プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.07.26    カテゴリ:  街道紀行 

   【街道紀行】五ヶ所街道 part2~剣峠~110713

~三重県道12号 伊勢南勢線 part2~
「剣峠」 山並みの彼方に望む五ヶ所湾の絶景



part1から引き続き・・・


高麗広を過ぎ、「・・・大型車通行止め・・・」の警告表示が大きく主張するところから開始します。
tsurugi_pass_110713


人の気配や営みの痕跡も皆無となり、落葉・落枝・少量の落石が急激に増してきます。

やはり、ガードレールやカーブミラーなどの気の利いたものもありません。


剣峠へのフィナーレはこの先の九十九折れの峠道です。

五十鈴川の源流近く、手付かずと思われる自然林の中、Uターンのスイッチバックを繰り返します。

速度が速いと滑り、遅いと転びそうになる、もし万一対向車と出くわしたら転倒しそうな上りです。
tsurugi_pass_110713



クネクネの上りが終了したところが街道の最高地点「剣峠」

荒々しい切り通し、緑に覆われ薄暗い峠を抜けると、全ての来訪者を感動させる熊野灘の絶景が開く。
tsurugi_pass_110713


ここはこれまで見た岩盤切り通しの峠の中では最上位クラスと思います。
tsurugi_pass_110713


tsurugi_pass_110713


今回も動画とセットでご覧ください



【街道紀行】五ヶ所街道(三重r12) part2~剣峠~110713

三重県道12号 伊勢南勢線 part2
~剣峠~
山並みの彼方に望む五ヶ所湾の絶景









♪Music♪
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.

Smoked Meat (ft. Scomber, duckett)
by Admiral Bob
http://ccmixter.org/people/admiralbob77
"ccMixter2011"

The Mystery
by Stephen Fewell
http://ccmixter.org/people/stephenfewell
"ccMixter2011"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV


※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。


剣峠は伊勢市南伊勢町の境にあり、南伊勢町側に駐車スペースと石碑などが整備されています。
tsurugi_pass_110713


周囲の状況はこの峠をさかいに伊勢市側と南勢町側では雲泥の差。

峠の伊勢側
tsurugi_pass_110713

南伊勢側
tsurugi_pass_110713

切り通しの岩盤のくぼみにあるお地蔵さん
tsurugi_pass_110713


この先、南伊勢町への下りではあるが、

この山並みの彼方に見える五ヶ所湾の眺めを見るには伊勢市から上ることを強くおススメします。

tsurugi_pass_110713


峠には記念碑の他、野口雨情の詩碑などがある。
tsurugi_pass_110713


tsurugi_pass_110713

「神路山越えまた来ておくれ 乙女椿の咲く頃に」


◆野口雨情(のぐち うじょう)◆
♪からす なぜ啼なくの 烏は山に 可愛かわいい 七つの子があるからよ・・・
でおなじみ童謡「七ツの子」の作詞者です。
雨情は昭和の始め、「五ヶ所小唄」を作詞のためここに立ち寄っている。


峠から先、急坂を下ると切原の集落を通り、やがて五ヶ所浦に出る。
tsurugi_pass_110713

こちらにはガードレールがあり、カーブミラーもある。

路面もきれいで、伊勢市側と比べ物にならないほど、よく手入れされている。


この絶景を十分に堪能して、太平洋側への下りとなります。

この後、下りの途中の枝道、五ヶ所川上流にある秘境の滝「切原の白滝」に向かいました。

それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
エクシさん、こんばんは。

エクシさんとは方面が同じとは言え、またこんなことしてます~。
昭和のNHKの映像をみて思い立った次第で・・・おにぎり2個で・・・
わざわざ奈良から来てスカイラインもパールロードも素通りとは・・・

> 剣峠はどちらかと言うと展望がたいしたことないイメージがありましたが
メジャーな展望地に比べたらやはりヘボいかもしれませんね。
でも何か良いんですよー。

紅葉の季節、高麗広あたりも綺麗らしいです。
それでは。
どうもです~。
nmtr220さんが7月13日に伊勢方面に行かれたとありましたが、ここだったんですね!(笑)
r12は悪路ですよ~。赤福氷を食べた2年くらい前の夏に通った事がありますが、やたら水濡れしてて落葉や落石も酷くて、神経を使いましたね。
剣峠はどちらかと言うと展望がたいしたことないイメージがありましたが、 nmtr220さんの写真を拝見する限り、峠からの五ヶ所方面の眺めはいいですね。やはり写真が綺麗からでしょうか^^
お疲れ様でした~!
bajaさん、こんばんは。

海側からだと道は結構よかったです。
今回で2度目ですが、伊勢側からいつたどり着くやも知れず苦労して登ってきたら
この景色でした。報われた気がしたものです。

> 一度はチャレンジしてみます。
是非行ってみてください。

京都方面が集中豪雨で電車が送れまくりで・・・
そちらはいかがですか?
それでは。
こんにちは。
これはこれは~やっぱり予想通りというか、
この狭さと山越え感に展望も、大好物です。
いや~ここを目指されたとは、強者ですな~
一度はチャレンジしてみます。
SevenFiftyさん、何度もすいません。

画像貼ってくれてたんですねー
ありがとうございます。

ごめんなさい、これは無理です。笑えません・・・
バイクがドロドロに汚れそうですね。
それでは。
SevenFiftyさん、おはようございます。
わざわざお知らせいただいてありがとうございます。

> ぶ厚い落ち葉、落石、折れた枝・・・
早速拝見させていだだきますね。

SevenFiftyさんは更新が早いので、ちょくちょく訪問しています。
(自宅でも会社でも)
それでは。
たびたびです。

>どんな所なんでしょう?また見せてください
URLを見てくださいね。
路面状況は笑えません。
ぶ厚い落ち葉、落石、折れた枝・・・
SevenFiftyさん、おはようございます。

そちらは五ヵ所浦から上られたんですね。下りのクネクネはちょっと危険かもしれません。
> 道中でCB750Fのチェンジペダルが外れて往生こいた記憶があります。
エンジントラブルでなくて命拾いしましたね。
パンクしたら・・・なんて考えないことにしています。(笑)

> わたしもごく最近岩盤切り通しに行きましたよ。
どんな所なんでしょう?また見せてください、待ってます。

この道は戦時中、出征の身内を見送るのに勝利と無事を祈りながら神宮までの峠越えをした道です。
多くの人々の喜怒哀楽を見てきた峠なんですねー。 
また来年(まだ乗っていたら・・・)来ます。それでは。


こんばんは。
SevenFiftyです。

剣峠は昔と全然変わっていないです。
相変わらずガードレールはありませんね。
わたしは2、3回行きましたが全部海側からでした。
道中でCB750Fのチェンジペダルが外れて往生こいた記憶があります。

わたしもごく最近岩盤切り通しに行きましたよ。
ただ路面がメチャンコ悪いのでこれまた往生こきました。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog