プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2010.08.29    カテゴリ:  ツーリング 

   ●早朝の京都大原~Ohara, Kyoto of the early morning~100825●

早朝の京都大原~Ohara, Kyoto of the early morning~100825

今回は、久しぶりに国道367号線・若狭街道(鯖街道)を経由して、若狭方面に向かいました。
約2年ぶりの走行となります。

前回は、鞍馬寺から百井峠を経て鯖街道を北上しました。
前回のレポートはこちら


今回は早起きして早朝の5時前出発です。
(早起きと言うか、あまり寝ていないと言うか....)

「夜明け前が一番暗い」という言葉通り、真っ暗な中での走行です。
Ohara100825
(後で気付きましたが、この時計は10分程進んでいます。)

さすがにこの時間帯の道路はガラガラで、京都大原へはAM6時過頃の到着です。




★走行動画です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


【寄り道動画】 早朝の京都大原~Ohara, Kyoto of the early morning~100825
京都大原の、のどかな田園風景と三千院門跡までの山里の街並みです。







これまでの動画はこちら
Zoome
ワッチミー!TV
Youtube
@nifty





三千院への分岐前のコンビニで休憩です。
(この先しばらくコンビニはありません。)

周辺は、のどかな田園風景が広がっています。
Ohara100825

秋の紅葉の季節や雪の降る頃はもっと美しい光景となるのでしょう。


コンビニの店員さんに聞くと、三千院の前までならバイクで行けるとのこと。
距離も短い上、こんな早朝から観光客もいないと思うので
ちょっと寄り道してみました。

※いつものことですが、メインの境内やわらべ地蔵などは見ていませんので、あしからず。

コンビニ前から出発です。
Ohara100825

コンビニの前には「しば漬け」屋さんがあります。

ここ大原は「しば漬け」発祥の地とのこと。
「しば漬け」と言えば、80年代の「しば漬け食べたい!」のCM、
あの方(山口美江?)を思い出す世代です。
(もう若い人は知らないでしょうね)


通りは観光地らしく、小さなお店や旅館などが点在し、
駐車場もたくさんありました。
行楽のシーズンは相当な人出なのでしょう。


三千院門跡の石碑のあるところまで来ました。
Ohara100825


参道の様子。
お店は閉まっています。
Ohara100825


当然、風致地区に指定されています。
Ohara100825

さっきのコンビニも屋根は瓦で葺いていました。
(白い外壁の飲食店はちょっと気になったが、こんな有名どころで違反はないでしょう)


一組のカップル、いやアベックがこんな早くから来られていました。
お互い間が悪そうに、軽く会釈だけ。
後姿をパチリ。
Ohara100825


京都大原と聞くと、まずはデューク・エイセスの「女ひとり」が頭に浮かびます。
♪「京都?大原三千院~、恋に疲れた女が一人~...」
これも若い人は知らないのかな。

次に思い浮かぶのは、大原女(おはらめ)。
伝統的な和服姿に手ぬぐいを被って、薪を頭に上に載せたきれいな女性のこと。
残念ながらこんな早朝から、大原女はもちろんのこと、農家のおばあちゃんすら居ませんでした。

これでご勘弁を!
Ohara100825

”バイクで突っ込むような所ではありませんでした。”

かつて世を捨て、自ら人里を離れた修道たちが住んだ隠れ里。
次回は嫁さんを連れて来たいと思います。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

次回は、鯖街道:若狭街道・歴史の道をお送りします。


↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
スポンサーサイト

2010.08.28    カテゴリ:  日記 

   いただきもののお話

いただきもののお話

バイクねたではありませんが、
知り合いからこんなものをいただきました。
jiguruma


岸和田銘菓「だんぢり」です。
大昔、中学生の頃に食べてから、かれこれ数十年ぶりにいただきました。
一般的には村雨(むらさめ)と呼ばれ、米の粉と餡(あん)をまぜて蒸した甘さ控えめの棹菓子です。
泉州岸和田の名物で、仏壇にお供えしたおさがりを楽しみにしたと記憶します。

パッケージもだんじり祭りの風景のところは、昔と変わりません。
jiguruma


まあ、これがウマイのなんの!
甘党でもない私ですが、懐かしさもあり、もうちょっと・もうちょっとと食べたら2本も食ってしまいました。



さて、だんじり祭りと言えば岸和田の秋祭り、そろそろ始まります。

今年は9/18、19日とのこと。
その昔は9/15の敬老の日とその前日9/14、曜日に関係なく開催されていたそうです。
この2日間は小・中学校は休校となったそうで、うれしかったことでしょうね。

見物に行ったのも、かれこれ数十年前のこと。
多くの見物客に押し流され、歩き疲れてクタクタになったと記憶します。
(平成20年の見物人は59万人とのこと)

今年は時間があれば久しぶりに行ってみたいと思っています。
jiguruma

(ライセンスフリーの画像をお借りしました)



■祭りの花形、「大工方」について
知人にかつて「大工方」をされていた方がおり、こんなことを聞いたことがあります。

現在はどうか定かではありませんが、その名の通り「大工方」になれるのは現役の大工さんだけであったそう。
「大工方」になりたくて大工になったと言っていました。
その昔は、屋根から転落して大けがをしても保険にかけれないのですべて自己責任だったようです。
そのためか、身内の反対でなり手がなく、この知人は「大工方」としてに雇われてあちこちの地域のだんじりに乗ったそうです。
現在はおそらくそんなことはないでしょう。祭りの花形でカッコイイから。


最後に、岸和田銘菓「だんぢり」は通販もしているようですので興味ある方は是非。
(ちなみに、公私とも、だんぢり屋さんとは一切関係がありません)
だんぢり屋製菓(株)
http://www.dandiriya.com/



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

久しぶりに鯖街道を北上して、若狭方面に行ってきました。
レポートは近々にでも。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

2010.08.23    カテゴリ:  ツーリング 

   ●林道辻堂山線と奈良県道226号大台河合線(10/07/28)●

●林道辻堂山線と奈良県道226号大台河合線(10/07/28)●

大台ケ原の帰り道、かねてから走ってみたいと思っていたルートをたどりました。

当日の下界は炎天下にもかかわらず、山岳地帯は今にも泣きだしそうな天候で
大峰の山々は雲にけむっていました、残念。

こんなルートです。
rindou100728


ほぼ1か月遅れの記事となってしまいました。

既に8月も終盤です。
今月は休日に出かける準備をし、バイク置場まで行きながら暑さで断念したことが何度もありました。
(暑さのせいかそれとも年のせいか・・・)

そろそろ出かけようと思っています。




★では、走行動画です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


【through the forest】 林道 辻堂山線下り100728
距離≒10kmのところ、標高差≒1000mを一気に下ります。







【through the forest】 奈良県道226号大台河合線100728
70,80年代のポップロックを思わせる曲を付けてみました。






これまでの動画はこちら
Zoome
ワッチミー!TV
Youtube
@nifty





まずは「林道辻堂山線」です。
この林道は、大台ケ原から小処温泉や小橡の集落に抜ける舗装林道です。
rindou100728


大台ケ原の下りからはUターンです。
rindou100728


※当日は時間帯通行止めですが、AM8:00マデの走行なので対象時間外でした。
(7月末までと記載されています)
おそらく現在は解除されていると思いますが、走行の際は念のためお調べください。
rindou100728


序盤は路面状況も良く、緩いカーブの続く下りで非常に走り易い。

急カーブの手前に絶景が望める場所に東屋がありました。
(野営地の候補にしましょう)
rindou100728


rindou100728


※この東屋以降、小さな落石が徐々に増えてきます。
また離合帯もほとんど無かったと思います。
この林道から大台ケ原へ向かう車は少ないと思いますので、
下りで対向車と出会ったときは相当ツイテないと思ってください。




続いて、「奈良県道226号大台河合線」です。

この県道は小処温泉と上北山村中心部を結ぶ一般県道です。

林道辻堂山線との交点はココ
rindou100728


この先2?で小処温泉です。
rindou100728


ここ最近、沢登りの事故が多いようですが、こんなところも行くのでしょうか?
rindou100728


小処温泉は9月末頃まで改修工事のため休業中のようです。
夏休み期間も稼ぎ時ではないのでしょうか?
rindou100728



■林道辻堂山線と県道226号線は
知る人ぞ知る、ヒルクライム大台ヶ原since2001のコースでもあります。
この自転車レースではここを上るようです。


ヒルクライム大台ケ原2010


上北山村公式HPがリニューアルされています。
http://vill.kamikitayama.nara.jp/


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。


↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

2010.08.15    カテゴリ:  イベント 

   【古都の夜】 なら燈花会 NARA TO-KAE(2010/08/14)

【古都の夜】 なら燈花会 NARA TO-KAE (2010/08/14)

8/14、「なら燈花会」を見に行ってきました。

夏の古都の夜を幻想的に彩るあかりのイベントです。
主催:なら燈花会の会
開催期間:平成22年8月5日?8月14日 午後7時?9時45分時頃
※町内会や多くのボランティアスタッフの手によるものだそうです。

奈良公園に2万本以上のろうそくが灯の花を咲かせ、人々の心を癒します。
NARA TO-KAE





★早速、動画です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


・奈良公園の7つのエリアの内、
「猿沢池・五十二段会場」と「浮見堂会場」そして「ならまち(奈良町)」をお送りします。








これまでの動画はこちら
Zoome
ワッチミー!TV
Youtube





・「猿沢池・五十二段会場」
お寺の階段に灯りの河が流れています。
NARA TO-KAE

猿沢池に映る五重塔の美しい夜景
NARA TO-KAE

NARA TO-KAE

興福寺へ登る五十二段の石段
NARA TO-KAE

NARA TO-KAE


ライトアップされた国宝 五重塔
NARA TO-KAE

国宝 興福寺東金堂
NARA TO-KAE

NARA TO-KAE


・「浮見堂会場」
人で溢れかえっていました。
NARA TO-KAE

安物ではこれが限界です。
NARA TO-KAE


・ならまち「奈良町」
道路脇にも灯りが列を成して並んでいます。
NARA TO-KAE

ならまちの身代わり猿
NARA TO-KAE

風よけのリングが付いています。
NARA TO-KAE



■今回で2度目ですが、土曜日でもあったせいか
人で溢れかえって大変疲れてしまいました。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。


↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

2010.08.11    カテゴリ:  ツーリング 

   ●100728 大台ケ原ドライブウェイ Odaigahara driveway ●

●100728 大台ケ原ドライブウェイ Odaigahara driveway ●

【奈良県道40号大台ケ原公園川上線】

真夏に涼を求めて、かれこれ20数年ぶりに大台ケ原へ行ってきました。
(徐々に更新スピードが遅くなってきました。
Coming soon!と生意気なことを書きながら半月経ってしまいました。年のせいかも)

初めて訪れた時代は伯母谷のループトンネルがまだ無い頃で、現在の旧道が現役の時。
自動車の場合、観光バスと向かい合ったら即大渋滞となった頃でした。
(当時を知っている方は少ないのでしょうね)


国道169号線の上北山村、新伯母峰トンネル手前からスタートします。
100728_Odaigahara





★早速、走行動画です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


★距離≒19.3km、最大標高差≒875m のところをPart3まで全線ノーカットでお送りします。















これまでの動画はこちら
Zoome
ワッチミー!TV
Youtube

※お知らせ
動画の投稿を始めてから1年程経ちましたが、メインサイトのZOOMEがとうとう有料化されてしまいました。
非常に名残惜しいですが、個人的な趣味の範囲で有料サイトを利用するなどできません。
永らくZOOMEでご覧いただいた皆さん、ありがとうございました。


今後は新投稿サイトとして@niftyも加えることとしました。
@nifty




さて、スタートしてしばらくは、さながら険道の様相です。
荒れた路面と大きな落石もあり、ドライブウェイとは言えないような状態です。

伯母峰峠とトンネルを過ぎたところに冬季閉鎖ゲートと施設がありました。
100728_Odaigahara


閉鎖ゲート以降もしばらくはあまり展望のないクネクネが続きます。

当初の気温は20℃前後で、ウインドブレーカーを着ても涼しくて心地良い風を受けます。

しばらくして、林道 辻堂山線との分岐に差し掛かりました。
小処温泉へのショートカット道です。
100728_Odaigahara

※ここは帰りに走りました。


途中にやや壊れたベンチのある展望ポイントがありました。
山の天候は気まぐれで、今にも泣きだしそうな雲行きです。
100728_Odaigahara

※ご存じのことでしょうが、大台ヶ原は年間降水量4500mmとも言われる国内有数の多雨地帯です。

手すりやフェンスが無いので、ご注意を!
(落ちたらしばらく発見してもらえそうにありません)
100728_Odaigahara


しばらく進み、「経ケ峰」あたりの重機が置いてある造成地のビューポイントです。
大峰山脈の山々もすばらしい!!
(バイクごと落ちたら白骨化してしまいそうな断崖で足がすくみました)
100728_Odaigahara





やがて大台ケ原ドライブウェイの終点となる大駐車場に到着しました。

時刻は午前7時過ぎ、当然物産店は開店前です。
100728_Odaigahara

大台教会への通路
100728_Odaigahara

公衆トイレを利用しましたが、なんとチップ制でした。
維持管理の為には必要なことでしょう。
100728_Odaigahara


大台ケ原ドライブウェイ開通の記念碑
なんと約50年前のこと
100728_Odaigahara

おなじみのアングルでもパチリ!
100728_Odaigahara


駐車場での気温は約16℃でしたが、走行中は寒くて足が震えていました。
100728_Odaigahara


■本来はもっと早くに出かけて、日の出を拝みたいと思っていましたが
寝過ごして間に合いませんでした。

この日は平日のことでもあり駐車場はガラガラでしたが、お盆を過ぎれば混雑するのではと思います。
始めて来た20数年前は秋でしたが、数珠つなぎの大渋滞で駐車場も止められず往復しただけでした。

こんなコースです。
100728_Odaigahara



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

この後、林道 辻堂山線と小橡川に沿う奈良県道226号大台河合線に向かいました。


↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ




Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog