プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2012.06.13    カテゴリ:  神話・伝説 

   【羽衣伝説の地】新緑の余呉湖~天女は今年も変わりなく~120606

しばらくのご無沙汰、あの方にお会いするために
~天女は今も変わること無く可憐に舞っていました~



広大な琵琶湖から北へ約5km、そこには小さな湖があります

120606yogoko



あの金星が黒点のように太陽面を通過するその日、静かな時間を過ごすため、そして

しなやかになびく羽衣をまとう、あの天女の像を一目見るために・・・

120606yogoko




神秘の羽衣伝説とはうらはらに、ここはあの秀吉と勝家の戦跡が残る合戦の舞台でもありました。

120606yogoko




いにしえ人の物語を想いながら湖畔をゆっくり流してもわずか6㎞とすこし

120606yogoko




そんな静かな湖畔でぼーっと時を過ごしていると、ひょっとして本物に出会えるかも知れません。

120606yogoko



ウ~ン、どうもうま~くまとまりません。後半は一気にくだけます。



それでは、湖畔道路の様子とあの方を映像でもご覧ください


【羽衣伝説の地】新緑の余呉湖~天女は今年も変わりなく~120606

日本最古の羽衣伝説の地と言われる、琵琶湖の北にある余呉湖
冬の風物詩・わかさぎ釣りの季節を除いては、静かに時を過ごせる湖畔です
周囲わずか約6.4kmの湖畔には、様々ないにしえ人の物語があります。
@滋賀県長浜市余呉町







※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=318524ad7cdbbdff4f2267e9791addfd



♪Music♪
"キミトキス。"
Written & Performed by nj (エヌジェイ)
"nj's site kiss & hug"
http://nj-pop.jp/

"Everyday With You"
Performed by Sumo Sisters
Lyrics by Tetsuya Mozawa
http://www.youtube.com/watch?v=txDOX1arzMQ



これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




今回でもう3度目、前回から2年ぶりにやってきました。

個人的には奥琵琶湖パークウェイよりもココの方が何となく落ち着くような感じがして・・・

今回はこれまでとは反対、反時計回りに一周しました。以降、順を追って。



まずは北陸本線余呉駅を過ぎた田園の中、大きな柳の木が目に付きます。

これが「天女の衣掛柳」
120606yogoko


説明によれば
120606yogoko


往古 天の八乙女が白鳥となって此の所に舞い降り柳の木に羽衣をかけて水洛中、
伊香刀美(イカトミ)と云う人が白犬を使って末女の羽衣をかくした。
天女は羽衣が無くては天に帰れず仕方なく伊香刀美の妻となって二男二女を生んだ。
その子孫が伊香地方を開発した祖と伝えられる。
又別の説によると余呉の豪士、桐畠太夫の妻となリー男を生んだ。
その後天女は羽衣の隠し場所を見つけて天に帰った。残された幼児は母恋しく泣き続けた。
ここより一キロ程北に夜泣石がある。その泣き声が法華経の様に聞こえるので菅山寺の憎が引き収り養育した。
菅原是清卿が菅山寺へ参詣された切
その子を養子として引き取られ京都で成人された方が後の菅原道具公である。
又この柳は中国系のものである。
学問の神として祀る菅原公はこの衣掛柳の古説と北野神社の旧跡は余呉町の旧跡として保存している。


ありがちなハッピーエンドではない物語の結末は、さすが日本的です。



この柳の木のすぐ先にお目当ての天女像があります。

何度拝見しても若くてお美しい!
120606yogoko
羽衣を身にまとい宙を舞うさまを微妙なバランスで表現しています。
(後姿も見てみようと思っていたのに、うっかり忘れてしまった)

周囲はまさに草刈して間もないところ、観光客を迎える準備も整ったようです。



余呉湖ビジターセンターに入ってようやくお昼、観光客よりも外回りのお仕事の方々が多く来られています。

冬場のわかさぎ釣りの季節にはこの桟橋が大賑わいとのことですが、季節外れはガラガラ。
120606yogoko


ビジターセンターの木陰でいつもの軽~い昼食は、持ってきたパン+コーヒー
(しっかり食べると睡魔が強烈なんで、普段からちょっと少な目にしています)



ふと、「ラーメンがおいしかった」とのブログ記事を思いだし

あの方やこの方には到底及びませんが、ブログを始めて以来のグルメネタ!




昭和の雰囲気の残る店内で
120606yogoko
飲んでこましたろかいな・・・いえいえ、いけません!


120606yogoko
懐かしい中華そばの味、リーズナブルな450円也。おいしゅございました。。。



ブログ記事で見て食べたくなったと店主に言うと、大変喜んでおられました。

冬場のワカサギ釣りのシーズンは休みなく営業されるそうですが、

他のシーズンはご覧の通りガラ空きとのこと。

新緑の季節も良いし、ちょっと肌寒くなった秋に来てもいいとこなんですけどねー。




さて、冒頭でも書きましたが、この日は日面通過の日

ビジターセンターの片隅、すごい装置で狙っておられました。
120606yogoko

デジイチをセットし数時間かけて金星の通過をインターバル撮影されていました。

初めて見る装置なので、ちょっとお話を聞かせていただいた。


太陽の動きに合わせて動作するんだそうで、ファインダー越しの金星も見せてくださいました。

感激です。ありがとうございました。


あのすばらしい天体映像、タイムラプス撮影された星空映像

本物はこんな風に時間とお金をかけて撮影されているんですねー。


貧乏人の定番、これナンボ?(実際は「失礼ですが、おいくらぐらいするもんなんでしょう?」です)

20数万円とのこと。こちらも別世界でした。




さて、カメラマンさんにお礼して、やや満腹状態で周回を再開します。


湖の北西は民家が立ち並び、狭小幅員の湖畔道路がその中を通ります。

民家を抜けしばらくすると石碑があります。
120606yogoko


菊石姫と蛇の目玉石
120606yogoko

説明によれば


仁明天皇の頃、この地に住む領主桐畑太夫に菊石姫という娘があった。
姫はある年、干ばつに苦しむ村人を救わんと、余呉湖に身を投じ蛇身となって雨を降らせた。
もう人間にもどれぬ姫は、長年世話になった乳母へ、疫病の薬にと蛇の目玉を抜きとり、湖中から投げ与えた。
目玉は石の上に落ち、その跡を残したので、以来この石を「蛇の目玉石」という。
また姫が枕にして、しばしば休んだといわれる「蛇の枕石」は、南側にある椎の老木下の湖中にある。
干ばつの年、この枕石を地上にあげ雨を乞うと、不思議に雨が降ると伝えられる。
昭和五十六年十月吉日 余呉町観光協会


そろそろ大あくびがはじまりました・・・また一服です
120606yogoko
近づいていた台風の影響なのか、この日は風が強かった


やがて周回のラストはここ岩崎山の大岩
120606yogoko


岩崎山砦跡
120606yogoko




余呉湖はグループツーなどでワイワイするようなところではありませんが、

ソロで本でも読んでゆっくりした時間を過ごすには最適の場所だと思います。





この日は酷道1本からダートを少し、締めに余呉湖でしたがちょっと疲れました。

ましてや普段少な目のお昼なのにあのラーメン。年のせいか、食べるとすぐ眠くなるんですねー。

やはり予想以上の強烈な睡魔がやって来ました。



余呉湖から自宅までノンストップ3時間半。あ~眠た!

大あくびしながら途中自動運転、オール下道で日没前になんとか帰り着きました。

セローでは最長のオール下道400㎞、お尻の感覚がおかしくなりました。

世間には日帰り7・800㎞の超人もおられる中、これが限界です。




最後に
忍法「ヨメダマシ」の術、何の効果もなく・・・ 
(たったの500円では何とも・・・)
120606yogoko

次の日、弁当に入っとりました! おいしゅございました。。。


それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011.07.18    カテゴリ:  神話・伝説 

   伊勢の「天の岩戸」~恵利原の水穴~110713

~ここにもあります神話・伝説の場所~


伊勢、神路山">神路山(かみじやま)と島路山">島路山(しまじやま)の稜線が重なる逢坂峠のふもと、


伊勢神宮の宮域林と自然林で覆われ、鳥の鳴き声以外物音一つない静まりかえった深い山中

ここにも「天の岩戸」伝説のある場所があります。
ise_amanoiwato110713


スギやヒノキのうっそうとした木立の中、自然のエネルギーが満ち溢れるパワースポット

訪れる誰もが癒され、何かを感じることのできる神秘に包まれた聖域です。
ise_amanoiwato110713


伊勢神宮(内宮)から伊勢道路(県道32号線)を南下すること約10㎞、志摩路トンネルを過ぎた下りの途中、右に鳥居があります。

下りカーブの途中やや交通量も多いので、流れとスピードにのって見落としてしまいそうな場所にあります。
ise_amanoiwato110713


ご存じ「天の岩戸」伝説は、

天照大神(アマテラスオオミカミ)が岩戸の中に隠れ住んだと言われる神話です。



伊勢市観光協会">伊勢市観光協会

じゅらん観光ガイド">じゅらん観光ガイド

所在地:三重県志摩市磯部町恵利原



※以前レポした室生龍穴神社の「天の岩戸」



この鳥居から先が「天の岩戸道」、まずは林道のような細い舗装路で駐車場を目指します。
ise_amanoiwato110713


今回は途中経過の画像も添付しますので、

ちょっと重たいかも知れませんが動画とセットでご覧ください




伊勢の「天の岩戸」~恵利原の水穴~110713

~ここにもあります神話・伝説の場所~
所在地:三重県志摩市磯部町恵利原









♪Music♪
by WindSphere
http://windsphere.biz/
Copyrights(C)2008 watch. All Rights Reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube">Youtube
ワッチミー!TV">ワッチミー!TV
Zoome">Zoome

※njさんのサイトがちょっと繋がりにくいようですので削除しました。


出発は早朝5時。昨今のサマータイムのおかげ(?)で、苦無く起きることが出来ました。
ise_amanoiwato110713
(年寄りは皆早起きと決めつけられるが、嫁さんが起こしてくれなかったら毎日遅刻する奴もここにいるのだ・・・)


R369沿い宇陀市都祁吐山あたりでちょっと寄り道。
ise_amanoiwato110713

「早起きは○○の得・・・」か、朝靄のかかる田園風景は幻想的で綺麗でした。
ise_amanoiwato110713
すでに農家の方が数人おられました。朝早く涼しい時間から作業されるんですね。


榛原の駅前からR166へ入り、ヒンヤリと涼しい高見トンネルを抜けいつものループ橋手前で一休み。
ise_amanoiwato110713
朝日を浴びた山々の稜線がくっきり重なります。

現在18℃、ちょうど良い気温でした。(以降、どんどん上昇するが・・・)
ise_amanoiwato110713


早朝のR166はめちゃくちゃ気持ち良く、点在する集落をみながら快走します。


いつもの道の駅「飯高駅」にて
ise_amanoiwato110713
この近くの定番「めずらし峠」は先を急ぐのでキャンセル


R166飯南からR368を東に向かうところの飯南町粥見あたり、これまた見事な田園風景が広がっています。
ise_amanoiwato110713


R368桜橋を過ぎたあたり、よく立ち寄るWCにて
ise_amanoiwato110713


今回の予定コースは少々時間がかかると思い、超珍しく高速を使います。

伊勢自動車道:勢和多気JCTにて
ise_amanoiwato110713

初めて走るのにわざわざ有料になってから使うとは・・・
(見晴らしが良いわけでもなく全く面白くなかった。わずか¥550ですが無駄でした。)


終点の伊勢ICで降り、伊勢市内を経由して有料の伊勢志摩スカイラインを横目に伊勢道路(県道32号線)を南下します。

地元の方々との出勤時刻と重なったのか、交通量も多いが流れはスムーズ。


やがて「天の岩戸道」の入口にある鳥居に到着したのは午前8時過ぎ。
ise_amanoiwato110713

ここから駐車場まで林道のような山道をゆっくり走ってもわずか3分程です。


駐車場の手前にあるもう一つの鳥居
ise_amanoiwato110713

整然と立ち並ぶ石灯篭
ise_amanoiwato110713

まだ誰もいない駐車場とお手洗い
ise_amanoiwato110713
(時を同じく車が2台、みなさん地元の方のようでした)


駐車場から「天の岩戸」までは車両通行止めですので徒歩で向かいます。
ise_amanoiwato110713

徒歩でもわずか5分ほどの道程です。


周囲は透き通るような空気に満ちています。
ise_amanoiwato110713

お地蔵遺跡石
ise_amanoiwato110713
小石がたくさん積み上げられています。

縁に玉石を敷き詰めた細い参道の先、小さな滝が見えてきます。
ise_amanoiwato110713

ise_amanoiwato110713


水穴は右の階段を登って行きます。
ise_amanoiwato110713

みそぎの瀧(天ノ岩戸禊瀧)
ise_amanoiwato110713
水穴からあふれ出た冷たい水が音を立てて流れ落ちています。


「天の岩戸」に到着しました。
ise_amanoiwato110713

これが水穴、意外と小さいものなんです。
ise_amanoiwato110713


あふれ出た水は、ふもとの神路ダムへと注ぎこみ、

伊勢の宮域林と自然林が育んだ清らかな水を集め、

志摩半島の水瓶となって活き続けているのです。



「天の岩戸」の案内板
ise_amanoiwato110713

「古事記」の中に出てくる有名な神話、天照大神が須佐之男尊の悪事を戒める為、岩戸の中に隠れてしまわれたという伝説にちなんだ洞穴が、ここ天の岩戸といわれています。
この伝説の地は各地に幾つかありますが、うっそうと茂る杉木立の中をひんやりとした霊気に包まれ洞穴から湧き出る清水の音を聞いていると、まさに神話の物語が展開したであろう雰囲気になり、実に厳かです。
その洞穴より湧き出る清水は高さ3m程の禊滝(みそぎたき)と呼ばれる滝になっており、この付近一帯の主要な生活水となる神路ダムへ流れ込んでいきます。
この湧水は日本名水百選にも選定されています。また、この神路川は昔、”裏の五十鈴川”と呼ばれていたこともあり、伊勢神宮とのゆかり深い地域として四季を通じて訪れる人は絶えません。


その翌日、勤め先では残り少なくなった物知り先輩とのおはなし。

わたくし:「伊勢方面まで行ったけど暑さでまいりましたワー」

センセイ:「アホやなー、伊勢は秋口と年末が穴場やのに・・・、人だらけやろー」

(伊勢神宮、おかげ横丁だと決めつけられた。人がめったに来ない山奥だとはちょっと言えない感じ・・・)


センセイ:「確か、身内の法事あるて言うてたんちゃうんかッ」

わたくし:「エー、月末ですけど・・・」

センセイ:「なにー、お参りしたんか?鳥居もくぐったんか?」

わたくし:「はい、いっぱいくぐって、わずか納めていっぱいお願いしましたよ」

センセイ:「あーぁ、ちゃんとお送りしてからでないと相手さん(神様)に失礼になるんやー」

わたくし:「すんません。もうすでにいっぱいくぐってしもた・・・」

※知らなかった・・・


先月、先々月と身内をお送りしたが、

そんなこととはつゆ知らず、せっせとお参りを繰り返していたのでした。

皆さんもお気を付けて。


この後、来た道を引き返し

神領の民が住むという「高麗広(こうらいびろ)」を目指しました。


それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ

2011.05.01    カテゴリ:  神話・伝説 

   室生龍穴神社の「天の岩戸」

~ここにもあった神話・伝説の場所~

「天の岩戸」と呼ばれる場所はあちこちに存在しますが、ここもその場所の一つ。


「天の岩戸」の岩戸隠れは「古事記」の中に出てくる良く知られた神話です。


日の神である天照大神(あまてらすおおみかみ)が

荒ぶる神である須佐之男尊(すさのおのみこと)の悪事を戒める為に、

岩戸の中に隠れてしまわれたという伝説にちなんだ洞穴が、この「天の岩戸」と言われています。


神話の世界を現実の世界で表現したいという要求に答えたものだろうか。
amanoiwato110330


奈良県道28号線を室生川沿いに走り、あの有名な室生寺の先に室生龍穴神社 (むろうりゅうけつ)の境内がある。

さらに山間部へ南下していくと、「天の岩戸」への登り口があります。

amanoiwato110330
所在地:奈良県宇陀市室生区室生


今回も動画とセットでご覧ください。



室生龍穴神社の「天の岩戸」
(再生がスムーズな方でご覧ください)




※ワッチミー!TVは承認待ちですので、今しばらくお待ちください。
(公開されました)


BGM:TAM Music Factory
http://www.tam-music.com/

これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



県道の分岐から林道のような山道を登ること数分、

やや小さめの鳥居が見えてきます。
amanoiwato110330

周辺に案内板や説明書き等は一切ありません。
amanoiwato110330

パックリと割れた大きな岩は、しめなわで祀られており、側には小さな祠があります。
amanoiwato110330


周囲を杉の巨木に囲まれた岩戸は、荒々しくも何故か吸い込まれそうな印象です。


自然の残したものがこのような形で姿を表すと、神々しく思うのは当然のことか。
amanoiwato110330

天の岩戸の間に入ってみたいような衝動を抑えました。


山道を含めて、周辺は室生龍穴神社の神域内
amanoiwato110330


国土地理院 電子国土基本図(地図情報)閲覧サービスより
amanoiwato110330
さらに奥地には奥宮吉祥龍穴があるそうだが、またの機会に。
(事前に予習していないものはいつも宿題に残してしまいます)



室生龍穴神社
祭神 高龗神(たかおかみのかみ)


イザナギノミコトが火神:カグツチノミコトを斬った時、カグツチノミコトの血から生まれた水の神。
祈雨・灌漑の神として信仰されている。
(参考:「日本の神様・仏様まるごと辞典」より)


室生寺周辺の県道は道幅も狭く、ちょっとだけバイクを駐車できるスペースも無かった。

室生寺に比べ、室生龍穴神社の方は無料の駐車場のようであったが、通り過ぎてしまった。

予定外の場所ではいつものことだが・・・


相も変わらずメインを逃したお粗末レポート。

良い子のみなさんは、普通にあの室生寺から巡ってくださいね。

それでは、また。


※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ


Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog