プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.05.12    カテゴリ:  ツーリング 

   室生ダムと下山橋 110330

~龍神さまが住むと言う地、ひっそりたたずむ静かなダムがあります~

ダム建設当時は「室生村」でしたが、ここもあの「平成の大合併」によって宇陀市となっています。


古くからの雨乞い信仰の地にある多目的ダム。
murou_dam
所在地:奈良県宇陀市室生区大野

ダムの詳細はウィキペディアにおまかせ


ダム堤体の反対側に展望休憩所など施設が集中しているようですが、

そこへ行かず(気付かず)にダム湖の南周辺を散策しました。
murou_dam


あの有名古刹:室生寺から北へ約6㎞程の近場にあるがゆえに、

多くは通り過ぎてしまうのではないだろうか。


今回も動画とセットでご覧ください。



室生ダムと下山橋






♪BGM
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.

これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



唐突ですが、
~ピュアで美しい、癒しのピアノサウンドのご紹介~

♪宇都宮・石の蔵concert
NHKにっぽん紀行テーマ曲「旅のはじめに」・「海より遠く」



piano & composed by Wong Wing Tsan(ウォン・ウィンツァンさん)
HP:http://www.satowa-music.com/index.html
http://www.youtube.com/watch?v=315Iud5spkI


※NHK「新日本紀行」に良く似たタイトルの番組にNHK「にっぽん紀行」があります。
最近何度か、その再放送を見ました。
内容は、日本列島各地のささやかながら本物の「人間ドラマ」を紹介する紀行ドキュメンタリー。

既にご存じの方もおられるでしょうが、
そのテーマ曲が久しぶりに響き、ご紹介しました。



ダム湖南側の道路を南下して1㎞程行くと、赤い欄干が目を引く橋が見えてきます。
murou_dam


深谷川に架かる「龍鎮橋」
murou_dam


「龍鎮橋」の端部から「龍鎮渓谷」へに入口があります。
murou_dam


バイクを降り徒歩で向かいましたが、途中退散。
murou_dam

事後調べでは、一枚岩に流れる清流やお社が見られるらしいが、一人では怖くて無理でした。



「龍鎮橋」からさらに1.2㎞程進むと室生湖に架けられた吊り橋があります。
murou_dam

ナビがここを渡るように促すのです。


下山橋 (139 m)
murou_dam
人道用吊り橋のようで、車両全面通行止めです。


しばらく悩んで考え中・・・

周囲を見渡しても誰もいません・・・

路面はアスファルトでしっかりしてそうな・・・
murou_dam


※決してバイクで渡ったりしなかった気がする・・・
murou_dam
(忘れよう!)



ここも放流の音だけが聞こえる静かなところです。

室生寺へお出かけの際は立ち寄られたらいかがでしょう。


それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
よね丼次郎さん、こんにちは。
しばらくご無沙汰しています。
ご覧いただいてありがとうございます。

好んで行くところはシニアの方ばかり。
年寄りくさいと思われるでしょうが、
良く考えるまでも無く私も8割ほどシニアなので、好みは同じなのかも。

山は好きですが、上るのは苦手です。
それでは、また見てやってください。


こんにちは

相変わらず引き込まれるブログですね。正直凄いと感服します。
動画と写真の撮り方も素晴らしい。
いつ見ても走りたくなっちゃいます!(^^)!
SevenFiftyさん、こんばんは。
ご覧いただいてありがとうございます。

バイクに乗っていなかったら見ることの無い所を選んで走っています。
寄り道やらで何かと発見があるものですよ。
足腰が弱ってきたら有名どころは車で行こうと思っています。
それでは。
こんにちは。
SevenFiftyです。

動画拝見しました。
これも非観光地ツーリングですね。
道路は舗装されているとは言え厳しいところを走ってますね。
わたしは怖くてよぅ走れません。
それに高いところは苦手なので吊橋は歩いてもアカンです・・・
桜井の駅さん、こんばんは。
お返事が遅くなってすいません。
事がありまして、「流木」を行き来しておりました。
(桜井の駅さんなら事はおわかりでしょうね)

確かに秘境ですが、さすがに室生寺は込み合っていました。
お気を付けて訪問ください。
それでは。

先日行った天理ダムも良かったですがこちらはもっと秘境っぽいですね。

仏隆寺もまた行ってみたいし近い内に行ってみようと思います。

アローンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

竜神と名の付く場所はあちこちにありますね。
かつての雨乞い信仰の名残なのでしょうか。
吊橋はやはりグレーチング敷きなどで下が見えないと甲斐がありませんでした。

これから梅雨入りまでに出かけたいと思っています。
それでは。

龍鎮橋の先の吊り橋、渡ってみたくなりますね。
茨城県の北部には竜神橋にかかる竜神大吊橋というのがあって、人用の吊り橋としては日本一とか。一度渡りましたが100%観光用で渡った先は行き止まりでした。
masaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

masaさんも来られたと言っていましたね。
遅いレポとなってしまいました。
コースはナビまかせでしたので、家で言うと玄関からではなく勝手口からの訪問となりました。
慰霊碑が無いのでおかしいなとは思ったのですが・・・
また次回行ってきます。それでは。

T2さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
T2さん遠路はるばる来られましたか。お疲れでした。

安物ナビはこの橋を渡れと言うのです。
アスファルト敷きの吊橋なので丈夫なはず・・・
大人3人の耐荷重は暗にバイクで渡るなと言っているのでしょうね。
それでは。
Kやん。さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 幼少期に、このダムで溺れて沈んだ事があります(笑)
ご実家が奈良でしたね。夏休みに連れてきてもらったのでしょうか?
良かったですね、龍神さんに助けてもらったと思いましょうね。
それでは。

何か見覚えある道で懐かしく拝見しました。

下山橋も見たような・・・。

室生ダムへ行ったのは昨年の6月なので記憶がかなり薄れてはいます(^ ^;)ゞ 。
おはようございます。
室生ダム、T2も行きました。
トイレの入り口に「マムシ注意!」と貼り紙が・・・

しかしてこの橋は・・・グラマジェ+nmtr220さん・・・200kgは超えるでしょうが・・・マージンをどの程度みているか・・・悩みどころですよね。
幼少期に、このダムで溺れて沈んだ事があります(笑)
確かにこのダムには、
龍神様が居らっしゃるようですね(*^^*)







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog