プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.07.06    カテゴリ:  旧道・現況調査 

   【旧道探索】長野隧道の現況@伊賀街道(旧R163)長野峠~110629

~あー、「道隧野長」通過ならず・・・~


長野峠(標高≒440m)は国道163号線の旧道にあり、三重県津市と伊賀市の境にある峠ですが、

今では「新長野トンネル」(2008年開通)によって、人々の訪れることも少なくなった伊賀街道の痕跡です。

三重県伊賀市側の入口
nagano_pass



◆長野峠の過去3代にわたるトンネルたち◆

明治18年竣工:旧長野トンネル(初代≒世話人)
⇒ヘタレの私は一人で見に行くことは出来ませんでした。
(当然、画像はありませぬ)

※こんなところを上って行くようです。
nagano_pass


昭和14年竣工:長野トンネル(二代目≒若頭)
⇒事前情報通り完全閉鎖されていました。

三重県津市側の入口
nagano_pass


平成20年竣工:新長野トンネル(三代目≒青年団)
⇒真新しいトンネルはこの時期、天然の冷房が効いていました。
nagano_pass


そこで今回は、

国道163号線の旧道で長野峠を目指し、昭和の「長野トンネル」の津市側と伊賀市側の入口を探索してきました。

nagano_pass


今回も動画とセットでご覧ください



【旧道探索】長野隧道の現況@伊賀街道(旧R163)長野峠~110629

あぁ~痛恨のミス。
伊賀方向の上りの映像、RECボタン押し忘れで中途半端な構成となってしまいました。
(字幕の文章表現が何かおかしいです)



 




♪Music♪
Shchedrik (Ukraine) Trailer
by transm
http://ccmixter.org/people/transm
"ccMixter2011"

She is beauty
by THEDEEPR/THECORNER/BOCREW REUNITED
http://bocrewofficialwebsite.bandcamp.com

Sleep Lightly (ft. Lisa DeBenedictis)
by Benjamin Orth
http://ccmixter.org/people/Benjamin_Orth
"ccMixter2011"


これまでの動画はこちら
Youtube">Youtube
ワッチミー!TV">ワッチミー!TV
Zoome">Zoome

※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。


長野峠は、かつて参宮街道として伊賀街道(伊勢街道)と呼ばれる交通の要所として栄えた所です。

nagano_pass


伊賀方面の上りに芭蕉塚(芭蕉句碑)が残されています。

猿蓑塚(さるみのづか)

「初しぐれ 猿も小みのを ほしげ也」
nagano_pass


松尾芭蕉は伊勢神宮参拝を終え伊賀に帰る道中、

長野越えの峠道で時雨に震える猿をみつけ、峠の茶屋で読んだ俳句とのこと。


漏水処理をおこたった旧トンネルは、

やがて土砂に埋もれ人々の進入を拒み

忘れ去られる運命なのだろうか・・・


nagano_pass




ちなみにこの昭和の「長野トンネル」、幽霊スポットとしても有名らしい。

事後調べで良かった・・・


昔のダムやトンネルなどには必ず慰霊碑やお地蔵さんが祀られています。

当然、ここにもあったので手をあわせました。


この日、昭和の「長野トンネル」伊賀市側の入口には先客のご夫婦が来られていました。

仲睦まじい先輩ご夫婦は、ご両人カメラマン&レディー。(ご主人はプロかも・・・)

お二人とも肌ツヤお若く、私の方が明らかに老けています。

いろいろなお話をしていただきましたが、特に健康管理について、

協会けんぽの保健師さんの指導には絶対ないようなお話の数々でした。

その節はどうもありがとうございました。

nagano_pass
(目隠しでは失礼かと・・・もう古いでしょうか?)

まさか「タバコを今だに吸っています」、なんて言えなかった・・・


それでは、また。

※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
エクシさん、 こんばんは。
コメントありがとうございます。

エクシさんはたいがいの所は走破されているので、良くご存じで。
あぁ~、もうちょっと早く知っていたら・・・残念です。

> 明治の旧トンネルも気になるので、機を見て行ってみたいですね。
怖くないですか?こちらは下から見上げただけで即断念でした。
これからどうなって行くんでしょう?また来年も見に行きます。(明るい日中に明治抜きで)
それでは、また。
SevenFiftyさん、こんばんは。
情報、ありがとうございます。

宇津ノ谷峠、ググッてみました。
4世代現役、幽霊スポットなんて言わせない、ちゃんと観光地開発で維持しているんですね。

>物足りないと思います。
いえいえ、静岡までは無理ですが、日帰りできる距離にあったら絶対行きます。
どうも、ありがとうございました。それでは、また。
こんばんわ~。
長野峠旧道のトンネルってもう絶対に走れないみたいですね・・・(´д`)
坑口を塞いで居なければ、中が荒れてても、どうにかなったんでしょうが、これではもうどうしようもないですね。
2006年だったと思いますが、鈴鹿でF1を見た帰りに通ったんですが、それから僅か数年でこうなるとは思いもしませんでした。残念。
明治の旧トンネルも気になるので、機を見て行ってみたいですね。
お疲れ様でした~。
こんばんは。
SevenFiftyです。

明治と昭和と平成のトンネルですか。
nmtr220さんは静岡県にある宇津ノ谷(うつのや)峠のトンネルをご存知でしょうか。
国道1号線と旧東海道なので大したこともない峠なんですが明治大正昭和平成の4つ時代のトンネルを見ることが出来ます。
それも全部現役のトンネルです。(明治のトンネルは歩行者専用)
旧道山道好きのnmtr220さんには道としては物足りないと思います。
bajaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

怖がりの見たがりなんですねー。
行き止まりのこの旧道は、林業関係の方以外は利用する目的が無い。
やがては荒れた道となって行くんでしょうね。句碑はどうなるのか?
また来年も身に行きますよ。
それでは、また。
こんちは~
うわ~明治のトンネルが存在するんですね。
もう、森に呑み込まれているんでしょうね~
見たいような、怖いような。
歴史ある街道、峠だったんですね。
それと冬のソナタには、やられました(爆)
また、お邪魔します。
> だんじりくんさん、こんにちは。
> お返事遅くなりました。
>
> 最近こちら方面も何度か走ってられましたねー。
> 私も平日ばかりですが、
> R163は街道沿いの石灯篭や道しるべの風情や広がる田園地帯などを横目に
> 混み合うこと無く走れますので、おすすめのコースです。
> サイクリストさんの定番コースが走り易いようですね。
>
> 毎度、年寄り臭いレポばかりですが、まさにそうなので仕方がありません。(笑)
> それでは、また。
ジジババ道行さん、おはようございます。
お返事が遅くなってすいません。

仕事に追われおかまいなしの生活が長かったせいか、
この10年で10kg以上増えました。
最近ではそれほど抵抗なく、ブリタのろ過水をゴクゴク飲めるようになりました。
(暑いからでしょうが・・・、麦茶を沸かさなくてもいいのでかえって節約できます)
10数年前に60㎏未満になれば体調もかなり改善するのでしょうね。

> 自家焙煎の珈琲豆屋なので・・・
これまでのお仕事と全く畑違いですねー。オールマイティーのなせる技です。
こちらと言えば、同じ仕事をかれこれ27年もしていると頭が固くて単なる世間知らずで・・・

こちらこそ、先輩方のお話が今後の参考になりますので
よろしくお願いします。それでは、また。
T2さんへ、おはようございます。
お返事遅くなりました。

そう言われてみると怖い画です。
ちなみに私、こう言うスポットと知っていたら来てなかったでしょう。
今のところ肩が重いとか無いので、誰もつれて帰らなかったと思いますー。

これからも事後調べで探索に向かおうと思います。(笑)
それでは、また。
こんにちは。
津方面からだと、ついついR165経由で、R163は通った事がないです。
でも良く考えたら、R163+名阪国道の方が早そうですね。
道も良さそうですし・・
お会いできて楽しかったです。これも何かのご縁、いつまでも健康で頑張ってください。
体重が減るとバイクのガソリン代が、、、
私達は2人で100kありませんが、能力が2人で0.7人前ぐらいしか無いので困ります。
タバコは匂いで分かりました。自家焙煎の珈琲豆屋なので嗅覚には少々自信が???あるかなぁ。
写真で若くした頂いて感謝です。心霊スポットなので老夫婦のお化けと間違われなくて良かったです。


なんとなく怖そうだな・・・と思っていたら・・・やはり、そう言う所なのですね(汗)
暗くなる頃には行きたくないところですね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog