プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.04.13    カテゴリ:  酷道・険道 

   【街道紀行】伊勢本街道-酷道368号線仁柿峠110330

~リベンジ・ザ・仁柿峠越え かつての参宮街道の難所~

その昔、西国や関西から参宮する「お伊勢参り」の最短コースがこの「伊勢本街道」。

「伊勢本街道」は、奈良(猿沢池)から「初瀬街道」を経て伊勢へと至る参宮道であった。

nigaki110330
(上仁柿から峠方面を望む)

三重県津市美杉町(旧:一志郡美杉村)多気と松阪市飯南町(旧:飯南郡飯南町)上仁柿との間には

仁柿峠(櫃坂峠)という峠がある。(にがき峠、ひっさか峠)

nigaki110330


伊勢本街道はこの峠を越える急勾配の難所であった。(今でも難所であるが・・・)

江戸時代、この峠付近には旅籠が建ち並び小さな宿場町のように栄えたそう。

nigaki110330


これまでのレポートはこちら
2010年版
2009年版


昨年は撮影・散策できなかったので、今回はそのリベンジ。

まずは、道の駅「美杉」で深呼吸。
nigaki110330

道の駅の北・北西にはいろいろ見所があるようなので、またの機会に。

「津市森林セラピーロード」MAP
nigaki110330
青山リゾートに来たと言う方々に聞くと名古屋方面から来られたようでした。


今回も動画とセットでご覧ください。
酷道区間ノーカット&等速でお送りします。



【街道紀行】伊勢本街道-酷道368号線仁柿峠110330
(再生がスムーズな方でご覧ください)

三重県津市美杉町上多気 道の駅「美杉」⇒同松阪市飯南町上仁柿
(美杉町奥立川あたりから狭路区間に入る)





♪Music by Benjamin Orth
http://ccmixter.org/people/Benjamin_Orth
”ccMixter”

これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome

★nj (エヌジェイ)さんの曲も聞いてみてください。



道の駅「美杉」は、これから走る酷道区間があるためか人や駐車場が満杯になったところを見たことが無い。

のんびり遠くの山々を眺めてのランチや車中泊には持って来いの場所。

nigaki110330

道の駅を出発し、名水「蛍の水」を過ぎて

やがて快走路は、美杉町奥立川あたりから狭路区間に入る。


松阪市に入ってすぐ、酷道区間の直前にある「峠地区」は、しばらく廃村のようでしたが

ここ最近ではお住まいのお宅が数軒あるように見受けられました。

nigaki110330


「伊勢本街道」は「お伊勢参り」の最短コースではあるが険しい山道が続くため、

やがて以北にある比較的平坦な街道を経由して伊勢街道に至るルートが主流となり、

徐々に整備が怠り、利用者も減っていったようである。

幸いにして整備開発が少なかった分、

かつての面影を残す狭小路を現在でも通行することが出来るのです。

nigaki110330




■最後に、峠地区の案内板の全文を。
nigaki110330

史跡
「峠」
昭和五十年廃村となった峠地区です。
ここを通る道(国道三六八号線)は大和と伊勢を結ぶ大切な道で、
峠の歴史はこの道によって綴られて来ました。
特に伊勢神宮の神霊が初めて伊勢入りされた由緒(伊勢本街道)に始まり、
中世には伊勢国司道の一拠点となり、
近世には西国から来る参宮道者の宿場として、
茶屋や宿屋が軒を並べ、
今にその屋号を伝えて往時を語っています。
(飯南町文化財調査委員会)


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
アローンさん、こんばんは。
> 幅員は狭いけれど、ほのぼのとした道・・・
そうなんです。ほのぼのとしてるんですね。そう言っていただいて良かったです。

この日は久々にデジイチを持っていきましたが、なぜか動画ばかり撮っていました。
またホワイトバランスなどいろいろ設定を変えて撮ってみます。
それでは、また。
軒先をかすめる材木運搬車の運転テクに、妙に感心しました。
幅員は狭いけれど、ほのぼのとした道で、バイクなら快走路ですね。
T2さん、こんばんは。
>酷道はなかなか楽しめそう・・・
そういってくれる方は非常に少ないので嬉しいです。
車で行けるような場所はいつでも行けるとの思いからですが
(実は全然行かないのだが・・・)
次のコースを考えるとやはり同じようなところばかり。
偏っております。
それでは。
桜井の駅さん、こんばんは。
遠路はるばるお疲れ様でした。
なるほど仁柿峠は普通の方は避けるでしょうね。

> 管理人さんの・・・
適当なHNにしてしまい呼びにくくて申し訳ありません。
何も考えずに、家族の頭文字でした。

それでは、また見てやってください。
前を逃走する林業作業車がいつ、丸太を落とすかと・・・ハラハラしながら拝見しました(笑)
対向車がちと心配ですが・・・こちらの酷道はなかなか楽しめそうですね。
ここは昨年8月多気町のコケコッコー共和国に行った帰り通りました。
R166から別れてしばらくは良かったのですがどんどん狭くなりきびしい峠越えとなりました。
日曜日でしたが確かに道の駅美杉もがらがらでした。
管理人さんの詳しいレポが非常に役立ってます。感謝です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog