プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.10.31    カテゴリ:  寺社・仏閣・史跡 

   【史跡訪問】地獄谷石窟仏~春日山原始林最奥の聖人窟~121020

平安時代に刻まれた石窟仏訪問にプチトレイル
~この日のツーはこの1本目であえなく終了となりました~




10/20のおはなし

秋の気配を求めてお山方向へと、その気になって準備はしたものの

奈良盆地の朝は気温8℃、中部に至ってはなんと今季最低の4.4℃・・・ムリはすまい

達者で早起きのお方のマネは出来ず、気温も上がり始めた時刻に近場徘徊に切り替えて。

121020jigokudani
奈良春日山原始林の東の山あい、奈良市誓多林町(せたりんちょう)




この日向かったのは、かつて各地を遍歴修行した聖(ひじり)が暮らした言う聖人窟

奈良春日山原始林最奥にある地獄谷石窟仏 (じごくだにせっくつぶつ)

春日山信仰に由来する滝坂の道にいくつかある石仏のひとつです。

121020jigokudani




旧柳生街道「滝坂の道」をハイキングされたことのある方ならご存知のところ

紅葉シーズンは、赤や黄色のもみじの色が美しいらしい。

奈良に居を構えてかれこれ20数年、奈良春日山は一昨年行った峠の茶屋のみ・・・


レポはこちら (ビクスク時代でした)
【街道紀行】柳生街道~石切峠の茶屋~110814




ハイキング客で賑わうあの峠の茶屋を過ぎてすぐの所、ここにバイクを停めてハイキング体制に!
121020jigokudani

「な~んや、たったの500mやんけ!」



行きは16-7分、下りが多くてそれほど苦にもならず、お目当てに到着
121020jigokudani
見事な石窟仏です




シニアの男性ハイカーさんが先行して行かれたので、付いて行こうとしましたが

追い付くどころか、姿も見えなくなりました。

歩き慣れておられるとは言え、皆さん達者です。




しか~し、引き返さないと・・・

歩いたコースはこんなところ、ドライブウェイ側からなら5分ほどだったらしい。シマッタ!
121020jigokudani


地図では奈良市白毫寺町、国指定文化財等データベースでは奈良市高畑町とある

どちらが正解なのか・・・



それでは、きつかった山道をダイジェスト映像でご覧ください

なお残念ながら、いま時使う方も少なくHDでもないXacti、データエラーで走行映像がありません


【史跡訪問】地獄谷石窟仏~春日山原始林最奥の聖人窟~121020

地獄谷石窟仏は「滝坂の道」にいくつかある石仏のひとつ
平安時代に刻まれた石窟仏を拝みにプチトレイル
@奈良市白毫寺町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=546d23cbe87887207b6c401f422826c6





(走行映像はこちらで)

【街道紀行】柳生街道~石切峠の茶屋~110814

石切峠茶屋
創業180年、江戸時代から現在まで営業を続けておられる「峠茶屋」
@奈良県奈良市誓多林町







これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




ずんずんと歩いて行くと、尾根づたいの道に出ました
両側が崖になる尾根道ってやっぱり少し怖いなあ...
121020jigokudani
道は本格的な山道へと変貌します


実は「地獄谷石窟仏」から再びドライブウェイに戻り、
車道経由で茶屋を目指すことも出来ます
一般的にはそちらがオススメでしょう。




この山道はアップダウンが激しく足元も悪く、キツかったです。
121020jigokudani



地獄谷にかかる橋を渡ります。
121020jigokudani



歩くこと16-7分、何とか到着~
121020jigokudani
頑丈な鉄格子で保護されています・・・、こっちが檻に入っているよう



春日山石窟仏の中では最も古い仏様
121020jigokudani



暗くてなかなかうまく撮れません
121020jigokudani
右の壁に妙見菩薩の線刻がある(らしい)





行きは16-7分だったのに、引き返しは40数分、もうクタクタ

下半身に乳酸をため込んでサッサと帰りました。


走行距離:たったの30㌔で終了。。。ある意味新記録・・・


121020jigokudani
秋の気配はこの程度・・・




この日は多くのハイカーさんとすれ違いましたが、特に女性ハイカーさんが多かった

それもべっぴんさんばかり  (30年ぐらい前に逢いたかった。です・・・)



次回「滝坂の道」ハイキングは通しで家内と向かうことになりました



121020jigokudani




あんなに寒かった気温も陽が上ると20℃を越え、パンツまで汗だくに


風邪引いたヮ~ (2日も仕事を休んだのはここだけの話で)

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.10.27    カテゴリ:  未舗装路・林道 

   【林道探索】清水谷林道~いばらのみちは即撤退~121006

今回は行き当たりばっ旅・林道探索
~先の見えない不安MAX、根性無しの撤退でした~



もう1ヶ月近く前のおはなし、「行き当たりばっ旅」は某民放のパクリ。



この日の目的は、滋賀県東近江市茨川町

かつて、愛知川上流茶屋川沿いにあった茨川(いばらがわ)という集落の痕跡を探す事でした。


しか~し、これも日頃の行ないか、精進がたらんのか・・・

残念ながら途中路面崩落で行けなかった。(今年はこればっかり)



肝心のフラットダートな茨川林道ネタは映像未完で後回し




以前UPしたキャンプのまねごと、崩落現場のすぐ脇に丁度コンクリ舗装の枝道がありました。
121006shimizudani


「キャンプのまねごと」はこちら




清水谷林道:大津営林署所管 葉っぱが・・・タヌキかキツネ?
121006shimizudani
ステンレスにエッチング加工した立派なもの

こんな立派な標識があるなら、道も相当良かろう。。。と、誰でも思うでしょ!




事後調べ、谷筋をグイグイ登って結局ピストン
121006shimizudani
国土地理院より借用



それでは一か八かの林道探索は映像でもご覧ください


【林道探索】清水谷林道~いばらのみちは即撤退~121006

茨川林道は焼尾谷の手前、路面崩落で不通
仕方なく枝道の林道探索に向かったが・・・
@滋賀県東近江市茨川町






※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=2fd880637dc91798b5907b0654ed16d0



♪Music
"Just Drive" (ft. Team Smile and Nod)
by Hans Atom
http://ccmixter.org/people/hansatom
"ccMixter2012"

"Why I Never Run" (ft. FronzArp)
by Alex
http://ccmixter.org/people/AlexBeroza
"ccMixter2012"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




序盤は激坂のようですが、コンクリ舗装なので無問題?
121006shimizudani



無問題もすぐに終わり、早々におかしなことになってきます

一時は路上河川と化したのか、尖った石がゴロゴロ

一か八か的探索は引き返すタイミングを逃しダラダラと進む



材木置場か転回帯か、野営でも出来そうな空地に出ます(夜は暗黒間違いなしでしょう)
121006shimizudani
鈴鹿の山々に囲まれて、ここでコーヒータイムにすれば良かった



しゃーない・・・、行くしか無いか
121006shimizudani



で、坂道で立ちごけライクにまた恒例のコケ(やんわり寝かすのが常習的)

若干のパニクリとハァハァで、この日の予定は早々に切り上げ終了


再び突き当りを見てみたい・・・と、再訪の可能性は非常に低いでしょう。





行き当たりばったりの探索は控えようと、再々々々・・・誓うのでした。

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012.10.20    カテゴリ:  Narrow Road 

   Narrow Mountain Road~滋賀県道522号線と岩谷山仙禅寺~120825

陶芸の街・信楽の山中に鎮座する秘仏への道
~この険道は抜け道でも近道でも何でもありません~




「まだ続けるんかいな~」と、あきれ顔が目に浮かぶような秋も深まった今日この頃

またまた古ネタ小ネタですが、よろしくお付き合いの程をm(_ _)m




山城国、あの鷲峰山金胎寺の別院として、信楽の山中に鎮座する古刹

岩谷山 仙禅寺(いわやさん せんぜんじ)参拝に向かいました。

120825r522iwaya
ハァハァゼーゼーすることも無く・・・




「木がくれて 茶摘みもきくや ほととぎす」 (木隠れて茶摘みも聞くやほととぎす)
120825r522iwaya
元禄七年(1694年) 松尾芭蕉 51歳の吟

「今ごろは、茶畑の茶ノ木に見え隠れしながら、茶摘女たちもホトトギスの声を聞いているのであろうか」

即興で吟じたものではなく、心の中に思い描いた一句とのこと




出発は滋賀県甲賀市信楽町畑
120825r522iwaya
ここから滋賀県道522号田代上朝宮線の狭小険道区間を抜けて行きます。



こんなルートで・・・
120825r522iwaya




それではお寺周辺の様子を走行映像と共にご覧ください


Narrow Mountain Road~滋賀県道522号線と岩谷山仙禅寺~120825

陶芸の街・信楽の山中に鎮座する秘仏への道
異常気象時通行規制される、狭小険道区間を抜けて向かいます
@滋賀県甲賀市信楽町畑⇒同 上朝宮







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=0896b5d09beb8f3d207b6e50b5534642




♪Great Music♪
"This Is Everything"
"The Gloaming"
on the album titled "The Wake"

written, performed and produced by Josh Woodward
http://www.joshwoodward.com/



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




異常気象時の通行制限、基準の表記が無いのは現場・現況合せか?
120825r522iwaya



この頃は見慣れた小ぶりの茶畑のある風景を抜ける、谷筋に入って行くと

岩谷山 仙禅寺、通称:岩谷観音があります
120825r522iwaya
辺りは高木に囲まれて陽の光が届かないのか、薄暗いところです



さすがは茶所、発祥の地を詠う石碑
120825r522iwaya
芭蕉の句碑はこの隣にあります



山の斜面にへばりつくように建てられた、懸崖造りと呼ばれる本堂
120825r522iwaya
養老7年(奈良時代)に創建

卍のあるケラバ垂木の奥に磨崖仏があったそうですが、暗くて良く見えなかった。



ご本尊の十一面観音立像は左奥に安置されていますが
120825r522iwaya
秘仏とされているため、拝むことはできませんでした

右奥の岩盤は蜘蛛の巣がいっぱいで遠慮しました。




詳細はこの案内板で
120825r522iwaya



お近くにお越しの際は是非。



つたない古ネタレポでした

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012.10.13    カテゴリ:  酷道・険道 

   【酷道再訪】国道311号線~熊野市甫母町の狭小区間~120912

東紀州路熊野灘紀行のラストを飾る・・・
~二木島湾の沿岸部、防波堤沿いの狭小区間を再訪通過しました~




またまた古ネタ小ネタの酷道ネタ、映像メインですが良かったら・・・



熊野市甫母町(ほぼちょう)・・・やさしい印象の地名です
120912hobo-koku
ここは国道311号線を通過する際、避けては通れない区間



二木島湾の沿岸部、リアス式海岸の入り江にある防波堤沿いの狭小区間
120912hobo-koku
関西の酷道ファンは車で通過されているようですが、

私の場合、この区間が残る限り車で来ることはありません。



それでは小さな漁村を通過する狭小区間の映像もご覧ください


【酷道再訪】国道311号線~熊野市甫母町の狭小区間~120912

国道311号線には、一部小さな漁村を通過する区間があります
二木島湾の沿岸部、防波堤沿いの狭小区間の走行映像です。
@三重県熊野市甫母町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=22f046e489139625cd808e47a3465437



♪Music
"Is Anybody Listening?" (ft. DRIP)
by Alex
http://ccmixter.org/people/AlexBeroza
"ccMixter2012"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




おだやかな海岸ですが、のんびり眺めながら走ることなど出来ません
120912hobo-koku
対向車に注意が集中するのは仕方がないこと



小さな漁村は人口175人、世帯数75戸(平成17年10月末)
120912hobo-koku
津波を防ぐ堤防が集落を囲んでいます


防潮扉は災害時に扉を閉める人員が確保しづらいことから

常時閉門されているとのこと。





今回は熊野から尾鷲方向の走行でしたが、初めて来た4年前は逆方向から

ガードレールの無いところで片や海、冷や汗ものでした。
120912hobo-koku



4年ぶりの国道311号線は、道路拡張やトンネル貫通やらで随分と走り易くなりましたが

この甫母町区間の拡張は非常に難しいのではと・・・

しかし将来、トンネルや迂回路が出来たとしても、私はコチラを選択することでしょう。



つたないレポでした

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012.10.10    カテゴリ:  舗装林道 

   【舗装林道】広域基幹林道 飯高北奥線 120725

奈良と三重の県境にある登山口へ向かう舗装林道
~復旧工事の作業員氏により行く手を阻まれあえなく途中退散~




再び古ネタ、暇つぶしにでも見てやってください。



先日レポした月出の中央構造線を訪問する際に向かった舗装林道

記事はコチラ
【断層訪問】月出の中央構造線@松阪市飯高町月出120725



ツーマプには「展望良好」との記載があり、期待してノコノコ来たのだが・・・
120725kitaoku
確かに標高≒700mを越えたあたりから展望が良くなりますが

”良好”との表現、編集者の見た印象が良く分かりました。



近畿自然歩道の案内
120725kitaoku
この道は、近畿地区2府7県・総延長3,258kmにわたる長距離自然歩道の一つ

東海自然歩道は良く目にしますが、近畿ではこの自然歩道の方が多いのだとか。



福本集落の最北にあった、お決まりの林道の起点標識
120725kitaoku
登りの途中にあるのでバイクでは撮影しにくかった!




それでは、またダラダラ長くなりましたが映像でもご覧ください


【舗装林道】広域基幹林道 飯高北奥線 120725

月出の中央構造線を訪問する際に向かったが
工事作業員氏により行く手を阻まれ途中退散
@三重県松阪市飯高町富永→同町月出






※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=47974eca094dbff2d95be423980f196e



♪Music
"The Sweetest Sin" (ft. Trifonic & Amelia June)
by Loveshadow
http://ccmixter.org/people/Loveshadow
"ccMixter2008"

"Revolve"
by His Boy Elroy
http://ccmixter.org/file/hisboyelroy
"ccMixter2005"

"U TERU S . Birth of Souls" (ft. Teru and C. Layne)
by Loveshadow
http://ccmixter.org/people/Loveshadow
"ccMixter2009"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




途中に有る三峰山への登山口案内
120725kitaoku



投函箱があるのでここからも登れるのか?
120725kitaoku



登山への近道っぽい三峰局ヶ岳林道は、コンクリ路面全面が路上河川化
120725kitaoku
無理はしません



ここからすぐの所に林道竣工記念碑
120725kitaoku
草ボーボーですが、ランチや一息つくのに良い場所でした


おやおや、怪しげな林道が・・・
120725kitaoku



未舗装林道 細野山線・・・何じゃこの標識の穴は???
120725kitaoku
今回は探索見送りです。また来るかどうか、微妙です。

グーグルマップで見ると、山の南側尾根沿いを走る林道で

さぞかし展望も良かったことでしょう。行っとけばよかった!



記念碑をもう少し進んだところで工事作業員氏の指示でストップ

休憩中にお邪魔してしまって申し訳なかった。
(炎天下での外の仕事、ご苦労様でございます)

復旧工事の進捗を見ておきたかったが叶わず・・・





帰宅後、老眼のぼやけた目でツーマプをよ~く良く見てみると

道が途中で途切れてました・・・

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村


Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog