プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.09.29    カテゴリ:  Narrow Road 

   Narrow Country Road~奈良県道28号吉野室生寺針線~120725

My favorites Narrow Road
~杉林の中を抜ける狭小区間、何もありませんがお気に入りの道です~




またまた古ネタですが、しばらく狭小路に絞り込んでレポします。



国道369号線から国道166号線の高見峠付近を結ぶ

奈良県宇陀市榛原区内牧から吉野郡東吉野村瀧野まで、わずか4キロの区間

この奈良県道28号吉野室生寺針線、走行経験のある方も多いのではないでしょうか?



きれいに枝打ちされ、手入れが行き届いたまっすぐに連立する杉林の中

言葉が見当たりませんが、何となくホッとする場所なんです。

120725_r28

街のホットステーションならぬ、田舎のホッと狭小路といったところ・・・




もう4年前になるか、地図上で単にR369とR166をショートカットするために走った道

「ワー、エエ感じや!」と思い、以後何度も走っていますが飽きません。

120725_r28




お気に入りの区間はこんなところ
120725_r28



それではお気に入りの狭小区間、等速映像でご覧ください


Narrow Country Road~奈良県道28号吉野室生寺針線~120725

県道28号線の国道369号線と国道166号線を結ぶ区間
杉林を抜ける狭小区間は、何もありませんがお気に入りの道です。
@奈良県吉野郡東吉野村瀧野⇒宇陀市榛原区内牧







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=66bd441522c8c996323e94e3dbc221da


♪Music
"I Only Think of You" (ft. Camburn, ElRon XChile)
"Just Play the Song"
(ft. William Frick, Elron XChile, Speck, Andres Franco, Admiral Bob, unreal_dm, copperhead, William Berry, Bluemillenium, Zapac)

by texasradiofish
http://ccmixter.org/people/texasradiofish
"ccMixter2012"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




はじまりは吉野郡東吉野村瀧野
120725_r28


ややこしい標識のあるところ
120725_r28


瀧野というと、天照大神(あまてらすおおみかみ)の「国分け伝説」で登場するところ

内容を転載したレポはこちら(旧飯高町ホームページから)
【街道紀行】旧和歌山街道-珍布峠(めずらし峠)110330




狭小路のわずかな離合帯、ここで必ず立ち止まって一服
120725_r28


ホッとしてボーっとします
120725_r28




温泉好きの方は、狭小区間から南下した所にある公営「かたすみ温泉」をどうぞ。
120725_r28
(私はトイレをお借りするのみ)



この何となくホッとする狭小路

これまでたったの一名様に同感していただきました。(≧◯≦)


狭小路レポはしばらく続きます・・・

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.09.26    カテゴリ:  街道紀行 

   【東紀州熊野灘紀行】R311楯ヶ崎~千畳敷と二木島灯台~120912

まだまだ引っ張る東紀州路、熊野灘紀行
~ちょっと辛い道程の後、圧巻の大岩壁がそびえる名勝があります~





国道311号線を東に向かい、熊野市甫母町(ほぼちょう)の漁村を貫く酷道区間を過ぎたところ

名勝:楯ヶ崎(たてがさき)観光のための無料駐車場があります。

120912higashikisyuu3
駐車場から望む二木島湾もなかなかいい感じ


※本来のメインは、この酷道区間だったりします・・・


道程を示す案内板があります
120912higashikisyuu3




ここから楯ヶ崎へは遊歩道を歩きます

案内によれば、距離およそ2km・約45分ほどの道程とのこと


「2㌔か・・・、まぁしれとるで~」と、安易にカメラだけ持って向かいました。

駐車場にはベスパが1台あるのみ。観光客でごった返すようなことはなさそうです。



お察しの通り、辛いつらい道程・・・アップダウンの連続と足場の悪さ

加えて30℃を越える暑さ、観光気分などすっかり無くなりました




全身汗だく、もうフラフラになって到着した先には素晴らしい光景が
120912higashikisyuu3


120912higashikisyuu3


120912higashikisyuu3




途中の山道でベスパで来た学生風の若者とすれ違いましたが

「すっごく良い景色ですよ」、「ガンバッテください!」と、励まされました。

水分を持参して来なかった私の視線は、

若者が持っていた空っぽのペットボトルに釘付けでした。




見所説明は案内板におまかせし、写真のみのレポとなりますのであしからず。

今回はちょっと写真多めで重たくてすいません。m(:;)m



こんなところなので道など見えません
120912higashikisyuu3



それではクタクタの山道は大きくカットした映像もご覧ください


【東紀州熊野灘紀行】R311楯ヶ崎~千畳敷と二木島灯台~120912


東紀州の太平洋に広がる熊野灘
かつて神武天皇が東征の際の上陸地ともされる「楯ヶ崎」
巨大な「柱状節理」の大岩壁は圧巻でした。
@三重県熊野市甫母町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=54a6aecdbb7a8dd9995b82d843fe8a29



♪BGM
"Spring walk"
by H/MIX GALLERY
http://www.hmix.net/

"思い出"
by 甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




遊歩道というか山道と言うか、親切に距離を示してくれてはいますが

アップダウンが多くてなかなか進みません
120912higashikisyuu3




やがて海岸沿いに出ました
120912higashikisyuu3



阿古師神社
120912higashikisyuu3


120912higashikisyuu3


これが本殿です
120912higashikisyuu3
軽く手を合わせて先を急ぎます



「あー、もうちょっとや~」と声に出したりしながら・・・
120912higashikisyuu3




ようやく前方に熊野灘が広がる岩盤上に・・・「あー、やっと着いた!」
120912higashikisyuu3



つい立状の岩
120912higashikisyuu3
元気も無いのに、この上に登ったり・・・


こんな小島でサバイバルは可能か?
120912higashikisyuu3


表情も荒々しい岸壁です
120912higashikisyuu3



おや、釣り人が居ますね
120912higashikisyuu3
数人の釣り人が炎天下で楽しんでいました。

駐車場には車が無かったので、渡船で来られたのか・・・その謎はラストで



これが千畳敷と呼ばれる岩盤
120912higashikisyuu3
濡れていたら滑り台のごとく・・・




振り向けば灯台
120912higashikisyuu3


ちょっと小ぶりな二木島灯台
120912higashikisyuu3


なるほどねー
120912higashikisyuu3



遊覧船もやって来ます
120912higashikisyuu3
(疲れ果てた姿を撮らないでください)


チヌやグレがわんさか連れそうな岩場に見えるのだが・・・
120912higashikisyuu3




さて、帰りは当然、あの辛い道を引き返すことになります。

水分補給もなく全身汗だく、徐々に体調がおかしくなってきました。



シニアの釣り人も引き上げてきたのか、阿古師神社でぐったりされています。


わたくし:「よーそんなクーラーBOXさげてここに来られましたね」

釣り名人:「いやいや、なかなか、しんどいでー」

(中略)

わたくし:「帰り道、まだまだありますよー」

釣り名人:「エッ?あんた、車どこに止めたんや?」

わたくし:「駐車場ですけど・・・何か?」

釣り名人:「あそこに止めたら楽やのに・・・」



120912higashikisyuu3
船着き場への脇道に駐車されていました。明らかに山道をショートカットできます。

釣り名人:「次来るとき、あそこに止めたらエエで」

わたくし:「ウン・・・、次来るかどうか・・・」


ドッカ~ンと大うけでした




釣り名人と別れトボトボ引き上げると、ハーレーでやって来たソロライダーさんとすれ違い

私と同じ身軽にカメラだけ持って・・・


ソロハレライダーさん:「まだまだ歩くんですか?」
(私のあまりのやつれ様にビビッたか)

わたくし:「ウン・・・、まっだまだ歩くデー」




駐車場に戻った頃には、吐き気と頭痛に襲われ脱水症状と熱中症のような状態

当初の尾鷲まで向かう予定もあっさりキャンセルし、来た道を引き返します。


途中自販機で買った1L×2本の水分も一気飲み、新鹿海岸のトイレで頭を冷やして回復を待つ。

買ってきたコンビニおにぎりを無理やり飲み込んで、また回復を待つ

フンパツして買ってきた冷凍鍋焼きうどんも自然解凍が始まって処分。
(こんな暑い日に鍋焼きうどんとは無理・・・トホホ)



帰り道、両太ももが突然つりました。

通り過ぎるドライバーさんにジロジロ見られながら、路肩に止めて屈伸運動

同じことを4、5回繰り返しての帰着となりました。







私のように無計画に向かわず、ゆっくりのんびり向かえば

楯ヶ崎のこんな圧巻の大岩壁が見ることが出来ます

120912higashikisyuu3




次回は尾鷲側からリベンジに来たいですな~

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012.09.19    カテゴリ:  街道紀行 

   【東紀州熊野灘紀行】R311太郎坂広場~二木島湾の絶景を望む~120912

東紀州路、熊野灘紀行の続き・・・
~2つの岬に囲まれた美しい二木島湾の眺め~





今回は、新鹿海岸からわずか7キロ東にある太郎坂広場に立ち寄り

日本の神話にも登場すると言われる二木島湾、このオーシャンビューを眺めます。

120912higashikisyuu2
@熊野市二木島町字井ノ本地内




到着は午前10時半頃、気温は既に30℃を越えたことでしょう

広場には数台の駐車スペースとベンチがありますが、この炎天下、周囲に日陰なし
120912higashikisyuu2
東屋があればなぁ~


4年程前に来たときは、ちょうど家族連れの団体さんに占拠されて通過した所

今回はじっくりと眺めます。



平成15年に完成したこの太郎坂広場は、熊野古道「太郎坂」の登り口付近にあります。
120912higashikisyuu2


熊野古道:曽根次郎坂・太郎坂とは、またおかしな名称ですが

古くは志摩国と紀伊国の境にあることから、自領他領がなまったものと言うわれているそうです。




今回のレポはこんなルートで
120912higashikisyuu2



それでは紀行の一部ですが、映像でもご覧ください


【東紀州熊野灘紀行】R311太郎坂広場~二木島湾の絶景を望む~120912


東紀州の太平洋に広がる熊野灘
東紀州熊野灘紀行の続き

熊野古道の「太郎坂」と呼ばれる登り口にある太郎坂広場
ここから二木島湾の絶景を望みます。
@三重県熊野市二木島町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=fce2db334e8da03b75eb773555963050



♪Music
"Perfect Circle" (Joe Average 7" Eighties Euro Mix) w/stems (ft. sassygal)
by stellarartwars
http://ccmixter.org/people/stellarartwars
"ccMixter2012"

"The Heart String"
by Loveshadow
http://ccmixter.org/people/Loveshadow
"ccMixter2012"


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




なになに・・・、ココは日の出のビューポイントでもあるようです
120912higashikisyuu2



日本書紀によれば神武天皇は、日向(鹿児島)から東征して瀬戸内海を通り、

紀伊半島を回って熊野に上陸、吉野を経て大和を平定、橿原宮で即位したとされている。

熊野灘では嵐に遭遇して二人の兄は溺死するが、荒坂の津(二木島)あたりに上陸したとされている。



広場の側に階段があるので、ちょっと高台から
120912higashikisyuu2
良い天気で絵面にはいいんですが、暑すぎ!




国道から湾の方にも広場があるので覗いてみましょう

小さな小屋に書かれていましたが、これは一体?
120912higashikisyuu2

この広場は、地元の方々によってきれいに整備されているようです



誕生記念の植樹もありました
120912higashikisyuu2
この子達はもう幼稚園でしょうね



広場の先まで行くと湾とその周辺が良く見えます

ハマチや真鯛の養殖をされているようです
120912higashikisyuu2

大手マルハニチロHDの投資でクロマグロの養殖もされているところ




対岸の小さなだんだん畑と集落も良く見えます
120912higashikisyuu2



遠くの岬の先端に灯台があるのが分かります?

次はあそこへ
120912higashikisyuu2




ここから望む二木島湾の絶景はおすすめポイントです。

美しい日の出を見ることも出来るようですが、バイクではそれなりの覚悟が必要かも。

ツーリング、ドライブ途中の休憩にも最適な場所でした。



現在地はココ
120912higashikisyuu2




この後もう少し先にある名勝・楯ヶ崎に向かいますが、次回とします

この時点でもなお、水分確保を忘れ・・・

それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012.09.15    カテゴリ:  街道紀行 

   【東紀州熊野灘紀行】R311大泊町~波田須町~新鹿湾 120912

東紀州路の太平洋に広がる風光明媚な熊野灘
~国道311号線の海岸沿いは既にシーズンオフでした~




まだまだ残暑が厳しい中、暑さを避けて控えてきたツーリングですが

そろそろ解禁しても良い頃かと、ちょっと無理をして午前6:00出発でした。



計画では、あの酷道425号線を下北山から尾鷲へと向かい、

国道311号線熊野灘沿いの見どころを満喫して帰るコース。



※今回はやや長丁場、数回に分けてのレポとなりますがご容赦の程を




さて、事前情報でR425は落石・法面崩落で通行止めでしたが、通過できるラッキーもあるかもと・・・
120912higashikisyuu1
残念でした!


災害復旧の工事期間がかなり長いようで、相当大きな落石であったのか、当分走れません!
(H24年2月29日~H26年3月31日予定)



紀伊半島のド真ん中、朝の気温は20℃。メッシュジャケットにインナーを付けてきて正解でした。




時刻は午前8:00

池原ダムに立ち寄り、ボトル(息子のお下がり)のホットコーヒーで小休止
120912higashikisyuu1
@奈良県吉野郡下北山村上池原


下北山スポーツ公園を上から目線でズームアップ
120912higashikisyuu1



R425をあきらめて、熊野市へ南下します。



途中、R309唯一のコンビニ・サークルKで昼食を仕入れます。
(このサークルK、R169・R309ファンにとってはお馴染ですね)

いつもはおにぎりだけですが、この日は違います

フンパツして冷凍鍋焼きうどんも買いました(何とも質素な暮らしぶりで)

久しぶりに携帯ガスコンロも持参していました。が、・・・果たして




やがて国道42号線大泊海岸の交差点からメインの国道311号線

時刻は午前9:30三重県熊野市大泊町の海岸沿いにやってきました。
120912higashikisyuu1
今年初めて見る海は快晴で良かった


おだやか大泊海岸はそのシーズンを終えたばかり
120912higashikisyuu1
海が透き通ってきれいでした


この岬の先端が鬼ヶ城
120912higashikisyuu1
奇岩を望む海岸景勝地ですが、駐車場が有料なので今回もパスです




今回のレポはこんなルートで
120912higashikisyuu1



それでは紀行の前半のみですが、映像でもご覧ください


【東紀州熊野灘紀行】R311大泊町~波田須町~新鹿湾 120912


東紀州の太平洋に広がる熊野灘
その海岸沿いを走る国道311号線からは風光明媚な景色が続く
夏の海水浴シーズンを終えたばかりの海岸線、普段の姿に戻っていました。
@三重県熊野市







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=229a9fe1ded72662a6baa7265cf35060



♪Music
"For Heaven Sake" (ft. Admiral Bob, SackJo22, Steven M Bryant)
by unreal_dm
http://ccmixter.org/people/unreal_dm
"ccMixter2012"

"Heaven" (ft. Admiral Bob)
by unreal_dm
http://ccmixter.org/people/unreal_dm
"ccMixter2010"

"Hypothetically"
by Numeron
http://ccmixter.org/people/Numeron
"ccMixter2012"





ついでの映像ですが、早朝の池原ダムも映像でご覧ください

早朝の池原ダム~early in the morning at Ikehara dam~120912

@奈良県吉野郡下北山村上池原





♪BGM
by MusMus
http://musmus.main.jp/


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




国道311号線の走行はかれこれ4年ぶり、新しいバイパスやトンネルが開通して随分走り易くなった

しかし、酷道ファンにはおなじみの熊野市甫母町(ほぼちょう)の狭小区間は健在です。

この区間が残る限り、個人的には車で来ることはないでしょう。


4年前のレポはこちら
国道311号線(尾鷲-熊野間)&道の駅めぐり ツーリング08.08.10
(映像はすべて消失しています)



さて大泊町を過ぎると、数え切れない程のダンプとすれ違います

GSで伺うと、高速道路の工事が真っ最中で工事車両の通行経路となっているそうです

これもあってか、海水浴シーズンでもピークと言えるような混雑は無かったようです。


近畿自動車道紀勢線・国道42号熊野尾鷲道路事業の進捗状況

お車でお越しの際はお気をつけて




続いて、「徐福の里」波田須町にやって来ました
120912higashikisyuu1


案内によるとここ波田須町は、

秦の始皇帝の命令により不老不死の仙薬を求めて中国からやって来た

徐福さんと言う名の方士が上陸した場所と伝えられているそうです。
120912higashikisyuu1



このビューポイントからの景色もなかなか良かった
120912higashikisyuu1
下までバイクで行けたのかも知れませんが、またの機会にでも。

ちなみに、右上が海に突出したカイタロー鼻と呼ばれる岬。おかしな名前です




もう少し東に進むと新鹿町(あたしかちょう)にある新鹿海岸に到着
120912higashikisyuu1


時刻は午前10:00頃、気温もぐんぐん上昇し既に30℃を越えたでしょう

ここでコーヒータイム、自販機が近くにないので仕方なく持参したホットで。



やはりシーズンも終わったようで、ボート遊びの数人のみでちょっと淋しいか
120912higashikisyuu1


ご覧の皆さんのため、若いネーさんが居たら頼み込んでも写真を撮るつもりでしたが

力不足でした(運もない)。申し訳ありませんm(_ _)m




ここも山々を背後にしたきれいな海でした
120912higashikisyuu1
海岸にはゴミひとつ無いきれいな海岸なのに、駐車場には不届き者の痕跡が・・・


現在地はココ
120912higashikisyuu1




この後もう少し進みますが、次回とします

結果のみ記しておきますが、残念ながら尾鷲までたどり着くことかなわず・・・


それでは、また


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012.09.08    カテゴリ:  寺社・仏閣・史跡 

   【重文訪問】太神山不動寺プチハイク~Visit the Important Cultural Asset~120825

太神山(たなかみやま)の山頂にある天台宗・不動寺
~やや厳しい参道を登った先には見事な舞台造りの本堂がありました~




前回の林道走行の続き・・・




滋賀県大津市、東海自然歩道でもある湖南アルプスのハイキングコース

太神山林道の終点には太神山不動寺(たいじんさんふどうじ)の参道があります。



某サイトによれば、境内までバイクで乗り入れ出来そうなことを・・・
120825fudouji
「自動二輪」とハッキリ書かれてはどうしようもない。

さては、バイクで乗り入れて、さぞやご迷惑をお掛けした輩がおったか




ここはひと歩き、プチハイクと行きましょう!
(そのために毎回トレッキングシューズを履いているのだ



参道の手前にある休憩所にバイクを置いて、いざ。
120825fudouji
セロー殿なら楽々なのにね~



な~んや、600mやて・・・しれとるがな!? (ホンマかいな)
120825fudouji
雨が降ったらどんなことになるのだろう?



引き返す機会を逃し、ようやくたどり着いた境内
120825fudouji
見事な枝ぶり、これは桜の木か。




境内を奥へ奥へと進み、急な階段をフラフラになって登ると

思わず「オー!」と、うならせる本堂の土台の木組みが見えてきます
120825fudouji

普段歩き慣れていないので、やや後悔しながら登って来ましたが

来た甲斐がありました。



それでは参道から境内の様子を映像でもご覧ください


【重文訪問】太神山不動寺プチハイク~Visit the Important Cultural Asset~120825

太神山(たなかみやま)の山頂にある天台宗・不動寺
山頂の巨岩に張り付くように建つ本堂(重要文化財)は、檜皮葺の見事な舞台造りでした。
創建:平安時代前期
@滋賀県大津市田上森町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=5e8e23253a546dd5921f08572941a522


♪BGM
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material All rights reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




登りの終盤は激坂、セロー殿で乗り付けていたら確実にバチが当たったことでしょう
120825fudouji




登りの途中、ポンプUPされた湧水が振舞われています
120825fudouji



山登りで良く見かける先輩方、あの山この山へと登っておられるが

同年代になって同じように出来るかどうか、不安なところです。





やがてかろうじて やっと着いた! 
120825fudouji
安心したのも束の間の事、この先まだまだ・・・




ここで本堂の案内があります。詳細はお読みください
120825fudouji
愛煙家としては、「もやすまい、みんなが来る山歩く山」こちらの方が目に付きます




境内奥の広場。ここで護摩供が行われるのでしょうか
120825fudouji




激しく燃える炎を背後にした不動明王
120825fudouji
わたくしのあれやこれやの煩悩も焼き尽くしてくださいまし~っと



全く人の気配が無いのは、マジの通行止めだったのかも知れません。

ここからまたしても急な階段、心細さMAXで登ります






さすが本堂、重文指定されるのも当然のこと
120825fudouji



木組みもしっかり拝見
120825fudouji



本堂の中は真っ暗。ややビクビクして参拝
120825fudouji



白い歯がニヤケ顔に見える像・・・即本堂を出ます
120825fudouji
(また怒られるか)




本堂からさらに階段を登ったところが太神山の山頂付近

大きな岩のゲートをくぐってラスト
120825fudouji



日本古来の伝統である山や磐座(いわくら)をご神体とする自然信仰は、ここ太神山の山頂付近にある巨岩も同じく。

平安時代前期、円珍(えんちん)と言う名僧が寺を建立したのが始まりらしく

なんと、この名僧:円珍、あの弘法大師空海の姪にあたる母を持つお方とのこと。





本来メインコースは別のルートで、泣き不動・迎え不動などを見て本堂に向かうのがよろしいようです。

参道の勾配は、特にオフ乗りさんには面白い登りだったことでしょうが

参拝者にとっては迷惑なこと、通行禁止は致し方ないでしょう。




120825fudouji


山頂の巨岩上にそびえる重要文化財の本堂、舞台造りの木組みはお見事でした。

それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村


Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog