたいという気持ちもないわけじゃないですが、怖くてできませんね。何かあったら誰も助けてくれないですから・・・(汗)
お疲れ様でした~!
SevenFiftyさん、こんばんは。
良く降りますね~。

> 後半の人里の狭小険道生活道は、わたしの分野ですよ。
ほんとですね。アッサリ通り過ぎてもったいないですか?

> たぶんアレコレ見ちゃって住民の方とお話でもするでしょう。
ここは農業をするにも平坦地が無い上、林業は衰えて
土建業か年金生活の方しかやっていけないところではと思います。
なかなかうろちょろしにくい所に見えますがねー。

SevenFiftyさんならうろちょろ出来るでしょうが・・・
それでは。
こんばんは。
SevenFiftyです。

後半の人里の狭小険道生活道は、わたしの分野ですよ。
わたしならここがメインになります。
たぶんアレコレ見ちゃって住民の方とお話でもするでしょう。
まんとさん、どうもです。

> トンネルほんとに怖かったです。
> なにも見えなかったのでホッとしてます。
見えなかったですかー、残念ですねー。(笑)

> この辺り、夏でも涼しかった記憶があります。
来られたことが有るんですね。
まぁ、4度も来るところでは無いかもしれませんが・・・
R309とセットと言うことで・・・
それでは。
こんばんは~

こっちはちゃんと観ました^^)/

トンネルほんとに怖かったです。
なにも見えなかったのでホッとしてます。
(見えたら寝れません)(笑)

この辺り、夏でも涼しかった記憶があります。
でも、そこに行くまでが暑いですけどね~。
bajaさん、こんばんは。

そっちは警報どころか、また勧告が出てましたねー。
落ち着いた頃にまた心配事で、みなさんお疲れでしょう。

> 五番関は越えた事あるのですが、こちら側もなるほどの険道でしたね。
ここまで出張されてましたかー、
洞川はさすが修験道の聖地、なんかピリッとした感じでしょう。
五番関の見晴らしのいい東屋で昼寝でもしたいです。

> けど、洞川温泉に浸かった帰り道、居眠りで転倒した痛~い思い出も。
それはそれはお気の毒なことで。疲れた身体に温泉はいいですが、泊まりならねー。
私も一度だけ入ってみましたが、激睡魔で危ないのでもうやめました。

それでは、もう一コ来ますがお気を付けて!
こんばんは、まいどです。
いや~6月から台風なんて参りました。

五番関は越えた事あるのですが、こちら側もなるほどの険道でしたね。
コメ投げって言うんですね?
三度訪れましたが、洞川ってほんまエエとこですよね~
けど、洞川温泉に浸かった帰り道、居眠りで転倒した痛~い思い出も。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog