プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.05.24    カテゴリ:  酷道・険道 

   【酷道紀行】 国道425号線~牛廻越~110518

~かつて牛車も行き来し、人々の往来もあったろう峠道~


この日、兼ねてから徘徊走行してみたかった酷道425号線の未走破区間

和歌山県田辺市龍神村湯ノ又と奈良県吉野郡十津川村を結ぶ区間を走ってきました。

R425_110518


この酷道の全区間を一日で走り切った勇者諸君にとって、まさに紀伊半島のほぼ中央部を横断する区間

最も山深い山中を突き抜けるためなのか、あまり展望がなく変化に乏しい上、単調なため

疲れがピークを迎え、「もうイヤになってきた!」と感じる区間ではないだろうか・・・

(私は区間を分割してぼちぼちと完全走破を目指します)


これまでの走行済区間
R425_110518


ところが、この区間の和歌山と奈良の県境付近には「牛廻越」(うしまわしごえ)と言う峠があり

疲れて果てかけた勇者諸君は、おそらくここで精気を取り戻し、

再びあのクネクネに向かうのであろう。



標高 ≒810mにあるこの「牛廻越」は、県境の山々を望むことができる最大のビューポイント。

通過すること無く「ほっと一息」できる絶好の場所、ここが見てみたかったのです。
R425_110518

見所少ない単調なコースをじっとガマンのご褒美がこの絶景でした。


とは言えココまで、転落死亡の注意書きや最低必要限未満のガードレール

悪路や落石は当たり前でした。
R425_110518


今回も動画とセットでご覧ください。



【酷道紀行】国道425号線~牛廻越~110518

和歌山県田辺市龍神村湯ノ又から「牛廻越」までの区間をダイジェストでお送りします。
実走時間は約35分でした。



ワッチミー!TVはまた承認待ちですので、今しばらくお待ちください。
(公開されました)


♪BGM
You Were With Us (ft. Admiral Bob)
by unreal_dm
http://ccmixter.org/people/unreal_dm

Stay (for this Moment) (ft. Snowflake)
by unreal_dm
http://ccmixter.org/people/unreal_dm
"ccMixter 2011"

Opening
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.

これまでの動画はこちら
Youtube">Youtube
ワッチミー!TV">ワッチミー!TV
Zoome">Zoome


今回の走行区間はこんな感じ
R425_110518

国道371号線・高野龍神スカイラインを南下して、龍神村湯ノ又の交差点から進入
R425_110518


※この日(05/18)は時間帯通行止めで、走行時刻はまさに実施中でした。

幸いというかなぜか通行できましたが、「牛廻越」を下った先の路肩工事でストップ。

このまま引き返す元気も無いので、お願いして通してもらいました。

こちらはブラブラしているのに、お仕事中申し訳なかった。(もうやめよう・・・)



ひたすら展望のないクネクネで落石を気にしながら走ること約35分、

ようやく「牛廻越」に到着。
R425_110518

地元の小学生が描いたのだろうか、かわいい民話の案内板があります。
R425_110518


十津川郷の昔話 「十津川郷の昔話を読んで下さい」とある。


「ずっと昔の話である。
迫西川に七本桧というのがあったという。

七本桧は、元は一本だが、中途で七本に分かれ、
その一本一本が二かかえも三かかえもある
大変大きな木だったそうだ。

もともとこの七本桧は、
山の神の木として大事に祀られていたものである。
・・・・・・・」


続きは、こちらの(56) 「七本ひのき」をご覧ください。
「インターネット版十津川郷の昔話」



ココまで対向車2台、歩行者1人・・・歩行者?

普段は軽い会釈の私ですが、思わずアクセルをひねっていました。

釣りの服装でもないし近くに車もないし、「何してるんやろう」?  昼間で良かった!



残こすところ十津川村まで30数キロ、ふたたびあのクネクネが待っています。

映像には残したが、立ち止まって眺める気力は既にありません。

終盤近くにある集落内を通過する道はのんびりとしたところだったので

いずれ映像でご紹介します。
R425_110518



完全走破まで残すは龍神温泉から御坊までの区間
R425_110518


次回はいつ行く気になることやら・・・・


それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
桜井の駅さん、こんにちは。
ご覧頂いてありがとうございます。
こんなとこばっかりですいません。

> もう一つの県道引牛越は2度ばかり走りましたけどもっと走りやすかったと思います。
すぐ南側に並行して引牛越がありますね。
こっちは川の沿っているようですので見どころもあるように見えます。
次回のコースにしておきます。

それでは、仕事中の息抜きタイムから。
なかなか我慢の走りを強いられる道ですね。
私は尾鷲~池原間でいっぱいいっぱいでした。
もう一つの県道引牛越は2度ばかり走りましたけどもっと走りやすかったと思います。
masa さん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

さすが長いキャリアだけあった、一部走破済みでしたのですね。
何とも活動範囲が広いこと・・・

> 車にKSRを積んで行って、また尾鷲~十津川間を走ってみようという計画をしている所です。
原付をワゴン車に積み込んでる人を見たことがあるんです。
社中泊も出来て遠出にはもってこいでしょう。
これでもっと行動範囲が広がりますね。
それでは、ガンバッテください。
T2さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

若い頃からご存じだったのですね。私はバイクに乗ってからココを知りました。
(乗っていなかったら死ぬまで存在すら知らなかったでしょう)

峠まで展望がほとんど無しだったので、ちょっとしんどかった。
でも悪路や落石はゆっくり走れば心配ないことだけは確かですよ。
それでは。いつか残りを走破します。
酷道425だぁ~!。
尾鷲~十津川間しか走ったことないので、その先は興味深々でした。
やはり酷道ですねぇ~。

車にKSRを積んで行って、また尾鷲~十津川間を走ってみようという計画をしている所です。
この道は、20台の時、男3人で走ったことがあります。
雑草やワダチで前のナンバープレートをガリガリやりながら・・・汗
我慢を強いられる道ですね。
アローンさん、こんばんは。
ご覧いただきありがとうございます。

実は見所少なくちょっと期待外れでした。
危険はありますが、別の既走行区間の方がスリルがありました。

興味ないライダーさんにとっては全く面白くないのでしょうね。
それでは、また見てやってください。
転落事故多発看板、うなづけます。
夜は到底走る気になりません。
この季節、昼間ならこの道をのんびり流すには良いかもしれませんね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog