プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.05.01    カテゴリ:  神話・伝説 

   室生龍穴神社の「天の岩戸」

~ここにもあった神話・伝説の場所~

「天の岩戸」と呼ばれる場所はあちこちに存在しますが、ここもその場所の一つ。


「天の岩戸」の岩戸隠れは「古事記」の中に出てくる良く知られた神話です。


日の神である天照大神(あまてらすおおみかみ)が

荒ぶる神である須佐之男尊(すさのおのみこと)の悪事を戒める為に、

岩戸の中に隠れてしまわれたという伝説にちなんだ洞穴が、この「天の岩戸」と言われています。


神話の世界を現実の世界で表現したいという要求に答えたものだろうか。
amanoiwato110330


奈良県道28号線を室生川沿いに走り、あの有名な室生寺の先に室生龍穴神社 (むろうりゅうけつ)の境内がある。

さらに山間部へ南下していくと、「天の岩戸」への登り口があります。

amanoiwato110330
所在地:奈良県宇陀市室生区室生


今回も動画とセットでご覧ください。



室生龍穴神社の「天の岩戸」
(再生がスムーズな方でご覧ください)




※ワッチミー!TVは承認待ちですので、今しばらくお待ちください。
(公開されました)


BGM:TAM Music Factory
http://www.tam-music.com/

これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



県道の分岐から林道のような山道を登ること数分、

やや小さめの鳥居が見えてきます。
amanoiwato110330

周辺に案内板や説明書き等は一切ありません。
amanoiwato110330

パックリと割れた大きな岩は、しめなわで祀られており、側には小さな祠があります。
amanoiwato110330


周囲を杉の巨木に囲まれた岩戸は、荒々しくも何故か吸い込まれそうな印象です。


自然の残したものがこのような形で姿を表すと、神々しく思うのは当然のことか。
amanoiwato110330

天の岩戸の間に入ってみたいような衝動を抑えました。


山道を含めて、周辺は室生龍穴神社の神域内
amanoiwato110330


国土地理院 電子国土基本図(地図情報)閲覧サービスより
amanoiwato110330
さらに奥地には奥宮吉祥龍穴があるそうだが、またの機会に。
(事前に予習していないものはいつも宿題に残してしまいます)



室生龍穴神社
祭神 高龗神(たかおかみのかみ)


イザナギノミコトが火神:カグツチノミコトを斬った時、カグツチノミコトの血から生まれた水の神。
祈雨・灌漑の神として信仰されている。
(参考:「日本の神様・仏様まるごと辞典」より)


室生寺周辺の県道は道幅も狭く、ちょっとだけバイクを駐車できるスペースも無かった。

室生寺に比べ、室生龍穴神社の方は無料の駐車場のようであったが、通り過ぎてしまった。

予定外の場所ではいつものことだが・・・


相も変わらずメインを逃したお粗末レポート。

良い子のみなさんは、普通にあの室生寺から巡ってくださいね。

それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
よね丼次郎さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

伊勢方面まで足を延ばすともっと雰囲気のある「天岩戸」がありますが
今回は通り道にあった予定外の場所でした。

> OFF車持っていますが数えるほどしか・・
そちらは自動車も含めて何台も所有されて
それこそ羨ましい限りです。
それではまた見てやってください。
素敵な場所ですねぇ

OFF車持っていますが数えるほどしか・・
うーん
こんな道走りたいですっ。
羨ましいです。
SevenFiftyさん、こんばんは。
これまで和歌山や泉南の海も行きましたが、
自分はソロで山岳部へ行くのが性に合っているようです。
それもスクーターで!

> 道中未舗装や簡易舗装の厳しい道もあるのでしょうか。
いえいえ今回は舗装路ばかりでしたよ。
今年は舗装林道ばかり走ってみようと思っています。
それでは、また。
桜井の駅さん、こんばんは。
だんじりの彫物にも神話の世界があったとは、知りませんでした。
戦国時代の名合戦ばかりと思っていました。

先日は大宇陀まで来られたのでそう少しでここにこれますね。
それでは、お気をつけて。
こんにちは。
SevenFiftyです。

またすごい山間部まで行かれているのですね。
道中未舗装や簡易舗装の厳しい道もあるのでしょうか。
記事を見て行きたい衝動にかられました。天の岩戸はだんじりの枡合によく彫られている題材で興味があります。
369号線から逆に行っても面白そうですね。
アローンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

年を重ねると、とにかくもはや神頼みなのかも知れません。
寺社仏閣に出向いても、どなたが祀られているやも知らずに手を合わすのもどうかと・・・

> 扉峠には行きませんでしたが、その時の動画が出来ました。よろしければ…。
ありがとうございます。もちろん拝見させていただきます。
それでは、また。
日本の神話と言おうか民話と言おうか、おおらかな物語です。
数日前に行った諏訪地方にも、扉峠というところがあって天の岩戸の伝承があるようです。
扉峠には行きませんでしたが、その時の動画が出来ました。よろしければ…。
masaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

室生寺から奥深く行くと巨木の森があり、夏場は涼しいと思います。
> 室生なので室生ダムの近くでしょうか?
その通りです。さすが良くご存じで・・・
この日は室生ダムも見てきました。レポートは少々お待ちください。
それでは、また。
凄く神秘的な所ですね。
室生なので室生ダムの近くでしょうか?。
T2さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ボーイスカウト活動とは、何でもされておられたのですね~。

すでにツーマプや安物ナビでは間に合わなくなって、国土地理院より勝手にお借りしました。
> やはり、オフロードです!!
オフロード乗換えは、稼ぎが無いので、Gマジェ走行不能待ちでしょうか。
それでは。
わっ! 1/25000だ!!
久しぶりに見ました・・・笑
T2、ボーイスカウト活動やってましたので・・・この、等高線の地図。
nntr220さんのツーリングコースには不可欠かも・・・汗
やはり、オフロードです!!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog