プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.07.07    カテゴリ:  風景・風情 

   【歴史の道】御斎峠~その昔あの家康主従も越えた道~110706

~つわものどもが ゆめのあと~


御斎峠(おとぎとうげ、御斉峠)は、三重県伊賀上野と滋賀県信楽の県境、標高630mに位置する峠です。

otogi110706


かつて徳川家康は「本能寺の変」当時、和泉国堺(大阪府堺市)界隈を見物していた。

信長死去の知らせを聞いた家康は、ただちに光秀を征伐しようとしたが、

家臣らは少ない兵力もあって、まずは領地(三河)に帰って兵を整えることを家康に説いた。

しかしこのときすでに明智方が迫って来ており、家康主従は本国三河へと命からがら逃げ帰った。

otogi110706


ここはその道中に立ち寄った場所なのです。

家康は、信楽の領主である多羅尾光俊父子に警護されこの峠を越えたと伝えられるそうです。

この脱出に協力した多羅尾氏はその後、この地の代官に任命され手厚く待遇されました。

otogi110706
(残念ながら、心無いいたずら書きが・・・)


現在放送中の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」

ドラマではお江を伴っていたが、これはどうやらフィクションのようですね。


この日(07/06)は夕方から雨の予報、午前中は天気が良いので近場探索へ。

奈良・京都の府県境あたりの石仏の道、木屋峠越えプチ険道、三国越林道から御斎峠へ向かいました。

(ボチボチとレポします)


今回も動画とセットでご覧ください


【歴史の道】御斎峠~その昔あの家康主従も越えた道~110706

御斎峠(おとぎとうげ)は、かつて「本能寺の変」の時
徳川家康が堺から領地へと逃げ帰る際に立ち寄った場所。
標高差≒300m、距離≒4.0㎞をひたすらクネクネ低速で上ります。





ワッチミー!TVは承認待ちですので、しばらくお待ちください。
(公開されました)


♪Music♪
Stay (for this Moment)
by Stephen Fewell
http://ccmixter.org/people/stephenfewell
"ccMixter2011"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome

※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。


この日(07/06)は、林道三国越線から滋賀県道138号線を経由し、「天吹山の霊泉」までやって来ました。

「天吹山の霊泉」から御斎峠の石碑のある県境まで、

標高差≒300m、距離≒4.0㎞をひたすらクネクネ低速で上って行きます。

otogi110706
(御斎峠の位置は地図によってやや異なります)


まずは名水「天吹山の霊泉」

otogi110706


前回は多くの方が水汲みに来ていて、いただくことができなかったが今回は独り占め。

給水口はひとつで水量も多くはありません。ポリタンク一杯にするには時間がかかりそう。

この時期、冷たい地下水をイメージしていましたが、冷たくなかったがおいしくいただきました。

otogi110706


クネクネを繰り返す道は舗装を繰り返したのか、ちょっと段差が多い。

峠付近にある温泉やゴルフ場の利用客と思われる車専用道路のような道。


御斎峠の石碑の場所はまだ上りの途中、本来の峠はもう少し先にあります。

otogi110706


御斎峠の石碑から、甲賀方面へ少し進んだところに句碑が刻まれています。(S53年)

otogi110706


俳人、山口誓子(やまぐちせいし)が当地を訪れた時に詠んだ句とのこと。

「切り通し 多羅尾寒風 押し通る 誓子」

ここは岩場を切り開いた切り通しの道、冷たい向かい風を押して進んだのか、冬場の寒さが感じられるところ。

otogi110706


すぐそこは三重と滋賀の県境です。


※ゴルフ場への分岐あたりには、多羅尾の仕置場跡(処刑場跡)への入り口がありますが、

存在は知っていたが、ちょっと見たい気がしないのでパスしました。

さらにしばらく進んだところには、展望台へ上る階段がありましたがこちらもパス。

暑くて暑くて・・・、もう帰ろう。


この日の夜のこと

妻曰く:「今日もどっかいってたん?雨降れへんかったん?」(優しいやないの・・・)

わたくし:「ウン!ちょっとだけ」

妻曰く:「フーン・・・、バイクの保険9月で満期やて、まだ乗るん?」

わたくし:「えェ~・・・」


★お盆休みはどこかに連れて行かないと・・・


それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
アローンさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。毎日暑いですねー。

この峠は県境にあるので峠跡を両県名乗りたかったのか
地図によって位置がまちまちなんです。それほど人の訪れるところでもないのに・・・

今日は伊勢方面まで行ってきましたが、途中リタイアで帰宅後ダウンしていました。
もう年かもしれません、それでは。
御斎峠、ふりがなが無ければとうてい読めない地名ですね。
最後の夫婦の会話、最高でした。
Kやん。さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> ・・家も父が昔ナナハンで大怪我した為・・・
あれーそうでしたか。家も、妻の親戚が阪奈道路で亡くなったらしいです。
注意されると、
「マズイ、と思ったらアクセル全開で、後々苦労かけんから・・・」
てな、暴言行ってしまいました。

普段は極力調子に乗って飛ばさないよう心がけています。
(もともと飛ばせないような所ばかり走っていますが・・・)
それでは。
SevenFiftyさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そちらの定番コースと比べると、まず情緒がないでしょう。(笑)
夜景撮影する方々の穴場らしいですが、外灯も無い山道はちょっと・・・

> 海外で避暑+ショッピング、TDLで観光+グルメ・・・
オシャレなところを提案いただきましたね!
貧乏窓際サラリーマンなので夢に見ておいてと・・・
お盆に込み合わない安上がりなところと言えば、炎天下で近場の古都奈良散策あたりはどうか?
期待していないだろうし・・・、それでは。
暑い日が続きますね。

奥様孝行はバイク乗りの必須です(笑)
・・家も父が昔ナナハンで大怪我した為、亡くなる迄は私の大型バイク乗り案は厳禁でした。
おはようございます。
SevenFiftyです。

まずこの道があることすら知りませんでした。
地図を確認にしましたが地図上では車が通れるのか分からないような峠道ですね。


>お盆休みはどこかに連れて行かないと・・・
どこかのホニャララ峠に行くのはダメでしょうね。
海外で避暑+ショッピング、TDLで観光+グルメでしょうか。
T2さん、こんばんは。
今日も相変わらず暑かったですねー。
しばらくは明け方出発、昼前帰宅が理想かもしれません。

大河ドラマは学童さんも見るので、あまりフィクションもどうかと思います。
T2さんのデートコースは多岐にわたるようで。今でもそうなんでしょうね。

奥さんもバイクに興味があればいいのですが、身内知り合いの事故などもあって
本音は反対派のようです。
事故るようなスピードは怖いので出していないのに・・・、それでは。
本能寺の変の真相については・・・秀吉黒幕説、家康黒幕説等もありナカナカ興味深いですよね・・・

伊賀上野・・・西名阪、阪奈国道のあたりは、なぜかむか~し、妻と良く行ったデートコースでした。

今回は珍しく、奥さま登場(笑)
さてさて、これからの展開や如何に?






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog