プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.12.14    カテゴリ:  イベント 

   2011奈良マラソン(応援に行っただけ)111211

~見に行っただけで参加はできませぬ~
参加された皆さん、大会関係者・ボランティアの方々、お疲れ様でした



毎度〃、タイミングを外したレポでお恥ずかしい・・・


12/11、朝から晴天のもと、AM9:00から 2011奈良マラソン がスタートしました。

午前中の所用のあと、午後の寒さが和らいだところで応援に行ってきました。


まともな写真は他の方に委ね、ここでは コスプレ(仮装)劇場 を少々
(38.0㎞地点、第8関門にて。ぼかしだらけの画像ですが・・・)


これは定番中の定番:鹿ですねー
2011nara-marathon


ガンバレ、マリオ!
2011nara-marathon


これはかわいい、笑顔いっぱいのミツバチシスターズ
2011nara-marathon


イエロー?
2011nara-marathon


「元気者」さんはややお疲れ気味?
2011nara-marathon


これはチョッパー?(と言うらしい?、嫁さんに聞きましたが・・・)
2011nara-marathon


パンダはお子さんに大人気!
2011nara-marathon



個人的にはダイ○マイト○ディーのランナーさんがイイ!(昭和的な表現で・・・)
2011nara-marathon



今回映像は無いので、昔よく聞いたアーティストの曲を。


RAMP IN




これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




第8関門のタイムリミットがきたところで奈良県警の白バイ隊が追走準備
2011nara-marathon
ウ~ン、カッコイイ!


後走車は通してあげないと
2011nara-marathon
最後尾に救急車通過、結局テープカットした。あ~ァ


今回、初めてマラソンを見ましたが、

38.0㎞地点、終盤の関門で応援したため、参加者の皆さんはかなりお疲れのご様子。

手を振っても反応は少なく、カメラを向けるとソッポ向かれます。

そりゃそうです。皆さん相当疲れているので当然のこと。



そこで、次回からの教訓。

「フルマラソン、応援するにゃ、朝一から!」

まったくの字余り、おそまつ様でした。



最後に、この方が私のそばから離れない・・・
2011nara-marathon


それでは、また。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  • Re: 42kmは健康つくりの範囲をこえている!
  •  nmtr220 
  • 2011.12.16 00:13  
  •  [ 編集 ]
ごきげんさん、こんばんは。

> マラソンへのエントリー料金が8500円!
なんと・・・、こんなに納めて皆さん走ってられるのか!
それでは、関門で引っかかった方々がお気の毒です。
最後まで走らせてあげたいところです。

と言うことは、神戸や大阪の大会も・・・
皆さんたいしたもんですねー。
真似できそうにありません。それでは。
  • 42kmは健康つくりの範囲をこえている!
  •  ごきげん 
  • 2011.12.15 23:36  
  •  [ 編集 ]
こんばんはnmtr220さん。

仮装して走るのは体力的に大変そうですね。
要綱をみると、
仮装に関するガイドラインがあったり、
マラソンへのエントリー料金が8500円!
とか・・・

そのすべてをクリアした方たちなのですね~。

T2さん、おはようございます。

> 参加者の健康づくりだけでなく、地域の再発見・PRの手段としての主催者側の思惑も・・・
これもブームのひとつのように思えますね。
今年は来年は神戸と大阪が同日開催らしいですよ。
参加者は分散して良いでしょうが観客の減少が気になるところです。

> しかし、42kmも自力で走ろうという心・・・
健康造りとは言え、やっぱりそれだけ余裕が無いとできないですね。
私は大昔、高校時代に8キロ走って以来そんな長距離は経験無しです。
それでは。

最近、あちこちで盛んですね。

参加者の健康づくりだけでなく、地域の再発見・PRの手段としての主催者側の思惑も・・・
しかし、42kmも自力で走ろうという心・・・敬服するばかりのT2ですw






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog