プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.04.01    カテゴリ:  街道紀行 

   【街道紀行】伊勢本街道 宇陀・松山地区の城下町120303

道の駅・宇陀路大宇陀のすぐそばにある
古い町家が建ち並ぶ城下町への寄り道です



ツーリングで奈良県宇陀市を通過する際、いつもは道の駅・宇陀路大宇陀のある国道を通りますが

この日は寄り道して松山地区の城下町をバイク散策しました。

ちょい古ネタですがご覧ください。

120303Uda_Matsuyama
松山西口関門⇒大宇陀福祉会館


松山西口関門(旧松山城西口門)から通りに向かいます。
120303Uda_Matsuyama
戦国時代から栄えたとされる城下町が宇陀・松山地区、かつての城下町らしい門構えです。



戦国時代から現在まで、

途絶えることなく延々とここで生活の営みが続き、守られてきた城下町でした。

120303Uda_Matsuyama



それでは、キョロキョロし過ぎていつも以上に見ずらくなってしまいましたが
良かったら映像でもご覧ください


【街道紀行】伊勢本街道 宇陀・松山地区の城下町120303

戦国時代から昭和の半ばまで賑わったかつての城下町
それぞれ時代の影響を受けた町家が建ち並ぶ、宇陀・松山地区へ寄り道しました。
@奈良県宇陀市松山地区





※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=47d361b88c20b4310795d98331be0b38


BGM
"I'm home"
by H/MIX GALLERY
http://www.hmix.net/
Copyright(C) Akiyama Hirokazu. All rights reserved.

"ONE'S WAY HOME"
"KOTO"
by Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




宇陀・松山地区の北、国道370号線宇陀川沿いの農村風景です
120303Uda_Matsuyama
宇陀川の対面にはサイクリングコースが整備されていました。

この辺りは早朝に来ると、うっすらと朝霧に包まれて素晴らしい風景を見せてくれます。


そのまま宇陀川沿いを南下して旧街道を進めば松山地区
120303Uda_Matsuyama


上町通りと下町通りがあるようですが、下町通りから松山西口関門へ
120303Uda_Matsuyama
この上町通りが現在の国道370号線・伊勢本街道


あの織田信長の次男・信雄が藩主であった時代もあったところだそうです。

詳しくは案内板、観光案内HPでご覧ください
案内板1
120303Uda_Matsuyama

案内板2
120303Uda_Matsuyama

宇陀市松山地区観光案内ホームページ



昭和の半ばまで交通の要所として栄えたとされるこの町並みが

重要伝統的建造物群保存地区に選定されたのが、まだ最近の2006年と言うことで

建物の意匠が統一されることなく、それぞれの時代の表情が混沌と残されていました。

120303Uda_Matsuyama


押し歩きしてじっくりと散策しようとしましたが、現住の街なので車の交通量も多い所。

寡黙な先生が居そうな昔ながらの医院や呉服屋さんが多かったような気がします。

本来は、徒歩かレンタサイクルでの散策が良いのだと思います。



道の駅・宇陀路大宇陀で一息ついた後

ちょっと寄り道して「時代」の見える町並みを覗いてみてはどうでしょう。



それでは、また。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
SevenFiftyさん、こんばんは。
足の具合はどうですか?

> >やっぱり乗ります。
> エッ!エッ!エッ!
> もうギブですか。
情けないですが、押し歩きしてるとなぜかフビンな感じがしてきました・・・(笑;

> 道路が綺麗に整備されていますね、それに電線が地中化されているので電柱が無い。
ここは規制されたのが最近だったのか、地中埋設は出来ていませんでした。
延々と生活が続いてきた証ですね。
奈良の五條にも良さげな宿場町があるのでまた行ってきます。
それでは。
こんばんは。
SevenFiftyです。

>ちょっとだけ押し歩きします
おお!押し歩きがでるんですね。

>やっぱり乗ります。
エッ!エッ!エッ!
もうギブですか。
せめて1000mはやって欲しかった・・・

道路が綺麗に整備されていますね、それに電線が地中化されているので電柱が無い。
これはもっと早く行くべきでした。
昭和の風情にはゴチャゴチャした電柱が欠かせません。
  • Re: 訪れたいところでした。
  •  nmtr220 
  • 2012.04.03 11:14  
  •  [ 編集 ]
ごきげんさん、こんにちは。

> 生声が入っていたのはサプライズでしょうか?
近くに来られたんで知らんぷりも出来ず、社交事例のあいさつでした。

> 伊勢国を侵略した(にっくき)
> 織田信長の直系の子孫の城下町で、
後継者争いの犠牲者でもあるんですが、頼りない人ほど長続きするのは今も同じかも・・・

交通手段が車・バイクなんでツーリングついでがいいですね。
城下町、宿場町としては生活感もあるところでした。
それでは。
こんばんは、

生声が入っていたのはサプライズでしょうか?

宇陀松山は、
伊勢国を侵略した(にっくき)
織田信長の直系の子孫の城下町で、
(のちに兵庫県の柏原に減転封)
一度見ておきたかったのですが、このようなところなのですね。

近鉄の榛原駅からも遠いのに、結構な町並みがあるのですね~
(じっくり見るなら歩きか、自転車ですね参考になりました)


アローンさん、こんにちは。
メジャーな街道宿場町に比べれば、やや生活感がある現住の城下町でした。
たまにこう言うところも面白いですね。
住民の皆さんには迷惑かも知れませんが・・・
それでは。
まんとさん、こんにちは。
毎度〃の小出しネタ、何でもアリのレポばかりです。
ここの道の駅は一度だけ寄っただけで、国道を通過ばかりでしたが
地図を見て旧市街が城下町と気付いて寄ってみました。

観光案内のHPを見ると写真に納めておきたい場所がもっとあるようです。
こちら方面に来られた時は、ご家族でサイクリングも面白いかも知れませんね。
それでは。
いいですね、こういう城下町。
のんびりと歩きたくなります。
ゆっくり走ればバイクも悪くないですね。車ではこうはいきませんよね。
こんばんは~

大宇陀の道の駅は去年立ち寄ったのですが、こんな城下町が広がっていたとは知りませんでした。
木製の壁は風情があっていいです。

探せばこういう所もまだまだあるんデスねー。

そういえば、道の駅にレンタサイクルがありました。
ここを散策するためだったのですね~。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog