プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.12.03    カテゴリ:  ツーリング 

   【山岳国道】国道306号線 鞍掛峠~滋賀県側下り~111126

~切り立つ側壁、豪快でダイナミックな山岳国道~
三重県側折り返しの定番コースになりました



鈴鹿スカイラインの引き返し、予定通りのコースで湖国の山中を目指しました。

三重県側は路面状況も少々ガタガタで、ひたすらクネクネ上りで速度が上がりません。


ようやく解放された所で鞍掛トンネルです。

111126_R306


国道306号線の三重県と滋賀県の県境、このトンネルの上には鞍掛峠(くらかけとうげ)があり

峠から登山口を目指す山行登山者の方々の車が多数。



そしてトンネルを抜けると風景は一変、切り立った断崖の続く豪快な景色が眼前に広がります。

111126_R306


片側1車線ながら広い道路幅員と見通しの良さから、腕自慢達のドリフト天国でもあったと言う道。

わずかに残るタイヤ痕がそれを物語っています。

111126_R306


この道も冬期(概ね12月上旬から3月下旬と表記)は凍結・積雪のため通行止めとなる。

この通行止め期間は、冬期閉鎖が解消された国道421号石榑トンネルから

三重県いなべ市方面へ向かう事になるのでしょう。(バイクでは無理な寒さでしょう)


国道306号線、滋賀県側下りの走行動画です。またノロノロですがご覧ください。


【山岳国道】国道306号線 鞍掛峠~滋賀県側下り~111126

~切り立つ側壁、豪快&ダイナミックな山岳国道~







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=858a7d21421b7492a5c8a80b02b65822


♪Music♪
#A Little Lovin' 2.0
#Hourglass
by copperhead
http://ccmixter.org/people/copperhead
"ccMixter2011"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




滋賀県側から峠まで、20数年前までほぼ全線ダートであったと言う。

かつてダートの時代にここを走られた本物オフローダーさんも多いのではないでしょうか?

111126_R306



鞍掛峠(くらかけとうげ)について
旧藤原町紹介のHPより(ほぼ半永久保存版)
(藤原町は平成の大合併でいなべ市となる、旧HPはリンク不可でした)

見落としたのか、鞍掛トンネルの入口にあると言う「藤原町教育委員会作成の表札」より



伊勢(三重県)と近江(滋賀県)を結んだ鞍掛峠(791m)は、
その昔「胸突八丁」といわれた難所で私たちの先祖が京都本山へ納骨に参った道であり、
お多賀(多賀神社)参りに寿福を念じた道である。
一方、近江の人々にとっては伊勢参宮に下向した街道で、両国の文化交流の道であった。
今は国道306号鞍掛トンネル(全長745m、標高625m)の開通で、
ただ昔をしのぶ歴史の道と化した。

第52代嵯峨天皇の810年(弘仁元年)薬子の乱で都を逃れた参議・藤原 仲成がこの峠を越えて
当町・西野尻に陰住したという伝説がある。
また、峠の名は、第55代文徳天皇の858年(天安2年)第一皇子惟喬親王が
右大臣・藤原 良房の追討を逃れ都落ちをせられた時、
この峠で馬の鞍をはずして休息をせられた故事にちなんで名づけられたもので、
古くは竜華峠(りゅうげとうげ)とも呼んでいた。

1544年(天文13年)10月には俳諧師・宗牧が江戸に下る際詠った
「あとや雪 しまきよこぎる 笠やどり」の句が残されている。
こうした数々の歴史の道が鞍掛峠である。


まさに空海が高野山を開く時代から戦国時代に渡るお話です。

111126_R306




さて、今回はグリップヒーターとやらを使ってみた。

なかなかあったかいが、このままではその効果を十分発揮していないように思う。

ハンドルカバーを使えばホッカホカのこたつ状態間違いなし。

服は着こむとして残すはあったかシューズ、これで充分寒さは乗りきれそうです。


が、今回も「黄金の左手」がもはやメッキも剥がれ落ち、また痛み出した。

筋力だけの問題ではないのかも知れないのでこれを購入。

ラフ&ロードのRally490ショートレバー
111126_R306


ノーマルレバーよりショートが良いなら初めから純正で採用しているはず、との疑問もあるが

ハンドルガード取付もあり、これが一石二鳥となってくれれば・・・

冬眠期間の宿題にしておきます。

それでは、また。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
よね丼次郎さん、こんばんは。

> 私事ですがいよいよ、今週納車!!
> ワクワクです(*^_^*)
おオッ、例の無骨マシーンですか。
待ち遠しくてそれはそれは楽しみですねー。

買い替えの出資を頼んだとき、実は嫁に言われました。
「寒いときにわざわざ買わなくても・・・」
何も考えてませんでした。これからはちょっとガマンして乗ります。

そちらはタフマンなんで、苦にならないでしょうが・・・
それでは。
行った気になれる幸せな動画ですね。
ありがとうございます。

また楽しみにしています~。

私事ですがいよいよ、今週納車!!
ワクワクです(*^_^*)
ごきげんさん、こんばんは。

> トンネルを過ぎると「滋賀県多賀町」のハズが三重県に・・・
ほんとですね。よくご指摘いただきました。ありがとうございます。
よくやるんです。いつもだいたい一発仕上げで・・・ 
元データは消去したんで、再編集はYoutube画面で訂正しておきます。

> 佐目トンネルの前に別れ道があったのですね、
> ここからが本命?
ごきげんさんは何度も走る道なんでしょうね。
高野龍神スカイラインのように長いストレートは無いですが、迫力のある断崖は豪快そのもの。
定番コースにします。
次回、約2年ぶりこの日のメインです。
また見てやってください。それでは。
SevenFiftyさん、こんばんは。

> おお!動画がなんだかセローの人みたいになっちゃています。
そうですか?最近は「のんびりセローで」さんの、ほのぼのした動画が良いなーと、良く見ています。

> これはロングツーリングへの予行練習ですね。
> あとは微速度撮影でしょうか。
夢は、セローのリヤにホムセンBOX、野営道具やらを乗っけて一泊ツーしてみたい。
2年以上前に買った安もんホムセンテント、組んだことも無いですが・・・
微速度撮影は去年の今頃試しましたが、時間を持て余して待ち時間に耐えられず断念しました。
達人方はたった数分のインターバル撮影に、相当な時間と手間をかけているのかを知りました。
それでは。
トンネルを過ぎると「滋賀県多賀町」のハズが三重県に・・・
動画編集終了後の修正!?
大変ですよ、ね。

佐目トンネルの前に別れ道があったのですね、
ここからが本命?
次回作を楽しみにしています。

こんばんは。
SevenFiftyです。

おお!動画がなんだかセローの人みたいになっちゃています。
これはロングツーリングへの予行練習ですね。
あとは微速度撮影でしょうか。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog