プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2011.02.23    カテゴリ:  バイクのこと 

   事無くセル一発始動!

復活致しました


昨日待望の互換バッテリーが到着し、本日(2/23)無事復活いたしました。

Newバッテリー取付とタンデムシート廻りの部品を復元する、慣れない作業に1時間強。

元気にセル一発始動! バッテリーだけの問題で良かったとやや安心。
revival
充電済み商品でしたが、補充電しておきました。


念のためフル充電した重い旧バッテリー積み込み、近場のやはり山中へテストに出かけました。

暖かくなってきた山中、京都府道62号線と三国越林道との分岐にて
revival
天候が良くなり暖かくなると取締も多くなります。久々にレーダーも付けた。


このまま三国越林道の展望台にある東屋に行きたかったが、

急な野暮用が入り途中退散、またの機会となりました。

せっかくデジイチを担いで来たのになぁ?


今回も旧作です。暇つぶしにでもどうぞ。



今年も行きます高野山の麓





これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



互換バッテリーの保証書ですが、手作り感ありすぎで商品名もない!(?)
revival

国産メーカーのOEM商品と謳っていたがやはり made in P.R.C. 型番:FT9B-4

3.000円なので仕方がないが、しばらく様子見です。(電圧計が必要だ)


いつもの山中で突然・・・、てなことにならないかどうか心配が付きまとう。

当然、この心配が無くなるまで休憩中もエンジンかけっぱなしになることでしょう。


中華バッテリー装着。 ちょっとだけ掃除してやった。
revival

タンデムシート廻りの部品を復元した。
revival
セコムは利用していないが、シールだけダミーで貼っています。

後付けしたタンデムバーのネジ位置が微妙に合わなくて苦労した。

また、タンデムシートがやや汚れているが、今年の冬も野良ネコの寝床であったようだ。


この日は平日の水曜日、多くのシニアライダーさんを見かけました。

2台程の方がペコリとしてくれ、ようやく皆さんも冬眠明けのようです。


そうそう、互換バッテリーの注文と併せてメッシュジャケットもポチッ!

チ○パットならぬ、肩パット?も付いていた。
revival
古着なので洗濯してもらいました。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト
桜井の駅さん、こんばんは。
いつも見ていただいてありがとうございます。
エンジンがかかればOKとは限らないのですね。
旧バッテリーが使い物になるかどうかをチェックしないと重いだけかも・・・
めんどくさがりの素人ですのでまた何かあれば教えてください。

そうそう町道内子谷線は立派な2車線路でした。
国道より地方道のほうが立派なのはよくあることです。
今年は花園中学校からもっと南下してみたいと思っています。
それでは。

デジタルテスターがあればバッテリーの元気度が分かっていいと思います。導通テストやバッテリー電圧が測定出来るテスターです。
今は安くなって1980円くらいで売っているかと思います。
車両に付ける前に測定出来るのでいいですよ。意外に古いFBバッテリーの方が電圧が高かったりして。(笑)

花園、高野のルートは楽しめますね。ごま豆腐を買いにまた行かねば。
大門へ抜ける内子谷経由のルートが好きです。
T2さん、こんばんは。
一か八かの中華製互換品、その性能はいかに!ってとこでしょうか。

電圧計、マメにメンテされるような方々は必需品とおしゃっていました。
自動車用のシガーに取り付ける電圧計が売っていたように思うので近々購入します。

知らぬ間に純正バッテリーを購入するのと変わらないような出費となるのはいつものこと。(笑)
それでは、お互いトラブルの無い旅を楽しみましょう。
確かに人里離れた山中で・・・となると、手も足も出ない・・・。
キックがあれば・・・せめて電圧計は欲しいですね・・・。

T2のお友達、まささんは同じグラマジェに電圧計を装着されてます。
T2もA☆16さんの付けている電圧計を付けようかな・・・と画策中です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog