プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2009.06.03    カテゴリ:  ツーリング 

   ●09.04.15 奈良県山岳道路めぐり●

■行者還林道(閉鎖ゲートまで)、
奈良県道(険道)48号線 小南峠隧道&林道高原洞川線


まず、閉鎖解除直前の行者還林道(閉鎖ゲートまで)に行ってきました。

※残念な画像から
090415
到着後3時間(午後3時)で開放ですが、残念ながら見送ります。
冬期閉鎖期間は04/15迄とは知りつつ、ひょっとしてフライングしてくれないかと期待しましたが、ダメでした。
今となっては、2009年度の第1号で通過しておけばと、若干後悔しています。

※途中のつり橋あたり
090415

090415

※仕方ありません。
090415

★残念な映像をご覧ください。

16090415 「行者還林道」の閉鎖ゲートまで


続いて、険道で有名な奈良県道48号 洞川下市線で小南峠隧道を体験しに行きました。

小南峠は黒滝村と洞川村をつなぐ峠で、標高1060mに位置する険道区間で、
小南峠隧道は岩盤をくり貫いた素掘りで且つ、素地仕上げのトンネルでした。
先人の方々の苦労が垣間見えます。

※洞川側のファサード(黒滝側は撮影する余裕がありませんでした。)
090415

奈良県道48号線と小南峠隧道の概要
奈良県道48号洞川下市線は、奈良県吉野郡天川村を起点とし、吉野郡下市町を終点とする主要地方道。地蔵峠付近の区間は近年抜本的改良がされ地蔵トンネル(全長 1252m)が開通している。
黒滝村役場から小南峠を挟んだ洞川までの区間は、離合困難及び不可能な狭路が続き険道の一つに挙げられる。
小南トンネル(小南峠隧道)は、奈良県吉野郡黒滝村と天川村の境目に位置し、岩がむきだしの素掘りのトンネルである。高さ制限は2.3m。トンネル北側は景色がよい。
小南峠はかつては交通の難所であり、峠を越えようとした者は苦しさのあまり身軽になるために食料の米さえも投げ捨てたとされ、「こみなみ」は「米投げ」が転化したという伝承がある。
From Wikipedia

★険道48号 洞川下市線で小南峠隧道までの映像です。 
毎回画質が悪くて申し訳ないです。よければご覧ください。
 (恥ずかしながら編集も初心者で、スキルもハードも微弱です。)

090415 「奈良県道48号線」と「小南峠隧道」

最後に、五番関トンネルから林道高原洞川線で帰路につきました。

※五番関トンネル 洞川側のファサード
090415

090415 090415

林道高原洞川線は洞川温泉(どろがわ)と川上村を結ぶ山岳舗装林道で、国道169号「道の駅 杉の湯川上」のすぐ南側までのコースです。

またもう一度走りたいコースです。
今度来る時は、国道169号を林道高原洞川線で逆方向をたどり、行者還林道でふただび国道169号に戻り、林道を満喫したいと思っています。

★「林道高原洞川線」五番関トンネルからのダウンヒル映像です。 
毎回画質が悪くて申し訳ないです。よければご覧ください。

090415 「林道高原洞川線」五番関トンネルからのダウンヒル

※今回のルート
090415 090415

↓各ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

スポンサーサイト






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog