プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2010.10.29    カテゴリ:  日記 

   暇つぶしに車載動画でも

暇つぶしに車載動画でも

昨日(10/27)は、

上北山村方面へラーメンツーリング(山奥でラーメンを食べるだけですが...)しようと準備万端、

朝の6時前頃から家族を起こさないようこっそり玄関のドアを開けると、

外は真冬並みの寒さの上、ジャジャブリ。

一気にやる気を無くし、再びふとんに潜り込みました。

7時過ぎには雨も止んでいましたが、今年初めての寒波到来らしいので

やっぱりやめました。 

残念!


と、言うことなので

久しぶりに車載動画をUPしておきます。

いつもの阪奈道路ですが、暇つぶしにでもご覧ください。



★車載動画です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


【車載動画】夕暮れ時の阪奈道路~Hanna-road in evening twilight~


※ワッチミー!TVはまた承認待ちですので、しばらくお待ちください。
公開されました。(こちらはちょっと劣化しています)



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



唐突ですが、twilightと言えば、角松敏生を思い出す。

こんな動画に仕上げてみたい。


久しぶりに聞きました。まだまだ現役で頑張っていました。

かれこれ20数年前、奈良でのコンサートのこと、
あまりの観客の少なさに
「来年以降は無い」と言いおった。さすがだ!!


話を戻し、
夕方のニュースで、大台ケ原は初冠雪でした。

無理して行っていたら、カゼを引くところでした。

それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

あぁ?ァ、年内あと何回ツーリングできるかな?

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト

2010.10.20    カテゴリ:  日記 

   【古都散策】興福寺と奈良県庁屋上からの展望101017

【古都散策】興福寺と奈良県庁屋上からの展望101017

バイクネタではありませんが、久々に我が愛妻を伴い古都散策デートしてきました。
nara-sansaku

毎度同じ所ばかりですが、
初詣・お盆に続いてまた興福寺、そして今回初めて奈良県庁の屋上へ行ってきました。
nara-sansaku

散策映像と共にご覧ください。



★散策映像です
(再生がスムーズな方でご覧ください)



※ワッチミー!TVはまた承認待ちですので、しばらくお待ちください。
 承認されました。


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



奈良興福寺ではこの日10月17日、
西国三十三観音霊場の札所・南円堂(重文)が、年に1日だけの特別開扉で公開されていました。
nara-sansaku

拝観料300円(/人)でしたが、せっかくなので行ってみました。
nara-sansaku
堂内にはご本尊の不空羂索(ふくうけんさく)観音坐像と四天王立像が安置されています。
内部は撮影禁止なので、ご本尊の写真はありません。

堂の回廊から三重塔(国宝)が良く見えます。
nara-sansaku
何度も来ていますが、気付かなかった。

そして、定番の興福寺 五重の塔(国宝)
nara-sansaku
にわか奈良県人ながら、お気に入りの場所です。

東金堂(国宝)
nara-sansaku
さすがに休日は人で溢れています。

今年は興福寺創建1300年の節目、
現在「国宝特別公開2010」として、五重塔の初層や東金堂の後堂が公開されていました。
nara-sansaku
拝観料1000円(/大人)なので、我が夫婦は協議の上またの機会に。

ここはずっと工事中でしたが、伽藍復興が進んでいます。
nara-sansaku

中金堂は前日10月16日、立柱式と言う式典が行われたよう。
nara-sansaku
仮設の仮囲いと共に、モダンな建築物に見えます。



続いて、奈良県庁屋上からの展望を見に行きました。
興福寺から歩いてすぐの所に県庁はあります。
nara-sansaku

エレベーターで屋上へ向かいます。
北側の展望
nara-sansaku

nara-sansaku

南側の展望
nara-sansaku

nara-sansaku

東側には東大寺や若草山の展望
nara-sansaku

屋上では、ちょうどNHK-BS2の生放送中でした。
事後調べですが、
「あなたの知らない奈良~美と風景と生き方の再発見物語~」、6時間生放送

調子に乗って、撮影しまくりました。(安もんのカメラで!)
アナウンサーの上田早苗さんもなかなか美人だ!
nara-sansaku
ゲストが休憩中もひたすら台本を読み返していた。さすがだ!!
右のスタッフの女性、エリカ様似?

ゲストの紺野美沙子さんはお着物です。
nara-sansaku

さすがは女優さん。顔がちっちゃくてきれいでした。
nara-sansaku
※こんなの勝手に乗っけて良いものだろうか?

奈良県庁前にある記念撮影ポイントです。
流し目の彼です。
nara-sansaku

人力車をじろじろ見た。ピッカピッカだ。
nara-sansaku

ラストはお気に入りのショットで!
nara-sansaku

PS:
「あなたの知らない奈良~美と風景と生き方の再発見物語~」は
12月5日(日)午後1:00?午後4:00 NHK-BS2で総集編が放送されるようです。

奈良へお越しの際は是非、奈良県庁屋上からも古都奈良を眺めてみてはどうでしょう。
なお、奈良県庁屋上は無料開放されていますが、
休日などの情報はこちらで。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

2010.10.17    カテゴリ:  街道紀行 

   【街道紀行】東海道五十三次 関宿

【街道紀行】東海道五十三次「関宿」100929

三重県亀山市関町にある、東海道五十三次47番目の宿場、「関宿」へ行ってきました。
車載撮影のためにバイクで走り抜け、もう一度所々で写真撮影のため通り抜けました。
seki

江戸時代、徳川幕府によって東海道に53の宿場が設けられ、
江戸品川から数えて47番目にあたる「関宿」が設けられました。
関宿は、西の追分で大和街道に分岐し、東の追分で伊勢別街道に分岐していたため、
街道を往来する人々も多く、参勤交代や伊勢参りなどの交通の拠点として江戸時代を通じて栄えました。
seki


★走行映像と共にご覧ください。



★走行映像です
(再生がスムーズな方でご覧ください)








これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



まずは東の追分の先、国道1号線との分岐点にある駐車場から出発します。
seki

駐車場の側にある「関の小萬のもたれ松」
時代劇のような敵討ちの物語のようです。
seki  seki


「東の追分」
東の追分は関宿の東の入口で、東海道と伊勢別街道の分岐点になっています。
道標には外宮まで15里と刻まれています。
seki

鈴鹿山系の山並みを背景にした木崎(こさき)の町並みです。
ポイ捨てゴミ一つ無く、きれいに整備されています。
seki
置屋など、遊廓もあったようです。

以前訪れた福井県若狭町にある熊川宿と同様、電柱を裏手に設置してアスファルトも赤土色です。

外観デザインが町並みに溶け込む「百五銀行」関支店
seki

ヘルメットを被ったままうろうろしていると、通行人の視線が痛かった。
seki
現在の和風建築にもみられる壁面の竪格子、白い漆喰そして洗い出しの土間。
なんとなく建物全体のバランスが良かった。

やがて賑わいのある「地蔵院」までやって来ました。
seki
ここは国の重要文化財に指定されています。

今もなお多くの旅人が参拝に訪れるようです。
seki
今も昔も手を合わせる人々の願いは同じではと思う。

道路の隅切りにある石碑
seki

※当日このあたりには多くの観光客が来られていました。
ちょっと先輩と思われる方々が多く、
こんなところをバイクで駆け抜けるとは、かなり迷惑だっだのかも。

地蔵院のあたりには風情のあるお店が数件営業されています。
seki

中町の町並み
seki

新所の町並みを抜け、西の追分付近にある休憩施設に入ってみました。
seki

使い込まれたような懐かしい土間の様子
seki

現在でも一般的な床の間の意匠です。
seki
長い間磨き上げられた白木は、こんなに趣のある色に変化しています。


関宿は現在も伝統的な町並みと景観が維持されています。
次回はちゃんと徒歩で散策したいと思います。
seki



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

2010.10.12    カテゴリ:  日記 

   我が家もようやくFTTH

我が家もようやくFTTH

これまでADSLのまま、切り替えが面倒なのでほったらかしにしていましたが、
勧誘があまりにもうるさいので、ようやく我が家も光ファイバー導入です。

結果は、
ネットサーフィンやyoutubeなど動画再生しても感激するほどの速度は感じられませんでしたが、
動画投稿時のUP速度はすごい、体感速度は10倍以上の速度でした。

とは言え、現在のPCのスペックではその効果を十分に発揮できていないのでしょう。
冬のボーナスぐらいに大蔵省と交渉してみましょう。

テストに投稿した動画ですがご覧ください。
先日行ってきた青土(おおづち)ダム湖の上流にある「浮桟橋」の映像です。
お気に入りのnjさんのラブソングと共にご覧ください。
@滋賀県甲賀市土山町青土

Ohzuchi-Dam



★テストに投稿した映像です
(再生がスムーズな方でご覧ください)



※ワッチミー!TVはまた承認待ちですので、しばらくお待ちください。
公開されました。


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



Ohzuchi-Dam


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

遅くなっていますが、
近日、東海道五十三次「関宿」をレポートします。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

2010.10.03    カテゴリ:  ツーリング 

   鈴鹿スカイライン100929(規制情報訂正110123)

鈴鹿スカイライン100929

※規制情報の訂正
平成23年11月1日(火)15時より通行止めを解除とのことです。(H23.10/30情報更新)
三重県側の通行止め解除予定は平成24年春の予定とのことです。訂正してお詫びいたします。(H22.12/15情報更新)
詳しくはこちら

国道477号線(鈴鹿スカイライン)は、
平成20年9月2日~3日の豪雨災害によって通行止めとなっていましたが、
滋賀県側は、平成22年7月16日より三重との県境にある「武平トンネル」まで通行できるようになりました。
suzuka

災害復旧の現況を、頼まれもしないのに勝手に調査してきました。
suzuka
久しぶりにシューマイを見た気がします。

それでは
走行&調査映像と共にご覧ください。



★走行&調査映像です
(再生がスムーズな方でご覧ください)

鈴鹿スカイライン100929~災害復旧工事勝手に現況調査編~







これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome

三重県側ノーカット映像は近日UP予定です。
UPしました。(ノロノロ運転なのでちょっと長尺です)





滋賀県甲賀市土山町大河原、電光さんのあるところからスタート
suzuka

スタートして間もなく新しいダムがありました。
野洲川ダム
suzuka

1951年に完成した灌漑用のダムですが、今年の3月に改修工事が竣工した。
suzuka

側に祠がありましたが、何も表示もなく慰霊碑かどうか分かりませんでした。
suzuka   suzuka

しばらく展望のないワインディングの後、鈴鹿山脈の山々が望めます。
下りでの展望
suzuka

こんな高低差の九十九折れ
suzuka
このあたりはドリフト天国なのか、タイヤ痕で道路が汚れています。

スタート地点から約11.5km、標高差≒450m登ったところ
suzuka

滋賀県側「武平トンネル」入口で通行止めです。
suzuka


★そんなことより、すごい先客です。
suzuka
メチャクチャかっちょいい!!

間近で初めて見た、スーパーセブン ウエストフィールド
(クラシックカーに属するスポーツカーとのこと)
suzuka

トンネルの奥から現況調査を終えたオーナーさんがやって来ました。
非常に気さくな方で、写真撮影とブログへの掲載を快く承諾してくれました。

正直これまで、このジャンルのオーナーは私のような貧乏人とは無縁の方々と決めつけていました。
しかしこのオーナーさんは私のイメージとは全く違い、がんばって欲しいものを手に入れたと見受けられました。

いろいろお話してくれましたが、
失礼ながら貧乏人の質問の定番「いくらぐらいするのですか?」、と聞く
→私のGマジェが10~15台買えるかな
私には夢のまた夢、その前に車庫がない。
suzuka
同じ目的で来たとは言え、
ピッカピカのウエストフィールドとGマジェのツーショットがちょっとつらい。

気を取り直して調査を再開します。

また悪い癖が出て、歩くのが面倒なのでバリケードのスキマから
間違って進入してしまいました。
トンネルを出るとそこはもう三重県でした。
suzuka

三重県側の入口
suzuka

suzuka

掘削残土の山
suzuka

トンネルから下ること2?300mのトラロープでエンド。
suzuka

この崩落現場で復旧作業中でした。
suzuka


復旧には平成23年3月末、冬季閉鎖明けまでかかる予定とのこと。
下りの展望は三重県側では遠くに四日市市街を望むことができます。


完全復旧を心待ちにする「鈴スカ」初心者の報告でした。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

次回は、東海道五十三次「関宿」をレポートします。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ


Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog