プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.08.08    カテゴリ:  街道紀行 

   【街道紀行】伊賀街道~中ノ瀬磨崖仏~110629

~今なお光を放つ、異国子孫の手による秀作~


レポが滞っておりまして旧作ですが、今回のテーマも石仏の道に続いて「磨崖仏」


伊賀街道(国道163号線)は伊賀上野(伊賀国)から東に向け、

木津川の支流である服部川に沿って津(伊勢国)に至る全長約50kmの参宮街道のひとつ。

この街道は現在の国道163号線に沿っており、今でもあちこちにかつての面影を残しています。


磨崖仏と並ぶ「梵字」
iga_nakanose


この日は名阪国道の中瀬ICから国道163号線(伊賀街道)を東に向けて進みます。


三重県伊賀市寺田の集落を過ぎ、服部川と並行する街道沿い北側の反り立つ岩壁に

ありがたい磨崖仏が突如現れます。
iga_nakanose


中央の阿弥陀如来立像は半円彫りで浮き上がる、鎌倉時代に造立された磨崖仏の秀作です。
iga_nakanose


ありがたい磨崖仏を映像でもご覧ください



【街道紀行】伊賀街道~中ノ瀬磨崖仏~110629









♪Music♪
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV


※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。


中ノ瀬磨崖仏

所在地:三重県伊賀市寺田字中之瀬
国道163号を東向き、寺田橋・寺田の集落を過ぎて服部川と平行する北側の岩壁にあります。



伊賀別所は鎌倉時代に創建された全国で7ヵ所ある東大寺別所の中の一つで、

東大寺大勧進職として、源平の争乱で焼失した奈良東大寺再建を果たした重源上人が開いた真言宗の寺。

この磨崖仏はその伊賀別所創建にかかわった宋人系(昔の中国人)石工の子孫の手によるものだそう。
iga_nakanose




◆案内板全文◆
iga_nakanose
県指定文化財(彫刻)
中ノ瀬磨崖仏(なかのせまがいぶつ) 真言宗豊山派 大光寺所管(伊賀市寺田)

伝阿弥陀三尊像
中尊 阿弥陀如来像高 276㎝
左脇侍像高        153㎝
右脇侍像高        135㎝

地蔵菩薩立像 像高   251㎝
不動明王立像 像高   233㎝

この石仏群は花崗岩の岩盤に彫られており、中央の伝阿弥陀立像は伊賀市の磨崖仏としては最大のものである。
石仏群は三つにわけられ、向かって右側から、梵字と地蔵菩薩立像、伝阿弥陀三尊像、不動明王立像の順に配置されており、
これらは東大寺伊賀別所(旧大山田村の新大仏寺)創建にたずさわった宋人系(昔の中国人)石工の子孫の手によって造立されたものと考えられている。

三尊像のうちの中尊像のみが半円彫であり、他の像は線彫である。中尊像は、大きな目鼻立ちの面相と陰影の深い彫り方、
体部と衣文の深い彫り込みなどに、鎌倉時代の様式がみられる。しかし、他の像の作風がこの像と比べて違っていることや、
全体の構成に統一感がないことから、最初にこの像が彫り出された後、鎌倉時代から室町時代にかけて、
徐々に他の像も彫られていったと考えられる。

なお、これらの石仏群は古くには東大寺伊賀別所参拝の人々によって、前を流れる服部川の対岸の街道から拝まれたと考えられる。

平成六年三月九日指定

伊賀市教育委員会


※磨崖仏は川沿いのカーブする快走路沿いで、周辺には駐車場も無いので

気を付けないと通り過ぎてしまいそうな場所にあります。

バイクなら問題ないでしょうが、車でお越しの際は100m程先にスペースがありました。

iga_nakanose

関連する東大寺伊賀別所(新大仏寺)が近くにあるにもかかわらず、


また見逃したお粗末レポート。毎度〃の事後調べでした。



それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
アローンさん、こんにちは。
もうお盆休みでしょうか、毎日暑い日が続いてフラフラしています。

ネタ切れの古レポですが、地図にも記載が無くたまたま見つけました。
古都周辺には隠れた磨崖仏がいくつもあるようです。
ここはもともと国道沿いの川の対岸に街道があり、
昔は50mくらい離れたところから手を合わせたようです。
距離を置いて眺めた方が神々しかったのでしょう。

それでは。
石仏。梵字。歴史がひしひしと伝わってきますね。
建築物等に比べると地味なので、人知れず朽ちていく石仏も多いのだろうなぁ。
T2さん、こんばんは。
皆さんこぞってダムカード収集にはげんでおられるようですねー。
毎度お誘いいただくのに付き合いが悪くてすいません。

またプランをのぞかせていただいて、タイミングが合えばドタ参させていただきます。
いまだに安月給でこきつかわれておりますもので・・・
それでは、また。


bajaさん、こんばんは。
全く出かけていないので古いレポですいません。
この磨崖仏は予定になかったものなのですが、2度目の走行で気付いた次第。
ありがたいですな~。

> また暑さぶり返しですね~いかがですか?
この暑さでは運動不足の老体にはこたえるでしょう。
お盆休みも法事続きで半ば仕事で運転手に徹します。(笑)
すさみや和深あたりも行きたいのですが・・・
それでは、また見てやってください。

おはようございます。

今年の夏は、奈良あたりをウロウロしてみようと・・・ダムですが。
また、プランをアップしますので、ご都合がつくようでしたらご一緒しませんか?
こんばんは。
なにげに凄いもんが、道端にあるんですね。
さすが歴史街道。
でも知らないと、通り過ぎてしまいそう~
また暑さぶり返しですね~いかがですか?






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog