プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.02.17    カテゴリ:  風景・風情 

   【古都徘徊】平城宮跡の古墳群とみやと通り120208

~平城宮跡の北側は古墳がいっぱい~
佐紀盾列(さきたたなみ)古墳群と呼ぶそうな



奈良に居を構える事はや20数年、息子たちの幼少期にサッカーやキャッチボールなど

当時この広大な敷地で遊んだが遺跡感覚は全くなく、単に公園緑地としての感覚しかなかった。

「灯台下暗し」、最近になって地図をよ~く見ると古墳がたくさんあります。
120208nara_palace


ネットでいろいろチェックしてみると、古墳池はバードウォッチングでも有名らしい。

鳥類に特に興味がある訳ではないですが、せっかくなら見てみたい。

実際はバッテリー温存目的の徘徊走行です。

ひねくれ者なんでしょうか、定番コースも裏通りから・・・




さ~てと、遠くから見ると”ぴっぴっ ぴーよこちゃん”かと思いましたが、本当に居ました!

水上池の白鳥とカモ類(?)
120208nara_palace


古墳と言えば大昔、遠足で行った「仁徳天皇陵」しか思い浮かびません。
120208nara_palace


平城宮跡の古墳群も同時期、古墳時代中期(5世紀の初頭)の前方後円墳ですが

立寄った宇和奈辺・小奈辺古墳はなんと、被葬者を特定できない陵墓参考地とのこと。

120208nara_palace
@奈良県奈良市法華寺町


小一時間程の滞在で、ラストは平城宮跡の大極殿(だいごくでん)(復元)
120208nara_palace


平城宮跡の中央部を南北に通る宮跡(みやと)通りからの1枚
120208nara_palace


良かったら、走行映像でもご覧ください。


【古都徘徊】平城宮跡の古墳群とみやと通り120208

奈良の平城宮跡、古墳群、万葉ロマンコース“歴史の道”をのんびりと
古墳池はバードウォッチングスポットでもあります。
@奈良県奈良市法華寺町、佐紀町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=7f8d79e1bfaa36d8cd59830d559c5df3


♪BGM♪
SAM(samfree)
http://www.sam-free.com/
http://nationone.jp/

♪Music♪
#I Miss You
by Stephen Fewell
http://ccmixter.org/people/stephenfewell
"ccMixter2012"

#Simple Things (ft. leza2unes)
by mykleanthony
http://ccmixter.org/people/mykleanthony
"ccMixter2012"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




まずは国道24号線から程近い、平城宮の北東にある宇和奈辺古墳とウワナベ池
(正式には宇和奈辺陵墓参考地と言うらしい)
120208nara_palace

周囲の道路はめったに車も来ないようなのでのんびり散策によさそうです。

遠くに野鳥の群れが居ますが、カモ類?、すいませんが分かりません
120208nara_palace


すぐ西側にある小奈辺古墳とコナベ池
(正式には小奈辺陵墓参考地と言うらしい)
120208nara_palace

こちらは護岸の工事中でコナベ池はひどく濁っています。野鳥はしばらく他に移動したのでしょう。


このあたり以北はどうも自転車道のようでバイクでは行けません。
120208nara_palace

120208nara_palace


またすぐ西の水上池で野鳥を見て、色合いや意匠を制限された風致地区、佐紀町の中を通過して

みやと通りへと出ます。通りからの枝道
120208nara_palace
(この道はみやと通りではありません)


皆さんご存知、広大な敷地にポツーンと復元された大極殿
120208nara_palace


冬場の平日午後ですが、平城遷都1300年祭当時の賑わいはもうありません。
120208nara_palace


奈良の史跡・社寺を結ぶ「歴史の道」、趣きあるコースはこちら
近鉄てくてくまっぷ(奈良-2)歴史の道



考古学には全く無知な私でも、のんびり・ゆったりできるコースがありました。

バッテリーにちょっとは充電できただろうか?

それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
アローンさん、こんばんは。
バッテリー温存のための近場散策でして
東京ゲートブリッジのようなオシャレなところはありません。

> いつかと思いながら、いつになるやら…。
第2の人生ほか、キャンプツーなどご指導をお願いしたいところですが、またいつか・・・
それでは。

歴史と文化の地域。住み慣れてしまうと価値が分からなくなりますね。
京都には何度か訪れたことはありますが、実は奈良には行ったことが無い。
いつかと思いながら、いつになるやら…。
しかずきんさん、おはようございます。
お越しいただいてありがとうございます。

自転車で散策とは、さすが周辺をよくご存じのようで。
見所の多くは自転車道のようでしたので・・・
仕事でこちらに良くお越しとのことで、奈良県の山間部も良く知ったところなんでしょうか。

> ヤマハのシカ乗り的には・・・
ほんとそうですね。本物の鹿とセットでパチリできたらまたUPしましょう。
寒いので近場ばかりですが、 また見てやってください。
それでは。
nmtr220さん、こんばんわ。
先日は当ブログにコメントいただきありがとうございます。

最近、奈良方面の仕事が多いので大極殿の前はよく通りますね
プライベートだと2年ほど前に折り畳み自転車でドリームランド跡の近くや
水上池周りを散策しましたよ

nmtr220さんの今回のレポを見て少々懐かしくなりましたよ
まぁ、そんなに年月は経ってませんがw

あの辺りは古墳や由緒あるお寺などが多くて羨ましいですね
ヤマハのシカ乗り的には本物のシカが見られるのも羨ましい所です

また寄らせてもらいますね、お邪魔しました~
お名前がありませんでしたが、たぶんbajaさんですね、こんばんは。

> ここは超~近所なんですね~まいどです。
ハイ、近くです。バイクで15分で来れますが、恥ずかしながら10年近く来てませんでした。

> やはり地の方でないと走れないコースかな~?
実は周辺徘徊はここ最近で、これまでほとんど地理感が有りませんでした。(泣
> 平城遷都祭で訪れたのですが、行列と人に酔ったのを思い出しました。
来れれたことが有るんですね。
もっと恥ずかしいですが、平城遷都祭は行ってません。
灯台下暗し・・・です。
それでは。
SevenFiftyさん、こんばんは。

> 陵墓の周囲は意外と民家があるのですね。
歴史が古すぎると、それまでの集落が根付くんでしょうね。
奈良の斑鳩・飛鳥・平城は遺跡と住宅地が混在しているところが多いようです。

> 使わずにそのまま朽ちるのを待って、1000年後に『復元された大極殿の跡』にでもするなら壮大な計画です。
なーるほど!
いっそのこと、バイクが死んだら土に埋めてみましょうか?
それでは。
  • Re: 大極殿をバックに自分撮りしたい!
  •  nmtr220 
  • 2012.02.17 22:11  
  •  [ 編集 ]
ごきげんさん、こんばんは。

> 人の気配もなく「自分撮り」に最適?
そうですね、平日なら超空いているのでできますね。
ツナギ姿でどうですか。
ここは気候が良くなれば原っぱで昼寝も出来ます。

通勤電車では見ているようで見てないんですね。
復元中もあったのに工程写真でも残せばよかったです。
それでは。

ここは超~近所なんですね~まいどです。
やはり地の方でないと走れないコースかな~?後円墳は森にしか見えないのが面白いです。
平城遷都祭で訪れたのですが、行列と人に酔ったのを思い出しました。
古都シリーズ楽しみにしてます。
おはようございます。
SevenFiftyです。

陵墓の周囲は意外と民家があるのですね。
もっと緑に包まれていたりするのかと思いました。

復元された大極殿は、今は何に使っているのでしょうか。
使わずにそのまま朽ちるのを待って、1000年後に『復元された大極殿の跡』にでもするなら壮大な計画です。
nmtr220さん、こんばんは。

大極殿のまわりは、
人の気配もなく「自分撮り」に最適?

近鉄からしか見たことがなかったのですが、
割と近くまでバイクでいけそうなので、コレよさそうですね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog