プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.11.19    カテゴリ:  風景・風情 

   【京都・山城盆地の眺望】万灯呂山展望台 111108

~「山吹スカイライン」、と呼んで良いかは定かではない~
京都府景観資産指定の穴場スポット



”イテマエ!”的な感覚で比較的近場の未舗装林道を探したところ、この場所に行き着きました。

練習だと言いながらココに向かったのは11/02のこと。残念ながら目指す経路は通行止めで断念したところ。



本来の目的をそれ、おまけ的な万灯呂山(まんどろやま)展望台訪問でしたが、

標高300mにある万灯呂山(大峰山)からの見事な眺望はなかなかのもの。

私のお気に入りスポットの上位になりました。(ダートの周回路もあるので・・・)

111108mandoro



この場所に至る行程は山城多賀フルーツラインと呼ばれる観光農園の入口が目印です。

111108mandoro
@京都府綴喜郡井手町多賀


あまりメジャーな場所ではないのか、すれ違う車もなく展望台は独り占め状態です。

ここならカップ麺じゃなく即席めんに具だくさんでキャンプのまね事も出来そうです。

111108mandoro


仕切り直しとばかりしつこくまたやって来ましたが、

神さんか、はたまたご先祖さんのお達しか・・・

幸いにも本物オフローダーさんに自重を促されて無理をせずに済みました。

111108mandoro

さては山頂にあるこの大峯不動明王さんのおかげかも?



それでは万灯呂山展望台までの走行映像と共にご覧ください。


【京都・山城盆地の眺望】万灯呂山展望台 111108

万灯呂山公園からの山城盆地(京都盆地)の眺望
下界のせわしなさから解放されるような場所でした。

万灯呂山展望台までの走行映像と展望台からの眺望です。
@京都府綴喜郡井手町多賀






※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v2/?mid=c8fa214eaebf3f1382b1137f038f0d75


♪Music♪
Fading Things (ft. Admiral Bob)
by unreal_dm
http://ccmixter.org/people/unreal_dm
"ccMixter2011"

Fading Things Sunset Mix
by Le_Did
http://ccmixter.org/people/Le_Did
"ccMixter2010"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV

※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。/index.js">


山城多賀フルーツラインを過ぎると道は狭小路と化し、さながら険道の様相。(望むところですが・・・)

各分かれ道にはちゃんと標識が設置されているので間違うことはありません。

途中にある分岐が示す龍王の滝方向、その先には憧れの未舗装路があります。

111108mandoro


最後の標識の先。ここにも夢に出てきそうなダートの林道があります。
111108mandoro
待ってろよー、いつかいっちゃる!


山頂のちょっと手前には雨乞いに関係するのか大峯不動明王が祀られています。
111108mandoro


ここ井手町や近隣の山城町には農業振興地域として整備された耕作地が整然と広がっていますが、

旧家など1300年近く代々受け継いでいる農家も多いらしい。

涌出宮と呼ばれる歴史ある神社の宮司さんに聞いたことがあるが、「雨」にまつわる神様が多く祀られる地域とのこと。


さて、山城多賀フルーツラインから狭小路を上ること約4.5㎞、ほどなく駐車場に到着です。
111108mandoro


植栽帯の中にある記念碑には山吹スカイラインとある。
111108mandoro
スカイラインなんて言ってよいのだろうか?


無料の駐車場にはお手洗いもあり、公園内には小さな東屋が2棟、

そして展望案内の銅板レリーフがあります。
111108mandoro


下界はセワシナイの~。
111108mandoro


111108mandoro


さて、そろそろダートに繰りだしてしまおうと下山。

路面状態、先の様子も知らないまま一か八かの軽い気持ちと装備で向かおうとしていると、

1台の本物オフローダーさんが下山してこられた。(私はまだまだ偽物なのでこの表現を)

111108mandoro


実は、こんなに近くでフル装備のオフローダーさんを見るのは初めての事。

泥んこで勲章のような傷だらけの車体。応急補修したようなテープ痕。プロテクトされた装備。すごいなー!


ついさっきも転倒してホーンが転がって行ったとのこと。

私のセローを見て「これ新車ですか?」、とダートを走らせるのはもったいなそうに・・・

オンタイヤ、私の装備(何のプロテクトのない、ヘルメット被ってるだけ)を見て自重を促してくれました。

ありがたい先生に出会えて助かりました。


ちなみに、ハンドガードの重要性をおしえてもらったので、早速安もんハンドガードを購入しました。(レポはまた)



万灯呂山(大峰山)界隈を4時間近く走り回ったこの方の職業が、
まさに我が息子に薦めていた職種であったことも何だかうれしかった。
(本人はその気が全くないようだが・・・、その前になれるんか~?)

111108mandoro

どうも、ありがとうございました。カッコイイ!!

本物オフローダーさんをお見送りして、まだまだデビューは早いこと十二分に悟りました。



最後に、「万灯呂山展望台案内板」の全文を。

大峰山は龍王の滝と共に「雨乞い」の儀式が行われたところでもあります。
滝で降雨を祈った村人達は、この山頂までたいまつ行列を行い枯れ木を積み上げて山焼きを行いました。
この行列が万燈呂のように見えたことから「万灯呂山」と呼ばれるようになりました。
山頂からの眺めは美しく、
北には京都市が広がり、眼下の木津川の向こうには学研都市や生駒山系をのぞみます。
8月16日には「盆の送り火」も点火されます。
111108mandoro



もうネタ切れです。冬眠前に出かけようとすると寒い、天気が悪い・・・

乗り換える前の「真冬でも行くで~」、はどこえやら・・・

タイムリミットが近づいている・・・


それでは、また。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
T2さん、こんばんは。
東方遠征はどうでしたか。
文面から、まだまだ余裕のようで・・・

本物さんの言うとおり、傷だらけにするのがまだもったいなくなりました。
その内転けて傷だらけになれば、あきらめて突っ込みます。それまではおとなしく・・・

> これからの変貌ぶり(?)楽しみにしてます。
ネガティブに引退(お陀仏)とならないよう気を付けます。
それでは。
  • Re: 眺めるとこうなっているのですね
  •  nmtr220 
  • 2011.11.22 23:33  
  •  [ 編集 ]
ごきげんさん、こんばんは。

> 京田辺には商用でよく行ったので、
> 下界の赤い橋をいく度か渡ったことがあります。
そうでしたかー。それはそれは。山城大橋のことですね。
京田辺・松井山手の20年近く前の姿を知っていますが、今や高額ベッドタウンになりましたね。

> このあたりの国道24号線は堤防道路のような感じで・・・
車、バイクでこの堤防道路を走る時、ガードレールも無くて落ちる人も居るんだろうと考えませんか?

> また、「伊右衛門」で有名な・・・
それは知らなかったのでググリました。この辺は茶畑が多いですものね。盆地なんで適しているんでしょうかね。

「かみこま」をご存じとは・・・さすが通です。
その昔、大陸渡来の人が住んでいたところ、山城国ですね。
この日は展望台に行く前に、地元の集落内をやや爆音を響かせてうろついたんです。
新しいバイパスが通ったりして様変わりしていました。
それでは。
直接、そのスジ(どのずじやね!?いう人のことではありませんが・・・)から話を聞けると、やはりツボを得てますよね。

これからの変貌ぶり(?)楽しみにしてます。
むか~し、
京田辺には商用でよく行ったので、
下界の赤い橋をいく度か渡ったことがあります。
このあたりの国道24号線は堤防道路のような感じで、
ノロノロ・・・下界がせわしいのが分かります。

また、「伊右衛門」で有名な
お茶の福寿園さんの本社がこのあたりから、
車で20分くらいのところにあり、
(木津川市山城町上狛)
勝手にお茶のイメージで宇治や京都市内と思っていたので、
京都府の端っこにあることを知って、
たまげた覚えがあります。
ふみさん、どうもこんばんは。

> ここはよく行きます。
さすがにご存じで。
いい所でしたねー。車では行こうとは思いませんが、バイクなら行きやすいですね。
ここはちょっと2~3時間もあれば往復できる距離なんでちょくちょく息抜きに来れます。
夜景が見事らしいですが、都会とは違う印象の夜景が楽しめるそうですね。
それでは。
おはようございます。
ここはよく行きます。ダートは当然無理ですが






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog