プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.07.24    カテゴリ:  街道紀行 

   【街道紀行】五ヶ所街道 part1~高麗広を訪ねて~110713

~三重県道12号 伊勢南勢線 part1~
高麗広 「新日本紀行」 当地を訪ねて



久しぶりに昭和の映像を見た。NHK「新日本紀行」である。

タイトル;神領の民~三重県・伊勢~(昭和45年12月放送)

r12_110713

r12_110713   r12_110713
(勝手にキャプチャーしてすいません)


伊勢には沢山の神話がありそれらを守る人々がいる。番組ではこの風光明媚な自然の中で暮す人々を描いている。


※前回のNHK「新日本紀行」の話題
十津川物語~受け継がれる菱十紋~



水の美しさに神の形を結んだ古来人は、五十鈴川全体を神々の領地と考えました。

神宮林の稜線が幾筋にも落ち込むあたり、少しばかりの広がりに村が一つありました。

そこが高麗広(こうらいびろ)と呼ばれる村です。
(ナレーション抜粋)
r12_110713


高麗広は五十鈴川源流の神路山を深く踏み入って、炭を焼く特権を与えられた村でした。

r12_110713    r12_110713
(勝手にキャプチャーしてすいません)


三重県道12号伊勢南勢線は、かつて「五ヶ所街道」と呼ばれた路。

この険しい峠越えの路で、五ヶ所湾で採れた海の幸を伊勢へと運んだと言う。

r12_110713


そんな街道をパート2に分けてレポします。

Part1では、伊勢神宮(内宮)から三重県道12号伊勢南勢線を南下すること約8km、

宮域林内にある高麗広を訪ねます。

r12_110713


今回も動画とセットでご覧ください



【街道紀行】五ヶ所街道(三重r12)part1~高麗広を訪ねて~110713

三重県道12号 伊勢南勢線part1
~高麗広 「新日本紀行」 当地を訪ねて~









♪Music♪
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.

It's Just a Matter of Time (ft. Shannon Hurley)
by Admiral Bob
http://ccmixter.org/people/admiralbob77
"ccMixter2011"

Lulla Baby (interlude)
by The Spirit Of Light
http://ccmixter.org/people/thespiritoflight
"ccMixter2010"

Put the Needle Down
(ft. Admiral Bob, Snowflake, SackJo22)
by Benjamin Orth
http://ccmixter.org/people/Benjamin_Orth
"ccMixter2011"

I Caught You
(ft. Frank H Carter III (Songboy3), ElRon XChile)
by texasradiofish
http://ccmixter.org/people/texasradiofish
"ccMixter2011"

Angel
by J.Lang
http://ccmixter.org/people/djlang59
"ccMixter2010"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome

★とうとうZoomeもこの8月末でサービスを終了することとなりました。
旧作はいずれ消去されることとなります。名残惜しいが、以降はアドレスを削除いたします。

※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。


伊勢神宮(内宮)の駐車場を過ぎたところに、この県道の入口があります。

幅員減少の標識があるのですぐそれと分かる。
r12_110713


これまでの主要道路から一変、極端な変化で森の中の狭小路へと導かれる。

この日(07/13)さすがにこの暑さ、駐車場はガラ空きでした。
r12_110713


今回ほぼ2年ぶりの走行です。
前回のレポはこちら


五ヶ所街道(三重県道12号伊勢南勢線)は三重県伊勢市と南伊勢町五ヶ所浦を結ぶ総延長23.276kmの県道です。
r12_110713


点在する住民のための生活道路としての役割が主と思われ、

一般には並行する県道169号線(サニーロード)県道32号伊勢道路の方が走りやすいので、

こちらは観光以外での利用はほとんど無い、マニア向けとも言えるが

五十鈴川に沿う歴史ある集落や、勾配のピークにある切り通しの峠

そこから見下ろす五ヶ所湾の絶景、下りの枝道にある秘境の滝など四季を通して見どころ多い街道です。

r12_110713


そのほとんどが1車線で、五十鈴川に沿うカーブにはガードレールすら無い。

伊勢神宮に近いこともあり、景観に配慮したものと勝手に思っておこう。


わずかであるが民家が見えるが、店舗・自販機・宅急便ののぼりなど世俗化したものも皆無。

数件の家屋は山荘風のやや新しいデザインもあり、こちらに移り住んだか別荘なのかも知れない。
r12_110713


途中にある高麗広の湧水は、地元の方も飲料水として汲みに来られるところ。
r12_110713

この日はペットボトルに4~50本、手なれた様子で軽四に積み込む奥さんがおられた。

ボーッと見てるわけにもゆかず、ちょっとだけ手伝った。

この時期は大変ありがたい冷たくて柔らかい水、しこたま飲みました。
r12_110713
(胃腸の敏感なわたくし、この日も翌日もお腹の調子は良好。おいしくいただけるのは間違いない)


やがて山村の民家や田畑が点在する高麗広(こうらいびろ)の集落が見えてきます。
r12_110713

広い田畑であるが、良く見ると耕作をあきらめた所ばかり・・・


点在する民家をながめながら、やがて高麗広公民館に到着しました。
r12_110713


立派な建物である。
r12_110713
郵政事業の補助金を受けて建てられたものらしい。


伊勢神宮の宮域林内にある高麗広、その地名から大陸からの渡来人に関係するのではと想像しますが

真偽はどうなのだろう・・・



ふたたび「新日本紀行」から

遷宮のためのヒノキ材は13.000本、木曽山中に茂る樹齢400年を越えた巨木が用意されます。
r12_110713

伊勢の宮大工が正倉院文書に記されている寸法通りにヒノキを削り、ノミを打ち込みます。
r12_110713
差し金で引いた鉛筆の線、職人さんの技と腕が感じられる。最近は目にすることも少なくなった、それは建材のほとんどがもうプレカットなのである。

社殿の建て替えは寸分の狂いも無い古来の様式を再現する努力です。
(ナレーション抜粋)
r12_110713




part2では、高麗広の先「・・・大型車通行不能・・・」の警告看板が大きく主張する所から

街道の最高到達地点にある剣峠(つるぎとうげ)を目指しました。

part2、ガンバッて作成中・・・


それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
湧水さん、こんばんは。
こんな単なる街道旅行記が、お役に立てたとは光栄です。

お伊勢さんの柔らかく冷たい湧水はいかがでしたか。
一息つくのに良い場所にありましたね。
それでは、また見てやってください。
高麗広の湧水を頂きに、今年2013年の夏に行く計画を建てておりましたが、
このURLの動画が、ものすごく役に立ちました。
ありがとうございました。

bajaさん、こんにちは。
ここをメインにわざわざ奈良からきました。アフォでしょう・・・

この道で見かけた人は湧水汲みの地元の奥さんとこのランナーさん。
奥さんは愛想よかったのですが、このシニアランナーさんには無視されました。
お互い変人なのかも・・・
クライマックスの後半はしばしお待ちを。
それでは。
うわ~狭いながらも、めっちゃくちゃ快走してますね~
五十鈴川線は興味あったので、もう~行かずとも満足しました。
ランナーさん、峠越えられますかね(舌)
後半も楽しみです。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog