プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.07.18    カテゴリ:  神話・伝説 

   伊勢の「天の岩戸」~恵利原の水穴~110713

~ここにもあります神話・伝説の場所~


伊勢、神路山">神路山(かみじやま)と島路山">島路山(しまじやま)の稜線が重なる逢坂峠のふもと、


伊勢神宮の宮域林と自然林で覆われ、鳥の鳴き声以外物音一つない静まりかえった深い山中

ここにも「天の岩戸」伝説のある場所があります。
ise_amanoiwato110713


スギやヒノキのうっそうとした木立の中、自然のエネルギーが満ち溢れるパワースポット

訪れる誰もが癒され、何かを感じることのできる神秘に包まれた聖域です。
ise_amanoiwato110713


伊勢神宮(内宮)から伊勢道路(県道32号線)を南下すること約10㎞、志摩路トンネルを過ぎた下りの途中、右に鳥居があります。

下りカーブの途中やや交通量も多いので、流れとスピードにのって見落としてしまいそうな場所にあります。
ise_amanoiwato110713


ご存じ「天の岩戸」伝説は、

天照大神(アマテラスオオミカミ)が岩戸の中に隠れ住んだと言われる神話です。



伊勢市観光協会">伊勢市観光協会

じゅらん観光ガイド">じゅらん観光ガイド

所在地:三重県志摩市磯部町恵利原



※以前レポした室生龍穴神社の「天の岩戸」



この鳥居から先が「天の岩戸道」、まずは林道のような細い舗装路で駐車場を目指します。
ise_amanoiwato110713


今回は途中経過の画像も添付しますので、

ちょっと重たいかも知れませんが動画とセットでご覧ください




伊勢の「天の岩戸」~恵利原の水穴~110713

~ここにもあります神話・伝説の場所~
所在地:三重県志摩市磯部町恵利原









♪Music♪
by WindSphere
http://windsphere.biz/
Copyrights(C)2008 watch. All Rights Reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube">Youtube
ワッチミー!TV">ワッチミー!TV
Zoome">Zoome

※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。


出発は早朝5時。昨今のサマータイムのおかげ(?)で、苦無く起きることが出来ました。
ise_amanoiwato110713
(年寄りは皆早起きと決めつけられるが、嫁さんが起こしてくれなかったら毎日遅刻する奴もここにいるのだ・・・)


R369沿い宇陀市都祁吐山あたりでちょっと寄り道。
ise_amanoiwato110713

「早起きは○○の得・・・」か、朝靄のかかる田園風景は幻想的で綺麗でした。
ise_amanoiwato110713
すでに農家の方が数人おられました。朝早く涼しい時間から作業されるんですね。


榛原の駅前からR166へ入り、ヒンヤリと涼しい高見トンネルを抜けいつものループ橋手前で一休み。
ise_amanoiwato110713
朝日を浴びた山々の稜線がくっきり重なります。

現在18℃、ちょうど良い気温でした。(以降、どんどん上昇するが・・・)
ise_amanoiwato110713


早朝のR166はめちゃくちゃ気持ち良く、点在する集落をみながら快走します。


いつもの道の駅「飯高駅」にて
ise_amanoiwato110713
この近くの定番「めずらし峠」は先を急ぐのでキャンセル


R166飯南からR368を東に向かうところの飯南町粥見あたり、これまた見事な田園風景が広がっています。
ise_amanoiwato110713


R368桜橋を過ぎたあたり、よく立ち寄るWCにて
ise_amanoiwato110713


今回の予定コースは少々時間がかかると思い、超珍しく高速を使います。

伊勢自動車道:勢和多気JCTにて
ise_amanoiwato110713

初めて走るのにわざわざ有料になってから使うとは・・・
(見晴らしが良いわけでもなく全く面白くなかった。わずか¥550ですが無駄でした。)


終点の伊勢ICで降り、伊勢市内を経由して有料の伊勢志摩スカイラインを横目に伊勢道路(県道32号線)を南下します。

地元の方々との出勤時刻と重なったのか、交通量も多いが流れはスムーズ。


やがて「天の岩戸道」の入口にある鳥居に到着したのは午前8時過ぎ。
ise_amanoiwato110713

ここから駐車場まで林道のような山道をゆっくり走ってもわずか3分程です。


駐車場の手前にあるもう一つの鳥居
ise_amanoiwato110713

整然と立ち並ぶ石灯篭
ise_amanoiwato110713

まだ誰もいない駐車場とお手洗い
ise_amanoiwato110713
(時を同じく車が2台、みなさん地元の方のようでした)


駐車場から「天の岩戸」までは車両通行止めですので徒歩で向かいます。
ise_amanoiwato110713

徒歩でもわずか5分ほどの道程です。


周囲は透き通るような空気に満ちています。
ise_amanoiwato110713

お地蔵遺跡石
ise_amanoiwato110713
小石がたくさん積み上げられています。

縁に玉石を敷き詰めた細い参道の先、小さな滝が見えてきます。
ise_amanoiwato110713

ise_amanoiwato110713


水穴は右の階段を登って行きます。
ise_amanoiwato110713

みそぎの瀧(天ノ岩戸禊瀧)
ise_amanoiwato110713
水穴からあふれ出た冷たい水が音を立てて流れ落ちています。


「天の岩戸」に到着しました。
ise_amanoiwato110713

これが水穴、意外と小さいものなんです。
ise_amanoiwato110713


あふれ出た水は、ふもとの神路ダムへと注ぎこみ、

伊勢の宮域林と自然林が育んだ清らかな水を集め、

志摩半島の水瓶となって活き続けているのです。



「天の岩戸」の案内板
ise_amanoiwato110713

「古事記」の中に出てくる有名な神話、天照大神が須佐之男尊の悪事を戒める為、岩戸の中に隠れてしまわれたという伝説にちなんだ洞穴が、ここ天の岩戸といわれています。
この伝説の地は各地に幾つかありますが、うっそうと茂る杉木立の中をひんやりとした霊気に包まれ洞穴から湧き出る清水の音を聞いていると、まさに神話の物語が展開したであろう雰囲気になり、実に厳かです。
その洞穴より湧き出る清水は高さ3m程の禊滝(みそぎたき)と呼ばれる滝になっており、この付近一帯の主要な生活水となる神路ダムへ流れ込んでいきます。
この湧水は日本名水百選にも選定されています。また、この神路川は昔、”裏の五十鈴川”と呼ばれていたこともあり、伊勢神宮とのゆかり深い地域として四季を通じて訪れる人は絶えません。


その翌日、勤め先では残り少なくなった物知り先輩とのおはなし。

わたくし:「伊勢方面まで行ったけど暑さでまいりましたワー」

センセイ:「アホやなー、伊勢は秋口と年末が穴場やのに・・・、人だらけやろー」

(伊勢神宮、おかげ横丁だと決めつけられた。人がめったに来ない山奥だとはちょっと言えない感じ・・・)


センセイ:「確か、身内の法事あるて言うてたんちゃうんかッ」

わたくし:「エー、月末ですけど・・・」

センセイ:「なにー、お参りしたんか?鳥居もくぐったんか?」

わたくし:「はい、いっぱいくぐって、わずか納めていっぱいお願いしましたよ」

センセイ:「あーぁ、ちゃんとお送りしてからでないと相手さん(神様)に失礼になるんやー」

わたくし:「すんません。もうすでにいっぱいくぐってしもた・・・」

※知らなかった・・・


先月、先々月と身内をお送りしたが、

そんなこととはつゆ知らず、せっせとお参りを繰り返していたのでした。

皆さんもお気を付けて。


この後、来た道を引き返し

神領の民が住むという「高麗広(こうらいびろ)」を目指しました。


それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
Kやん。さん、おはようございます。
そーですかー。ヒューヒュー!

電柱の影からこっそり見たいが、仕事でした。・・・笑
それでは、ガンバッてください。
すいませんーお返事して頂き有難うございます。

そうですかぁ(・・;)では、今度の休みにでもスカブーで先に現地調査に出向きますww
位置や観覧ポイントはわかるのですが、駅からの距離感が・・汗

下見をすれば大丈夫だと思います(#^.^#)

連れですが・・初めは一人スカブーにライダージャケで観覧予定でしたが、有難い事に浴衣を着た女性が同行してくれる事になったので・・余り歩き疲れない様にして楽しんで頂きたいと考えておりますv-32




SevenFiftyさん、こんばんは。
相変わらずの所ばかりの変わり者です。

> nmtr220さんはある程度下調べをしてから行かれるのでしょうか。
ネットを中心にローカルバスツアーコースなんかを見て訪問しています。
今回は2度目なので不安なく散策していますが、初めての時は逃げるように去って帰ります。(笑:

> >今回一番のメインは高麗広と剣峠へ行くことでした
実は、NHK「新日本紀行」で見て行ってみようと思いました。
剣峠から見る五ヵ所湾は絶景でした。

> ずいぶん前でしたが剣峠は2、3回行ったことがあります。
2、3回とはSevenFiftyさんもいろんな所を走っているんですね。
フィナーレの九十九折れは良かったですよ。

※動画とセットにこだわっているのでレポが大変遅れ気味なんです。
それでは。
こんにちは。
SevenFiftyです。

これはわたしなら絶対に気がつかない場所です。
nmtr220さんはある程度下調べをしてから行かれるのでしょうか。
そうじゃなければここまで行けないと思うのですがいかがですか。

>今回一番のメインは高麗広と剣峠へ行くことでした
ずいぶん前でしたが剣峠は2、3回行ったことがあります。
舗装はしてあるもののガードレールが所々なく狭く見通しも悪くやばいそうな道だった記憶しています。
今はちょっとマシになりましたかね。
Kやん。さん、こんにちは。
すいません、始めて聞きました。

奈良在住(20数年)とは言え、つい2~3年前まで会社との往復ばかりでして・・・
(土地勘は恐らくKやん。さんの方があると思います)
奈良在住(40数年)の家内に聞いても初耳だと言われました。
今はまだメジャーなお祭りでは無いのかも知れませんね。
(逆に穴場かも。ちょっと夜の電車の本数が少ないかもですね)

※役立たず、お力になれずごめんなさいね。m(__)m

余談ですが、お連れさんが大変気になった次第で・・・
それでは、新調浴衣で楽しい夜長を。
いつもコメントを頂きありがとうございます(#^.^#)

記事とは関係の無い事で恐縮ですが、奈良にお住まいのnmtr220さんに
もしご存知でしたら(行かれた事があれば)教えて頂きたい事があります。

実は7月31日に三輪大社の奉納花火を電車で観に行く予定ですが、
主な夜店の配置と芝公園以外(真下からの観覧)にお薦めの観覧場所等ご存知無いでしょうか?

唯一私が行けそうな日曜日の花火祭りですので、浴衣をきて連れと出かけたいのですが(土地勘は在りますが)観覧ポイントがネットで検索しても絞れなくて(汗)

すいませんがよろしくお願い致しますm(__)m




アローンさん、こんばんは。
妙なところばかり行くでしょう。パワーをもらって今の私ですので良かったと思っておきます。
多くの方は怖い所みたいに見えるんでしょうね。

> 出撃回数多いですねぇ。・・・
いえいえ、欲張りなんで一度に3,4ヶ所の訪問を計画するんで小出しなんです。
バイクをいつ降りても心残りのないように、この路線でまい進します。(笑)
それでは。
天の岩戸、確かにパワーを貰えそうな雰囲気。
この辺りの土地勘が全然無いので、ふむふむなるほどで見させてもらいました。
nmtr220さん、何時も感心するのですが、出撃回数多いですねぇ。
bajaさん、おはようございます。

> 神宮をスルーするあたり・・・
伊勢神宮も伊勢志摩スカイラインも横目で見ただけ、
ここはこれまで車で2度ほど来ましたが歩き疲れた場所でした。
世間様のメインは無視して・・・
今回一番のメインは高麗広と剣峠へ行くことでした。

「天の岩戸」は怖いもの見たさかもあるかも知れませんが、
普通に伊勢神宮から訪問してくださいねー。
それでは。

おはようございます。
これはまた、渋いところを見せて頂きましたね。
神宮をスルーするあたりも憎いな~
ぜひ、機会をみつけて。。。



桜井の駅さん、こんにちは。

> R166、飯南町から多気町あたりホントにのどかでいいですよね。
そうですねー、めずらし峠ついでにこの界隈の散策のいいもんですね。
綺麗な川も田園も山もあるいいところでした。

今の時期、夜明け前出発・お昼前帰宅ならダメージは少なく、
いろんな新しい風景が見られるかもしれません。それでは。
  • Re: おはようございます。
  •  nmtr220 
  • 2011.07.19 14:55  
  •  [ 編集 ]
T2さん、こんにちは。

そう言われると、見方によっては心霊スポットにも共通するようなところかも。
でも涼しいところでした。
伊勢方面へお出かけの折は一度訪問してみてください。
歩いたり上ったりもわずかなので疲れません。

鳥の鳴き声が響いていましたが、たぶん進入者への警戒なのかも・・・
それでは。

ごきげんさん、こんにちは。

伊勢方面に出向いたついでに行ってみてください。
たまにこう言うところも良いもんですよ。
私の場合はこんなところのレポばかりなんです。

> 神社への参拝、祭礼の参加を見合わせ、
エエ歳こいて、世間知らずのバチ当たりでした。
いまのところ目立ったバチは当たっていませんが・・・

凄いっ!ここを一番のお目当てでのツーですか。恐れ入りました。
R166、飯南町から多気町あたりホントにのどかでいいですよね。
私もまた走りたくなりました。

いつもにも増して・・・なんとなく「ぞわぞわ」する画像ですね。
何でしょうか・・・
涼しそうとはチョット違って・・・何かいる感じが・・・コワ!!
こんばんは
nmtr220さん。


志摩の海も行きたかったので、
ここも行ってみます。
(それだと、まったくの真似ツーリングですね・・・)

忌む場合は、
神社への参拝、祭礼の参加を見合わせ、
家では「おくどさん」で台所の調理をしている家は、
穢れを除くため、
その度に、火替え(ひかえ)といって、
かまどは壊し、新調してましたわ~

システムキッチンになってからやってませんけど・・・






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog