プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2016.03.13    カテゴリ:  Ruins 

   【Ruins】奈良ドリームランド跡地周回160302


Memories of Nara Dreamland
~あの頃の賑わいは周囲に微塵も残らない~







営業当時の奈良ドリームランドへ遊びに行かれたことはありますか?







息子達の幼少期に遊びに行った奈良近辺の遊園地

記憶に残る限り列記しますと





近鉄あやめ池遊園地(2004年6月6日閉園)

いこいの村大和高原ゆう遊ランド(2005年頃閉鎖)

生駒山麓公園

生駒山上遊園地(義父母にて)

そして、奈良ドリームランド(2006年8月31日閉園)

などなど・・・





すべてが車で1時間以内の場所、私の時代は子育て天国だったのかも知れません

大手はほぼ同時期に閉園、残すは生駒山上遊園地のみか・・・

現在の子育て世代は遠方へ足を運ぶことを余儀なくされています。







電鉄傘下の遊園地は軒並み同時期に開園されましたが

これも世の流れ、近隣にお住まいの子育て世代にとっても残念だったことでしょう。










かれこれ20年程前、奈良ドリームランドのプールに出掛けたことを思い出し

その跡地周囲の様子をブラッと徘徊しました。
dreamland
(他所より拝借、ゴメンナサイ)









正面ゲートや木製コースターASUKAが原型のまま残っています
dreamland









不法投棄だらけの西ゲート付近
dreamland
正面ゲート以外から内部の様子をうかがう事は出来ません










遊びに行った当時の記憶は全くありません

古いアルバムを探してみたところ、数枚ありました。
dreamland
あの頃小さくてかわいかった長男

今や見る影も無く、身長・体重共に親を上回った・・・








※今回もプチネタですので映像を2本ほど




まずは、外周道路走行の映像でもご覧ください

(内部の様子は、許可を得たものか判らない映像の投稿があるようです)


【Ruins】Memories of Nara Dreamland 160302

あれはまだ営業中だった20数年前のこと
あの頃の賑わいは周囲に微塵も残らない
懐かしくもちょっぴり寂しい跡地外周道路を周回します。
@奈良県奈良市法蓮佐保山














♪Music
"Sonic Awakening"
"Tales Of The Rift"
by League of Legends
https://soundcloud.com/leagueoflegends
http://www.leagueoflegends.com



dreamland







もう1本は、雑談モトブログ


【雑談モトブログ MotoVlog#04】ズックって知ってます?160302


今回もジェネレーションギャップの話題でお付き合いの程を!















♪Music
"Restart The Melody"
(ft. Javolenus, Farisha ( found at Looperman.com ))
by Dan_Mantau
http://ccmixter.org/people/Dan_Mantau
"ccMixter 2016"





これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV



奈良ドリームランド跡地が大手不動産業者に落札されたのは昨年のこと

都市計画法で市街化調整区域に定められている立地

区分変更か市街化区域への編入等があるのか無いのか・・・


今後の動き、注意してローカルニュースを見たいと思う











そんなことより

あの頃は間引くほどボーボーだったのに・・・
dreamland







間引き過ぎたみたいです(悲;


それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013.01.30    カテゴリ:  Ruins 

   学び舎を訪ねて~井手町立井手小学校 有王分校~130126


~有王の杉の子 のびよ ぐんぐんと~



京都府の南部、有王山の麓に小さな集落があります

現住戸数から察しても、生徒数が心配される地区に小学校の分校が残る




井手町立井手小学校 有王分校
130126ariou




明治8年創立開校、平成元年に現在の校舎となる
130126ariou
休校、再開を繰り返し、平成17年より休校中




建設当時としてはモダンなアーリーアメリカンスタイルの外観
130126ariou

今や、何故かやや寂しい印象すら感じさせる姿です





ハイカーやオフ乗りさん方を除き、訪れる人も少ないであろう山間集落の県道沿い

その建物に気付き、立ち止まる方もそう多くはないでしょう。

130126ariou



この辺り過去三たび程通りががりましたが、人の姿を見たことがありません。




それでは、校庭外からですが映像でもご覧ください


学び舎を訪ねて~井手町立井手小学校有王分校~130126

京都府の南部
かつて後醍醐天皇が笠置山から落ち延びた有王山の麓に
再開の時を待つ学び舎がありました(現在休校中)

~有王の杉の子 のびよ ぐんぐんと~
@京都府綴喜郡井手町田村新田有王








※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=35d08cb42bfc116b51ed0f066ad09901



♪Music "思い出"
by 甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




校庭の正面には月日の経過を思わせる桜の老木がぽつんと
130126ariou

迎え入れる生徒の姿が無くても春には花を咲かせ続けているのでしょう




校舎の規模に比例した小規模の運動場には、懐かしい遊具が残されている
130126ariou

塗装の目新しさから、維持管理に努めておられる方々の再開を願う気持ちが見て取れます。




透明ガラスの校舎エントランスから、わずかに内部がうかがえる
130126ariou
卒業生が描いたのであろう図画が掲示されているようですが

詳細に見ることができませんでした。





校庭の片隅に建つ、女の子の像
130126ariou


よくある賢者、創始者などの像では無いところから

かつてのように、子供達の声で賑わう学び舎再開の願いが込められているのでしょう。



平成17年と言えば、つい最近のこと

元気に駆ける小学生の姿を思い描いて、訪問を終えました。


それでは、また



※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2012.02.09    カテゴリ:  Ruins 

   【Ruins】神代のお話 杉坂峠と調宮神社111126

廃村・冬季無住集落と山里の神話
~滋賀県道238号上石津多賀線~



昨年の湖国訪問レポを今頃まとめました。今回は映像をふたつほど・・・

2年ぶりの訪問は、締めに彦根の多賀大社との関係が深い調宮神社(ととのみやじんじゃ)を参拝です。
111126ruins


前回のダイジェストレポはこちら
【Ruins】digest~湖国の山中に眠る廃村群を訪ねて~111126

2年前のレポはこちら
【Ruins】湖国の山中に眠る廃村群を訪ねて09.12.09
(一部映像投稿先が閉鎖されていますが、ご了承の程を)


まず、滋賀県道238号上石津多賀線に向かうため、林道権現谷線を走ります。
111126ruins


こちらはノーカット等速映像でご覧ください。


Green forest road~林道権現谷線~111126

鈴鹿山脈北部の山中にある廃村集落への道
滋賀県犬上郡多賀町大字大君ヶ畑→同大字五僧





※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=6461f013ca905cc0d8036b1fbb25b2fe


♪Music♪
# CENTIGRAD
(ft. THE CORNER / THEDEEPR & THE ETERNALS)

# HEAD STRONG
(ft. THEDEEPR / J-LANG / POOR LEGACY / ANGELA)

# HOW I FEEL
(ft. ESHAR / THEDEEPR)

# 1st THING
(ft. LAIF / THEDEEPR / ESHAR)

# RETURN TO FOREVER
(ft. SLiMPiCKENS / THEDEEPR / THE CORNER / BODDYKER)
by BOCrew
http://ccmixter.org/people/BOCrew
"ccMixter2011"



進路はアサハギ谷林道から滋賀r238へと続きます。
111126ruins


冬季無住集落の保月(ほうづき)、出船山照西寺の釣鐘です。
111126ruins
@滋賀県犬上郡多賀町保月


続いて完全廃村の、ここは全く人の気配も痕跡もありません。
111126ruins
@滋賀県犬上郡多賀町杉


さらに県道を西に向かい登りのピークが杉坂峠
111126ruins


峠付近の崖を下ったところに伝説の御神木がある。

こんな所にイザナギノミコトが降臨されたとは・・・

先客の方々がそれなりの装備で向かっておられたが、私はムリでした。


「杉坂の御神木」案内板より
昔、伊邪那岐(いざなぎ)の神様がこの地に降り立ち、
この峠を下って芹川の上流、栗栖の里に鎮まられました。
道中、村人に柏の葉(かしわのは)に盛られた栗飯をだされ、
たいそう喜んで召し上がられたそうです。
その時に地面にさされたお箸がやがて芽吹き、
現在の御神木になったといわれています。
(県指定木)

111126ruins


映像でもご覧ください。


【Ruins】神代のお話 杉坂峠と調宮神社111126

廃村・冬季無住集落と山里の神話
@滋賀県犬上郡多賀町栗栖
(滋賀県道238号上石津多賀線)





※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=a4bcf365c96b467b6edf604779a30311


♪BGM♪
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material. All rights reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




県道も端部、栗栖の里に最後の目的地、調宮神社(ととのみやじんじゃ)がある
111126ruins
@滋賀県犬上郡多賀町栗栖

御祭神:伊邪那岐命、伊邪那美命
(かつてのご夫婦をお祀りしている)


調宮大明神のお社
111126ruins

こちらが本殿
111126ruins

神話の世界の香りがプンプンするような雰囲気の場所でした


「調宮神社由緒」より
神代の昔、伊邪那岐大神は杉坂山にご降臨なされ
次いでこの栗栖の里にて暫くお休みになられたことが當社の創祀とされる。
のち多賀の宮にお鎮まりになった大神は毎年四月の多賀大社古例大祭に
先ず當神社へ渡御されて神輿鳳輦に境内の富の木を飾り打籠をへて大社に還幸される。
これはご鎮座の昔を再現する神事といわれる。
なお十一月十五日の大宮祭にも大社より神幸がある。
多賀大社宮司 櫻井勝之進謹誌

111126ruins



最後に、

保月の集落で居られた、当地の関係者の方とのお話です。

・林道権現谷線の「熊出没注意!」の警告について、
「集落周辺には熊は居ないョ」とのこと。
だだし、イノシシなどの狩猟がよく行われているので銃声に注意とのこと。

・道中にたくさん落とされている石灰岩の石ころは、もろいが尖っているので
タイヤ側面に突き刺さるので注意とのこと。(車でタイヤがバーストするケースが多い)
また、落石の多くは山の猿が投げ込んでいるものが多いらしいとのこと。


今度お会いした時の記憶として撮影させていただいた
111126ruins

なかなかシブイ兄貴風の方で、奈良は五條あたりに良く行かれたとのこと。
(やはり林業・銘木製材関係の方なのかもしれない)

毎年来られるようなので、是非またお会いしたいものです。

もっと訪問したい場所があったのですが、今回は不慣れなセローだったので仕方ありませんでした。

今年もまた訪問しましょう。

それでは、また。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2011.12.09    カテゴリ:  Ruins 

   【Ruins】digest~湖国の山中に眠る廃村群を訪ねて~111126

~2011湖国の山中に眠る廃村群を訪ねて~
ふたたびやって来ました。とりあえずダイジェストで



かつて村人の暮らしを支えてきた一本の山道があります。

ふるさとの記憶と面影は此処にひっそりと眠っている。

そんな鈴鹿山脈北部の山中にひっそり眠る廃村郡を訪ねました。


前回の訪問から、もうかれこれ2年ぶりとなります。

残念ながら体力的な事情から、今回はそのわずかしか訪問出来ませんでした。

旧脇ヶ畑村の廃村:杉と保月(ほうづき)の集落のみ

落合や男鬼(おおり)の廃村・冬季無住集落も見たかったが仕方ない。




さて、権現谷林道の終点、国道306号線との分岐から入りました。
111126digest



前回のレポはこちら
【Ruins】湖国の山中に眠る廃村群を訪ねて09.12.09
一部映像投稿先が閉鎖されていますが、ご了承の程を。



権現谷林道を走ること約15分、アサハギ谷林道への分岐です。
111126digest
※道標にはアサハギ谷林道と書かれていますが、橋(落岩橋)にはアサハギ林道とあるが?



それでは、映像でもご覧ください。


【Ruins】digest~湖国の山中に眠る廃村群を訪ねて~111126

ふたたびこの地へ
走行映像はダイジェスト版で完全版はいずれUP予定です。






※ワッチミー!TVはこちら
http://www.watchme.tv/v/?mid=318cd56c57eb85c4a28f7740422fe707


♪BGM♪
Music Material
http://musicmaterial.jpn.org/
Copyright (C) Music Material. All rights reserved.

H/MIX GALLERY
http://www.hmix.net/
Copyright(C) Akiyama Hirokazu. All rights reserved.


これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV




やや心細げに落石を避けながら保月(ほうづき)に到着

ここは冬季無住の集落です。
111126digest
@滋賀県犬上郡多賀町保月



出船山照西寺です。
111126digest
新しい菊の花が供えられていました。


先客が居られましたが、なんとその方はお身内が保月ご出身とのこと。

いろいろお話をお伺いしました。
(菊の花を供えられたのは別の方とのこと)


途中のでっかい望遠レンズで狙っていたのは珍しい野鳥であること。
(なんたる失態、鳥の名前を忘れてしまいました)
111126digest
レンズはカムフラージュの迷彩柄を被せている


石灰岩の石ころは、その多くが山に生息する猿が投げ込んでいるものが多いらしいこと。

人や車が通過すると投げ込むのだそう。などなど・・・



日向ぼっこされていたようで、お邪魔して迷惑だろうと早々に引き揚げ

続いてこちら、完全廃村:杉に到着
111126digest
@滋賀県犬上郡多賀町杉
 

前回あった懐かしいロードパルが見当たらない・・・



さらに廃村を後にして薄暗い山中を進むと、杉坂峠です。
111126digest

ここにも先客の車があります。

4人で来られたようで、御神木の三本杉を探しておられました。
(映像の下りを上ってこられたようだが、よく車で来たもんだ)


※廃村:杉から杉坂峠までの映像が今回も途切れてしまいました。前回もそうだった・・・
ザクティーのバッテリーや本体が冷え過ぎたのかもしれません。



急勾配かつ片側絶壁・片側崖の過酷な道を下って、調宮神社(ととのみや)を訪問して終了です。
111126digest
@滋賀県犬上郡多賀町栗栖


周囲はみごとに紅葉していました。
111126digest

確か、前回は12月初めごろから冬期閉鎖されていた道なので、今はバリケードで閉鎖されていることでしょう。


今回、保月(ほうづき)集落では、地元に関係する方から直接お話を聞くことができました。

来年の夏ごろもお宅のメンテなどで来られるようなので、是非再訪したいものです。


ダイジェストとしながら拙いレポとなりましたが、折りを見て再レポしたいと思います。

それでは、また。



※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2010.12.08    カテゴリ:  Ruins 

   【Ruins】 朽ち果てた薬師堂@東ノ川上流101106

~山中にあった仏堂はゆっくりと自然に還って逝きます~

「奈良県道228号東川河合線」散策リベンジ第3弾です。


かつて、この地に暮らす人々の病苦を救い持病を癒した薬師堂(薬師如来)は、

その役目を終え、静かに朽ちて逝きます。


姿形のある間にこの目で見ておこうと昨年訪れましたが、

残念ながら途中「木組谷」の土石流跡で断念。

今回ようやく悲願達成しました。


所在地:奈良県道228号東川河合線 東ノ川上流
yakushi

治山工事が完了している「大谷橋」
yakushi
メッキかご枠で土留め補強しています。充テンのための岩石は山ほどあるのです。


第1弾はこちら

第2弾はこちら

前回のレポートはこちら


それでは今回も、動画とセットでご覧ください。



★朽ち果てた薬師堂までの動画です
(再生がスムーズな方でご覧ください)


【Ruins】朽ち果てた薬師堂@東ノ川上流101106




※山深い場所ですが、日が差し込んで明るく、不安はありませんでした。

これまでの動画はこちら
Youtube
ワッチミー!TV
Zoome



まずは、前回断念した「木組谷」
(どなたか居られるようなので、しばらく周囲を見渡していましたがお会いできませんでした)
yakushi
木組谷は東ノ川との合流部で、昨年は土石流によって橋の姿はありませんでした。

「大谷橋」を過ぎ、既に道路の舗装は無くなりました。

橋から2?300m先の空地でバイクを降ります。
yakushi
焚火跡がちらほら。ここでテントを張って野宿キャンプでもされたか?

ここでバイクを置いて正解でした。
このまま突っ走っていたら引き返す場所も無かった。

オフロードでもない、どノーマルで来る所では無いこと承知の上ではあるが、
「もしバイクが動かなくなれば、確実にここで夜を明かさざるを得ない」など
考えないことにした。


徒歩で目的地を目指すが、徐々に道は形を変えていきました。
yakushi
既に慣れてきたのか山道も日が差し込んで明るく、不安感が全くなかったのが不思議です。

わずかに車の轍が残っています。山仕事の方であろうか・・・
yakushi


息も絶え絶え歩くこと約15分、その姿が見えてきました。
yakushi

事前情報の通り、完全に倒壊しています。
yakushi
これも山仕事の方であろうか、お堂の前にはお参りされている痕跡があります。

「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか。」
     合掌

傍らにあった妙なもの
yakushi
物見小屋のようなものとロープか何かを通したような木材。
材木の運搬に関係したものであろうか・・・


もはや徒歩でしか行くことのできない道の果て。

かつて東ノ川上流にあった薬師堂はその役目を終え、

やがて自然に還ることでしょう。




※最後までご覧いただき、ありがとうございます。

↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ


Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog