プロフィール

nmtr220

Author:nmtr220
セローに跨り自由気ままに
画像と映像でレポートする備忘録ブログです。

酷道・険道・林道から生活道路、その他何でも有り
しかし、メジャーな観光地はほとんど無し。

カレンダー
FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
StyleKeeper
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

2018.04.23    カテゴリ:  セローのこと 

   【お問い合わせの件】ご連絡頂いた皆様へ


お問い合わせへの回答です
~意に沿えず、申し訳ありません!~






現住のバイク置場ですが、未だに空きができません!

いよいよヤバくなってきました



勢いで買ってしまったクロスカブ

納車までに空きが出なければ、愛車セローを手放すこととなります。




このブログやユーチューブをご覧いただいている方々より

数件のお問い合わせをいただきましたが

ろくにメンテ出来ていない車輌でもありますので、熟考の上

下記の映像で回答させていただきます。




それでは、お問い合わせの件への回答映像です


【お問い合わせの件】ご連絡頂いた皆様へ 180422

お問い合わせの件、大変申し訳ありませんが、
この映像をもって回答とさせていただきます。
ご連絡ありがとうございました。














♪Music
"Staring At The Valley"
by Silent Partner
YouTube Audio Library

Music is VFR(CC BY 4.0)







これまでの動画はこちら
Youtube



最近のマンション事情、聞くところによりますと

バイク置場の空きが多くて車の駐車場へ転用するケースが多いらしい

180423


まだまだ諦めていませんヨ~






ご連絡いただいた皆さんへ

お問い合わせ、ありがとうございました!

それでは、また。



※最後までお付き合いありがとうございます

↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017.12.30    カテゴリ:  セローのこと 

   【浅はかメンテその③】ド素人のオイル漏れ対策-最後のアガキで大成功か!?-


これを最後としたいオイル漏れ対策
~エレメントカバーの開閉はもう飽きました~






いよいよ実施の時がきてしまいました

初めてのオイル交換から始まった、ド素人の不手際によるオイル漏れ

今更バイク屋さんへ助けを求めるなどせずに自力で・・・


スタッドボルト化、成功なるか?
171230oil-leak










これまでの顛末はこちら

【ド素人メンテ】人生初のオイル交換①、失敗に終わる!

【ド素人メンテ】人生初のオイル交換②、リベンジ大成功! が、しかし・・・

【ド素人メンテ】愛車セローの雌ネジなめなめ事件-対策その①-

【浅はかメンテその後】ド素人のオイル漏れ対策-試走してみた-

【浅はかメンテその②】未完のオイル漏れ対策-純正ボルトがクルクル廻る-


※決して受け狙いではありません!

これでも本人は自力で解決したいと真剣です。












超強力接着剤(JBウエルド オートウェルド)を初使用
171230oil-leak

結局、クランクケースカバー交換の方が手っ取り早いとは知りつつ

覚悟のトライです。









説明書に従って、ボルトと穴を荒めのペーパーで足付け

パーツクリーナーでしっかり脱脂







気温が低い為か、2液の混合からやや固めでした
171230oil-leak
低気温のため硬化剤をやや多めとした




硬化開始する25分のタイムリミットもあり、写真に納める余裕ナシ(笑)











完全硬化まで24時間以上(摂氏10℃以上)とのことなので

実質、50時間程養生しました。
171230oil-leak










それでは、まだまだ大成功とは言えませんが映像でもご覧下さい


【浅はかメンテその③】ド素人のオイル漏れ対策-最後のアガキで大成功か!?-

ナメてしまってオイル漏れの心配が残るエレメントカバー
最後のアガキは超強力接着剤でスタッドボルト化
手ルクは気持ち効いた感触ですが、加減が全く分からない!
これが本当に最後になるかどうか
経過観察要、まだまだ大成功とは言えません!
















♪Music
"Sonic Awakening"
by League of Legends
https://soundcloud.com/LeagueofLegends






これまでの動画はこちら
Youtube



余分な接着剤は、エレメントカバーとの当たりを確認しながら

オイルストーンで少しずつ研磨
171230oil-leak
狭いスペースへの研磨はなかなか難しくて、削りすぎたかも知れません



普通の砥石とは使い方が逆、アルミは削れやすいですね!











こんな大事な場面でも、やはり何かやらかします

ショック死寸前
171230oil-leak
小さなOリングを付け忘れました!

お漏らし箇所も正直なもんで・・・






これまでに無かった程の手ルク感、効いてる感じがします








やり直しでオイルがドバッ・・・余計な仕事を作って再度
171230oil-leak


いくら強力に接着されたとは言え

安心できる「最後のギュッ!」とまで手ルクを加えられません

漏れては少し締めるを繰り返すしかありませんね










寒さに負けて、試走は知人宅までの十数キロのみ

漏れてはいませんが、もう少し走ってみないと判断がつきません

エレメントカバーを頻繁に開閉したので

Oリングへのダメージもあるのか、既に扁平していました。








これを最後としたいが、まだまだ大成功!?とは言えません!

こんなレポで今年を締めることになろうとは・・・トホホ







こんなネタばかりのブログをご覧いただいて、ありがとうございました!

来年もド素人は自力でメンテしようと思っていますので、よろしくお願いします。



みなさまも、良いお年をお過ごし下さい。


それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2017.12.27    カテゴリ:  セローのこと 

   【浅はかメンテその②】未完のオイル漏れ対策-純正ボルトがクルクル廻る-


オイル漏れの心配が残るエレメントカバー
~純正ボルトを刺してみたが・・・やはりアウトでした~







本題の前に

嫁さん孝行になればと申し込んだ紅白観覧
171227ama
1.223/932.319、幸運は無かった(泣;

バイク引退勧告を受ける身の上、買い替えの了解を求める口実も失う・・・

動機が不純でしたね(笑)











さて、長らく解決しないままのエレメントカバーからのオイル漏れ

途中経過ですが、ダメだと思いつつ純正ボルトを刺してみました
171227ama
案の定、コイツもクルクルパーでした!










とりあえず、シールテープを巻き直して復元
171227ama
少し厚めに巻いたらネジが良く利いた気がします(気がしただけ)










仕方ないので、ちょびっと試走

小一時間、あてもなく走り回って道に迷いながら(逆行したかも・・・)

奈良・東大寺の西北西、正倉院の隣にある大仏池(正倉院大池)でチェック!
171227ama
寒いの何の、すっかり冬枯れの景色です







そんな感傷気分を味わいに来たのでは無い!

垂れる程でもないが、ほんの薄っすらオイルが染み出している、気がする





ビビッて即効で帰宅

寝てる子を起してしまったようです・・・




それでは、純正ボルト死亡済み確認だけの映像ですが、暇つぶしにでも


【浅はかメンテその②】未完のオイル漏れ対策-純正ボルトがクルクル廻る-

ナメてしまってオイル漏れの心配が残るエレメントカバー
念のため用意した純正ボルトは面白いほどクルクル廻って死亡済み
最後のアガキにとりかかる準備をします。
(既に対策実施済みで現在養生中、結果待ちです)















♪Music
"Funeral March" (Remembering Jason Curley)
Frederick Chopin / additional music by Ehron VonAllen
https://soundcloud.com/ehronvonallen

"Sweet Memories"
by Kaoru No Bara1
https://soundcloud.com/kaoru-no-bara






これまでの動画はこちら
Youtube



早速、最後(?)のアガキの準備をします

対策案成功者の情報通り、純正ボルトの頭をカットしましょう
171227ama










ハンドルがあれば楽なのでしょうが

金切ノコの替刃のみでひたすら切る!
171227ama





寒いので部屋でゴリゴリしていると、やさしい家内が・・・

「バイク屋さんにやってもらったら? 逆にコワいわー!」


(買い換えたら~、とは言ってもらえなかった・・・です)









格闘すること、およそ30分

・・・

・・・

力尽きる!
171227ama










あとはコイツでくっ付けるだけですが
171227ama








日没と気力も尽きて、次回へ。

ホンマにくっ付くのだろうか・・・



それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2017.12.06    カテゴリ:  セローのこと 

   【浅はかメンテその後】ド素人のオイル漏れ対策-試走してみた-


あんなもんで無理やろ!っと、お思いのあなた
~おっしゃる通りだと思います~







前回の記事の通り

シールテープでその場しのぎ対策を施してから、早や半月が過ぎ

仕事帰りにバイク置き場に立ち寄り、オイル漏れが無いかどうか

気にするのも三日坊主・・・




とは言え、一度は試走しておかないとねー




一時はヤル気マンマンだったクランクケースカバー交換

マンマンではなくなったみたいです(笑)






外気温も暖かくなると言う本日のお昼過ぎ、今更ながら試走に出掛けてきました

道中もし漏れたら、道端で純正ボルトに差し替えてみようと工具持参で・・・
171203test





神様・仏様ギボ愛子様~・・・漏れませんように~!












まずはトリップメーターを誤ってリセットしてしまったので

ガソリンを補充に
171203test
たったの1L強でしたが、最後にいつ入れたかも記憶になかったので。

タンクの錆びを防ぐため、なるべく満タンにして帰るようにしているためでしょう。



スタンドまで数キロ走行、例のクルクルパーボルトを恐々とチラ見

今のところ、オイルをブチまけていないようです!








気温も暖かくなった貴重な休日、主要道はなかなかの混雑ぶりです

渋滞を避け、走りやすい田舎道を何も無かったかのように
171203test











かれこれ1時間半ほど試走してから道端でチェック!
171203test





いつものようにエレメントカバー周囲を素手でなぞる

ヤケド寸前、エレメントカバーって思いっ切り熱いのネン!



普段からこんなに熱かったのだろうかと、余計な心配を・・・








さてさて、あのボンクラのボルトは?
171203test
(自分のせいなのに・・・)






オイル漏れは無さそうですが、気持ちにじみ出ているようにも見える・・・

だましだましに乗れそうですが、時間の問題かもしれません



試走はココで終了、さっさと帰路へ







この日の試走はおよそ2時間、走行距離はおよそ50~60キロ

帰宅後再チェック!
171203test





漏れてませんが、スッキリした気分にはなれませんネ!



純正ボルトに取り替えてみようかとも思いましたが

寝てる子を起こすのもな~、エレメントカバーも熱いし。








その後、純正ボルトをしげしげと眺めてみた

約7.5mm径のケース穴に、ボルト径7mmで先端のみM6の特殊なボルト


私のセローの場合、油路と雌ネジ部分が交差しているので

どなたかのブログで拝見しましたが、締め込んで7mm径の部分でシーリングされていそうな感じ

現在の代用M6ボルトでは油路がシーリングされず、径の合わないOリングではシールできないはず

常にうっすら油汚れしていたのも、そのためだったようです。







次回は、思い切って純正ボルトに付け替えて

締まりそうなら再度試走してみます。(締まりそうな気がしませんが・・・)



それでは、何でもない試走映像でもご覧ください


【浅はかメンテその後】ド素人のオイル漏れ対策-試走してみた-

その場しのぎのシールテープを施工して早や半月
とっくの昔にオイル漏れ部分の純正ボルトを入手
今更ながら試走に出掛けてきました
結果はいかに・・・















♪Music
"Heartland"
by Silent Partner
YouTube Audio Library



対策の映像はこちら

【ド素人メンテ】愛車セローの雌ネジなめなめ事件-対策その①-
https://youtu.be/XIo436pzsnk




これまでの動画はこちら
Youtube



先日、別件でホムセンへ立ち寄った際

コレを見つけてしまいました
171203test
超強力接着剤 J-Bウエルド オートウェルド

実用硬化6時間・完全硬化24時間以上
耐熱・摂氏300度まで
研磨・ドリル・ネジ切り可
最大引張応力・約300kgf/cm2










それではと、コレも
171203test
M6用溝付きフランジナット

ついでに工具入れ用蝶ネジ









そうなんです、没に近い保留案であったはずの手法

これは浅はかなド素人考えでは無くて、採用施工例がありました。


純正ボルトを加工して既存下穴ごと接着固定しスタッドボルト化する荒業です!


なんと言っても、クランクケースカバーを外すことなく作業ができる

かつ、交換したばっかりのオイルも温存・・・



おそらく10年近く開封されたことが無いであろうクランクケースカバー

ガスケットが固着してなど、どんどん深みに入り込みそうで・・・







そうそう、純正ボルトの頭をカットするのでコレも
171203test
金鋸の刃のみ、地道に切るつもり









あっ、アレも
171203test
オイルストーン、盛り上がった接着剤を砥いで面合わせをする(らしい・・・)








こんないらないモンも
171203test
ミニスツール1000円弱、地べたに座り込んでの作業が腰にくるので・・・

妻から:「同じようなイスは、2つあるのに・・・」と言われて、ハッとする

ちまちま買いっぱなしでした!









妻の運転手で台所用品とトイレットペーパーを買いにいっただけなのに

なんやかんやと無駄にならないことを祈る!

クランクケースカバーは1万円程度で交換できるのに・・・






これが最後のアガキ、スタッドボルト化計画を成功しないと

また勉強代が高く付きそう・・・









最後に

今年もボチボチ老けてまいりました

スタッドボルト化計画、冬休みの宿題です!



それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村

2017.11.21    カテゴリ:  セローのこと 

   【ド素人メンテ】愛車セローの雌ネジなめなめ事件-対策その①-


素人考えの浅はかさがにじみ出る対策を試みる
~別ジャンルの部材をあれやこれやと~










雌ネジなめなめ事件を起こしてしまった

あの、オイルエレメントカバーの憎っくきクルクルパーボルト
measures
(自分のせいなのに言い過ぎております!)






何とかクランクケースカバー交換を避けられないかと

ド素人はあれやこれやと思案をめぐらせ(それほど考えてはいないですが・・・)

整備に慣れた方々からも、色んなアドバイスも頂戴し

クランクケースカバー開封無しで安上がりなその場しのぎとして

こんな対策案を検討していました!








対策案その①

ボルトアンカーを挿入できないか?
measures






ボルトの穴は約7.5mm、下穴径が合うボルトアンカーが見つけられない
measures
打ち込みタイプはクランクケースカバー開封しないと施工できない

締め付けタイプならいいと思ったが・・・没!



クランクケースカバーを開封するなら、あっさり交換しますので。










対策案その②

カールを打ち込めないか?
measures

こちらも締め付けタイプ、下穴径がピッタリ合いますが

ボルト径4mmではオイルエレメントカバーの加工が大変なので・・・没!










対策案その③

スタッドボルト締め込み案、こちらはアドバイスしていただきました
measures

鬼目ナットも同様、アルミ製のボディーを削りながら締め込むという荒業ですが

アルミの削りカスがでるので、結局はクランクケースカバーを開封する

・・・保留します!













対策案その④

安易なシールテープ案その場しのぎ過ぎるか?
measures

給水栓の止水等で使用するシール







先日、自宅の混合水栓の止水上部の雄ネジが磨耗したので

DIYで交換したので持っていました。
measures



本来はネジ山を埋めるシール、あのクルクルパーボルトのネジ山に巻くべきですが

抜く時はボロボロになるのを見ています。

一応、耐熱耐寒温度:-100~260℃

エンジン内部に溶け込むことはないでしょう!?







とりあえずココに巻いて試してみました!
measures

一か八か









それでは、お試しの様子を映像でもご覧ください


【ド素人メンテ】愛車セローの雌ネジなめなめ事件-対策その①-

愛車セローのオイルエレメントカバーからのオイル漏れ
クランクケースカバー交換を避けられないかと一か八か
ド素人考えのその場しのぎを試みました。
オッ、成功か!が、しかし・・・
気になることを見つけてしまいました!















♪Music
"Hyperfun"
by Kevin MacLeod
YouTube Audio Library (CC BY 4.0)






これまでの動画はこちら
Youtube



ネットで検索すると、いろんな対策方法を施工されている方々もおられます

ナメたボルトを利用して

超強力金属パテで既存下穴ごと接着固定されていた。

ド素人には手に負えない・・・没に近い保留!











それでは、浅はかさがにじみ出る対策を試みます




まずはアイドリングせず、ナメた最下部のボルトを抜き

しばらくしてからオイルエレメントカバーを再びご開帳した
measures
オイルがこぼれて来ません!











最下部ボルト穴(パッキンのある)の奥の雌ネジと直上のドレン穴が

合流しているのが見えました
measures







他の方もおっしゃっていましたが、

最下部のボルトを先に抜いて、しばらくしてからエレメントカバーを外すと

オイルがこぼれにくい工夫なんだと思いましたし

現に今回は拭き取るほどこぼれませんでした。







オイル交換の頻度が高い方には都合が良かったのかも知れません

キャリアのある技術はいつでも性善説で見させていただいていますが

バイク好き技術者さんのアイデアだったのでは・・・

雌ネジと合流しないといけない事情があったのでしょう!













今回の手ルク、ビックリする程の超アマアマ
measures
漏れたら増し締めするつもりで













アイドリング開始から約15分経過・・・

爆発しないでおくれ~!

measures




これは・・・ひょっとして・・・大成功?













さて、普通はちょっと試走に出掛けるはずですよね

しかし、ちょっと気になることがあって・・・

ヤマハのパーツカタログサイトで純正ボルトの部品番号を検索

90109-065G0


その形状とサイズは?
measures













付いていたのはコレ
measures
やっぱり・・・












モノタロウさんでボルトやネジを夢に見るほど見たためか

今になって気付きました!


市販の六角穴付半ねじボルト(M6×50)に取り替えられていました

既にナメちゃってたんですねー





これでスッキリしました!

早かれ遅かれのこと、中古ってこんなもんなんでしょうね!








しかし気がすまないので

とりあえず、純正ボルトを手配してダメな事を確認したくなりました。

現在、到着待ち






今回のシールテープ対策でちょっとだけでも試走してみないと・・・

急に寒くなったので、なかなかその気にならないのです!


それでは、また。


※最後までお付き合いありがとうございます


↓↓ランキングも参加しています。よろしくお願いします↓↓
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村


Copyright © 気楽にバイクライフ ●▲■ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog