プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.03.16    カテゴリ:  日記 

   遠く離れた自分にできること

被災された方々へ、心よりお悔やみ・お見舞いを申し上げます。


今回の災害の影響は、徐々に身近にも表れてきました。

取引先におかれましては従業員やその家族の安否確認、事業所の被害状況の確認などに奔走され

さらに操業・営業停止を余儀なくされているところも多くあります。

document


重ねてお見舞い申し上げます。



食品・衣類・寝具・薬品等の他、仮設住宅の建設が急がれます。

既に(社)プレハブ建築協会は計3万2800戸の建設要請を受け、建設場所の確保ができ次第着工できるという。

なんと着工から完成までわずか3週間程度とのこと。

あの「阪神・淡路大震災」の際にも発生から2カ月強で約3万戸が建設されたそう。


ちなみに仮設プレハブ住宅と言えば、工事現場の仮設建物をイメージしますが、

最近の仮設住宅はその居住性が一段と良くなっているようです。


協会関係者の方々がこれまでの経験を十二分に発揮していただくことを期待します。




まだまだ生存者の捜索が行われている最中、そう遠くない時期に現れる経済への影響も心配です。

身動きの効く西日本がその不足を補い、盛り立てる時が来たのか。



現在、遠く離れた自分にできること。




greenforest road (re-edit)
http://www.youtube.com/watch?v=m5K4Bq8bM4w

http://www.watchme.tv/v/?mid=ca9c5ad305c61767ad977ea1bcffc76e


がんばろう、日本。







※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
T2さん、夜分に恐れ入ります。
今後、災害に強い再開発など都市計画が見直されるのだと思いますが、
今はスピードが必要とされており、関係者の方々が奔走されているのだと思い
仕事でもありながら無償のものを感じます。

阪神・淡路大震災の時、仮設住宅の設置場所探し、法的な課題、恒久住宅の場所、いかに大量に短期に作るか、仮設から恒久住宅にどうやって移転させるか・・・住宅だけとっても山の様な課題が・・・当然、そこで暮らす方の健康やこころのケアと・・・過去の経験が活かされることをT2も願っています。

日本はもともと災害列島と呼ばれるように、自然災害のデパートの様な所です。
それを人間の知恵や努力でしのいできた、それでも避けられない災害に対して相互扶助の心でつないできた民族です。
その日本人の伝統を思い出したいものです・・・。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog