プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.01.18    カテゴリ:  寺社・仏閣・史跡 

   【奥飛鳥の神様】飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社参拝 120111

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社
(あすかかわかみにいますうすたきひめのみことじんじゃ)



日本一長~い名称ではと聞く神社ですが、定かではありません。
(もっと長~い名称の神社をご存じの方へ、情報求ム!)

120111usanomiya
俗称:宇佐宮(うさのみや)


石舞台古墳からさらに県道を南下、関西大学の研究施設を過ぎたあたり

奥明日香・飛鳥川をさかのぼると神社の社頭にたどり着きます。
120111usanomiya


関西ローカルの旅番組でこの神社が紹介されていたので、参拝して来ました。
(おとな旅あるき旅|テレビ大阪)


しかしすぐ参拝とは行かず、拝殿まではおよそ180段の石段登りとスロープが待っています。
120111usanomiya

名称も長~いが石段も長~い神社なんです


社頭の前が飛鳥川、その昔雨乞いの儀式を行ったと言う
120111usanomiya



奥飛鳥地区の山中にひっそりと存在するこの神社は1350年もの長い間

参拝する人も少ないので神様がてぐすねを引いて待っておられると言う。
(この神社の宮守さん曰く)

120111usanomiya



帰宅後、あらためてあの旅番組を見た。

「あーまたやってもた~」詳しくは後ほど・・・


それでは映像と共にご覧ください


【奥飛鳥の神様】飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社参拝 120111

鎮座地:奈良県高市郡明日香村稲渕字宮山698






※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=6aeb6fc17abee2c57714b388f6958d89


♪BGM
by SAM(samfree)
http://www.sam-free.com/
http://nationone.jp/



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




県道の狭小区間が終わり二車線になったところに社頭があるので、

車で来られてもわずかながらスペースはありました。
120111usanomiya

この長~い階段を下りていると、ソロの若者が別々で二人登ってきた。

意外と有名どころのようです。



長~い石段には踊場が2ヶ所設けられているので体力の衰え切った私でも何とか登れます。

石段が終わると続いてやや勾配のきついスロープがありますが、

180度カーブしてラストの石段の先に鳥居が現れ、ようやく先が見えてホッします。

120111usanomiya


ラストの石段からは拝殿の姿も見え、これまでの疲れも吹っ飛びます。
120111usanomiya


※この参道のアプローチ、もしこの効果を計画的盛り込んだとすればどうでしょう?

何ともすばらしい計画ではと感心します。




ようやく拝殿前に到着しました。

ここは神様が降りてこられる神聖な場所、「神奈備(かんなび)」の山の頂上にあります。

120111usanomiya


本殿は無く、拝殿後方の南淵山をご神体として祀られているそうです。

年末に手入れされたのでしょう、周囲はきれいに手入れされていました。


旅番組でこの神社の宮守さん曰く
120111usanomiya


「願い事を3つ言うと一つは必ず叶う」と言う、ありがた~い神様なんです。

私もしっかり3つお願いしました。(ナイショです)


この宮守さんは「飛鳥藍染織館」の館長でもある方

詳しくは飛鳥藍染織館オフィシャルサイトにて


120111usanomiya

ご祭神:宇須多伎比売命
    :神功皇后    
    :応神天皇 
   


■参考記事
奈良在住の映画監督 河瀬直美さんの京都新聞のコラム「暖流」

「神奈備」の古社

「朱花(はねづ)の月」河瀬直美監督作品
古代の記憶が宿る万葉の地・飛鳥を舞台にした長編映画

※「殯の森」で有名な映画監督(主演は尾野真千子さん、あの「カーネーション」のヒロインですね)


120111usanomiya


あらためてあの旅番組をよ~く聞くと宮守さんがこんなことを・・・テロップなしで

「ちゃんと自分の名前を言わんとあきませんよ!」・・・何やて!

しまった・・・


と言うことであらためてもう一度行ってきます。もうちょっとお賽銭をふんぱつして・・・


それでは、また。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
T2さん、こんばんは。
調子の方はどうですか。

> 日本は古来、自然崇拝の国・・・山岳信仰の目印でもあったのでしょうね・・・
その通りですね。私の行先にはいろいろあるので立ち寄ってます。
もう一度行かないとダメなんでこれが不本意です。
それでは。
日本の神様の名前は、独特な読みなので、入力ご苦労さまですw

日本は古来、自然崇拝の国・・・山岳信仰の目印でもあったのでしょうね・・・
今を生きる人の多くは、その意味も知らないのに、その舞台装置が今もちゃんと残されているというのは、やはり、すごいことなんだろうと思います。
のんびりセローでさん、こんばんは。
長~いでしょう。ご利益もありそうな気がするんですが・・・

> 奈良は修学旅行で行ったきり・・・
関東から修学旅行のコースなんですねー。
私は遠足かで来たように思います。
メジャーは何一つ行かずに秘境ばかりに足を運ぶ変わり者です。
それでは。
こんばんは。
とても長い名前ですね~
階段も(笑)

でも、さすが 明日香だけあって、神社もとても歴史を感じるいい雰囲気のところですね。
奈良は修学旅行で行ったきりで、いつかもう一度、しっかり観て回りたいと思っているのですが、なかなか時間が取れず行けず終いでいます。
なので、明日香の風景を動画で見れるのはとても楽しみです。
アローンさん、こんばんは。
関東方面はこちらより寒いのでなかなか山間部は難しいでしょうか?

この長~い名称、今は覚えていますが来週は忘れてしまうでしょうね。(笑)
名前を言い忘れたので、次回は早朝に行って声を出して参拝しようと思っています。
それでは。

SevenFiftyさん、こんばんは、いつもどうも。
明日香村の観光施設からはちょっと離れた場所にあるので
なかなかここまで足を運ぶ方も少ないんでしょう。
山林の中なのでビューポイントは皆無でした。

凍結注意の案内があちこちあるんで、もう少し冷え込んだらまずいでしょうが
この日は雪の痕跡も無かったです。

> nmtr220さんの風景は「木枯し紋次郎」のテーマ曲の歌詞にぴったりの時がありますね。
「どこかでだれかが・・・
きょうは旅をひとり 
・・・風の中で待っている」
その通りみたいです。
そちらの映像で久しぶりに聞きましたが、心の染みました。
それでは。
ホント長い名前。というより覚えられない。
会社の名前だと「石川島播磨重工業」が長いと聞いたことがありますが
それどころじゃないですね。
こんにちは。
SevenFiftyです。

急な階段の昇り降りお疲れ様でした。
一番上の神殿はもっと大きいのかと思いました。
鬱蒼とした森の中のようですが見晴らしはどうなのでしょう。

奥飛鳥と言う名称ははじめて聞きました。
かなり人里離れた印象ですが道中に集落はあるようですね。
天気は良いみたいですが、気温はどうなのでしょう。
山間部ツーリングも面白そうです。

nmtr220さんの風景は「木枯し紋次郎」のテーマ曲の歌詞にぴったりの時がありますね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog